fc2ブログ

It enters the real addict.28

今朝方。
お友達から教えてもらったgifですー。

ユノがほっぺに顔つけてて、レラ様がめっちゃ尻もんでるの!!
さすがだね☆

yunorera.gif

いやぁ。
ユノがほっぺたまでくっつける人間って少ないから。
今でもほっぺたくっつけられる人が居て、本当に良かったなぁ。
って心の底から思ったんだよ。


思ったんだけどね。

治らない病気ね、お気の毒にさよなら〜♪byユチョナ怒

ってこの画像見て、ユチョが死ぬほど拗ねてたら良いと思ったあたしが居た。

いやぁ。

なんての?

速攻電話かけて「ヒョンの浮気者ー」って拗ねたら良いと思う。


最近ユノユノ氏が子供みたい。

身長130センチとか言っちゃうし。

はしゃぎ過ぎて、そっちゅうチェガンに怒られてるし笑

本当、なんか弟みたいだよねぇ。

なんだっけ。

引っ越しして部屋が分かれて、チャンミンが部屋から出てきてくれないとかさー。


めっちゃかわいいじゃん?


ユチョも悶えてるかなぁって妄想して、今日もなんだかとても楽しいのですよ。





ランキングに、なんとなく戻ってみました。

拍手は押さなくても良いので。

見たよーって方はぽちっと押していただけると嬉しいです。


このご時世。

2Uなんてタイトルが付いてるブログがどこまで行けるのか。

ちょっと挑戦中!


それでは、本編は追記から!!
web拍手 by FC2
それでは始めます。


ドラマとライブの準備で体は疲れ果て、思考力の限界まで追い込まれた。

気力でドラマの収録の合間にショーケースのダンスの振りを覚える毎日。

頭をよぎるのはユノヒョンのことだけ。

条件反射で仕事をこなしながら、俺はユノヒョンに溺れていた。

会いたい。今すぐ会いたい。

会いたい。会いたい。どうしたら会えるの。彼はどこにいるの。

俺は砂漠でオアシスを追いかける遭難者のようにユノヒョンを想い続けた。

どうしてこんなに彼に焦がれるのか。

自分でも異常だと思う位、俺はユノヒョンに焦がれていた。たった一度あったけの人を。

知りたい。知りたい。どうしたら知ることができる。

こんな人から聞いた話ではなくて、チョン・ユンホと言う人をリアルに感じたかった。

俺には彼の記憶が一切無い。

俺が記憶を失くしてしまった恋人はどんな人だったのだろう。

彼は普段どんな声なのか。どんな風に話すのか。どんなにおいがするのか。どんな風に俺に触れるのか。

男には一切興味が無かったはずなのに。

昔の俺はどうやって彼に恋に落ちて、どんな風に寄り添ったんだろう。

二人でどんなことをして、二人でどんな話をしたのだろう。

携帯の中のユノヒョンと一緒に笑う俺にすら嫉妬した。

ユノヒョンの隣は俺の席だ。そんな幸せそうに笑う俺は、俺のためにどいてくれ。

お前は記憶があるだろう。ユノヒョンの。その記憶は全部やるから、ユノヒョンを返してくれ。

どんなに叫んでも。どんなに泣いても、俺の頭はユノヒョンの記憶を思い出してはくれなかった。

有るはずなのに。ここに証拠もあるのに。どうして。

俺は疲れて帰ってくると、何度もベッドに頭をぶつけるのが癖になった。

思い出せ、思い出せ、思い出せ。

どんなに頭をぶつけても、どんなに泣いても、俺の記憶は戻らない。

ユノヒョンからはあれから半月、なんの音沙汰も無かった。

それがまた俺の焦燥をあおる。

忙しいから電話ができないのをわかって居ても待ってしまう。

毎晩携帯を握りながら、気絶するように俺は眠るようになった。



そんな忙しい日々も今日で終わった。

ライブ終了後。なんとは無く寄ったジェジュンヒョンの部屋で眠ってしまった俺は、とても小さな人の話し声で目
が覚めた。

俺が動くと声は極端に小さくなった。

何かジェジュンヒョンは秘密の話をしているのだろうか。

瞼は重く、まだ夢の中に居たいと抵抗する。

でも耳は会話が気になってしょうがない。

夢か現実かもわからない時間の中で聞こえた最後の言葉。

「・・・・・・、じゃぁ。ユノ」

その声が聞こえた瞬間に目が覚めた。

低血圧のせいで、体はすぐに動きたがらない。その体に鞭打って、のろのろと体を起こす。

「今誰と話してたの」

俺は真っ正面のソファーに腰かけて、ゆっくりと携帯をテーブルに置いたジェジュンヒョンに、とても刺の有る声
で聞いた。

「え。彼氏だけど」

しれっとジェジュンヒョンは言った。

わざわざ彼氏と言う所にもイラっとした。

「ユノヒョンとこそこそ話」

「そ。秘密の話」

俺の挑発には乗らないと決めているのか、全く乗ってこない。それがまた俺のイライラを募らせる。

「彼氏との会話を聞きたがるなんて、ユチョンは結構野暮な男だよね。起きたのわかったよ」

しれっとそんな事を言いながら、ジェジュンヒョンは美味しそうにタバコを燻らせた。

紫煙はふわふわと天井へ向かって消えていく。

俺は返す言葉を失って、バンと扉を閉めると自分の部屋に戻った。

悔しい。なんだよあの態度。

俺が起きてるのに気がついてて、わざわざ最後にユノって言ったのか。

信じられない。あり得ない。

自分の部屋のドアも乱暴に閉めると、シャワーを頭から浴びた。

「何が信じられないって、ジェジュンヒョンになりたいと思った俺自信だよっ」

シャワーを最大に捻り、回りに何を言ってるかわからない状態にして、俺は叫んだ。

そう。俺はあの時、ジェジュンヒョンになりたかった。ユノヒョンと喋れる彼が羨ましかった。

許せない。許せない。許せない。

冷たい水を浴びて、体の芯から冷えると、やっと俺は冷静さを取り戻した。

ガシガシと頭を拭きながらベッドに戻った。


続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

ぎゃ〜ッ!!!

やめて〜〜〜ッ!!!!ゆちょん〜〜!!!
いくらベッドの上だからと言って頭(おでこ)を何度もぶつけるのは
あんたのおでこだと命の危機より大変だ!
って冗談はさておき!
JJとユノの意図はいったいなんなんだッ!
ユチョを煽ってどうしたいんだ!?脈略は?
NANAちゃん、あたい、ユチョのヤキモチ(毛が抜け落ちるほどの)大好き!
壺、壺、壺、超壺にはまって抜け出せないMIROTICならぬTUBOTIC(爆)
続きが楽しみ〜♪
もっと早い更新でお願い!(-人-)

No title

nanaちゃん!
連日の更新お疲れ様、そしてありがとう♪
今までのお話し、JJの意図が全くわからなかったんだけど
なんか今日の流れは、、、もしかしてユチョの記憶を
取り戻させるための作戦??!
だとしたらJJ、良い人すぎるんだけど!!
でもそれは深読みしすぎかなあ〜?
やっぱりそんなんじゃないか…。
う〜ん、全くわからない。
続き、楽しみにしてるね!!

ますます

三角関係(?)に拍車が!(笑)
ジェジュンさん、ユチョの嫉妬をあおりまくりですな!(笑)
「え?彼氏だけど」ってもぉ〜〜(←何萌え?・笑)
ますますどうなるのか先が見えない展開!
ジェジュン、何かの作戦!?
まさかユノも共犯?!(笑)
疑問がいっぱい!
めっちゃ気になります〜〜!!

No title

nanaちゃん
連投に次ぐ連投ミアネ
うほほ〜
レラ様、いやらしすぎるんですけどぉ〜
ユノのくっつけすぎだし。
相手レラ様だし。
ユチョぎりぎり歯ぎしりしてるぜ。
テンション↑
お話
ユチョン、頭ぶつけちゃダメ〜(>_<)
おでこが、おでこがおでこが〜(>_<)心配よぅ。
ジェジュン・・・怖いよ。怖すぎるよ。どうするのよ。
ユチョン、ジェジュンになりたいなんて。。。
そんなジェジュンこそ、君になりたいんだよぅ。
ぜいぜい。
諦めるなユチョン。
HoneyFunnyBunny!!
君こそユノのHoneyなのだから。
nanaちゃん、続きたのしみmax。
ありがとね〜♪

さぁ、今夜こそ!

一人萌えせず、きっちり更新していただき鯛、鯛!
nanaペンさん達、せっかくランキング応援してくれてんだから
2UFFが読みたくて。
早く更新しないとここ乗っ取ってユンジェFF書くぞ!!!(爆)

おかあちゃん☆

> やめて〜〜〜ッ!!!!ゆちょん〜〜!!!
> いくらベッドの上だからと言って頭(おでこ)を何度もぶつけるのは
> あんたのおでこだと命の危機より大変だ!
そこ拾ってくれてありがとうー。
ナイスリベロだべぇーwww
あたしも、どこぶつけようか、3分位躊躇した笑
> って冗談はさておき!
> JJとユノの意図はいったいなんなんだッ!
> ユチョを煽ってどうしたいんだ!?脈略は?
全くだよ!!
あいつら勝手に動いちゃうんだもん。
どうしたいんだよ!!
あとから、理屈を書かなきゃいけないあたしの身にもなってくれ!!←
> NANAちゃん、あたい、ユチョのヤキモチ(毛が抜け落ちるほどの)大好き!
あたしも大好き☆
どんどん焼いたら良いと思う。本当にwww
> 壺、壺、壺、超壺にはまって抜け出せないMIROTICならぬTUBOTIC(爆)
おかあちゃん。
これうちらにしかわかんないネタだから。
しかも後ろにユファンって書かれてる壺だから笑

> 続きが楽しみ〜♪
> もっと早い更新でお願い!(-人-)
ありがたやー。
だけど。
結構あたし、本気で書くの遅いんだ!!
以前よりは全然速くなったけど、まだまだなんだ!!
精進するよ!!

ななちさーん☆

> nanaちゃん!
> 連日の更新お疲れ様、そしてありがとう♪
いえいえー。
読んでくれてありがとうございますー。
> 今までのお話し、JJの意図が全くわからなかったんだけど
> なんか今日の流れは、、、もしかしてユチョの記憶を
> 取り戻させるための作戦??!
> だとしたらJJ、良い人すぎるんだけど!!
> でもそれは深読みしすぎかなあ〜?
> やっぱりそんなんじゃないか…。
> う〜ん、全くわからない。
> 続き、楽しみにしてるね!!
そうそう。
あたしも全くわからない!!
なんか、もうお話は勝手に進んでる気がする。
あたしが書いてるんだけど、勝手にキャラクターが動いちゃう感じなんですよ!!
どうなるのかなぁ。
頑張って続き書くね!!

しまじろうさーん!!

> 三角関係(?)に拍車が!(笑)
> ジェジュンさん、ユチョの嫉妬をあおりまくりですな!(笑)
> 「え?彼氏だけど」ってもぉ〜〜(←何萌え?・笑)
ねぇ。
あおってますよねぇ。
宣戦布告ですよねぇ。これって!!
どうすんの!!
> ますますどうなるのか先が見えない展開!
> ジェジュン、何かの作戦!?
> まさかユノも共犯?!(笑)
> 疑問がいっぱい!
> めっちゃ気になります〜〜!!
ユノが読めないんですよー。
この人何考えてJJと話してるのー!!
なんぞこれぇぇぇー。
と、あたしも先が読めず困ってますよ笑

さーちゃん☆

> nanaちゃん
> 連投に次ぐ連投ミアネ
全然ー!!
むしろもっと遊んで行って!!
いつもコメありがとうね!!
> うほほ〜
> レラ様、いやらしすぎるんですけどぉ〜
> ユノのくっつけすぎだし。
> 相手レラ様だし。
> ユチョぎりぎり歯ぎしりしてるぜ。
> テンション↑
そうそうめっちゃ上がった!!
だけどさぁ。
この人達、超久しぶりにあった感じだったんだけどさぁ。
・・・ぶっちゃけ、最近はよく顔合わせてるはずよね?
って冷静になったら思っちゃった☆
レラ様、ユノの尻もみたかっただけかー←
そんなレラ様が好きだー!!
> お話
> ユチョン、頭ぶつけちゃダメ〜(>_<)
> おでこが、おでこがおでこが〜(>_<)心配よぅ。
うんうん。
あのおでこが傷付くのはやだよねぇ。
ってか、頭打っても記憶戻らないってー!!
> ジェジュン・・・怖いよ。怖すぎるよ。どうするのよ。
はっはっは。
怨念系の戦いだね!!
どうなるんだ、本当に!!
> ユチョン、ジェジュンになりたいなんて。。。
> そんなジェジュンこそ、君になりたいんだよぅ。
> ぜいぜい。
> 諦めるなユチョン。
> HoneyFunnyBunny!!
> 君こそユノのHoneyなのだから。
うんうん。
諦めるなー。
若干諦めてやさぐれバニーちゃんになってる気もしないでもないけど。
君はあきらめが良い意味で悪いって信じてるぞー。
> nanaちゃん、続きたのしみmax。
> ありがとね〜♪
いえいえー。
3つもれんちゃんでコメありがとねー。

おかあちゃん☆

> 一人萌えせず、きっちり更新していただき鯛、鯛
> nanaペンさん達、せっかくランキング応援してくれてんだから
> 2UFFが読みたくて。
プレッシャーありがとう。
やっぱり、プレッシャー無いと、続かないよねぇ。
頑張るぜ☆
> 早く更新しないとここ乗っ取ってユンジェFF書くぞ!!!(爆)
それはちょっと気になる笑
おかあちゃん、コメで連載しちゃいなよ笑
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR