fc2ブログ

It enters the real addict.12

こんばんは。

最近、JJのツイに萌えまくりなnanaです。

ってか、残り物をタッパーに入れてもって帰るって!!

なんかおかあさんJJに萌えまくりです。

あ、あとお兄ちゃんJJにも。

この記事、過去最高にJJって言ってる気がするのは、多分気のせいです。はい。


アユとの掛け合いもかわいかったしねぇ。

なんであたし韓国語読めないかなぁ。



まぁ、それは置いておいて。


yuno240.jpg

久しぶりのユノですよ。

なんかユノ痩せたねぇ。

一人で居るのが寂しそうに見えたの久しぶり。

なんか、寂しいねぇ。

でもやっぱりかっこいいなぁ。


cy2_20101030030652.jpg

あと、本当は前回に載せなきゃいけなかった参考資料です。

あとこの前タトゥーに詳しいお友達に話を聞いたんですが。

骨の上が一番痛いんですってね。

知らなかった。

あたし乳首が痛いもんだと思ったんだけどねぇ。

ヨンス様のときに体型が変わらなかったのは、これ入れてたからかなぁ←



さてさて。
ストックを放出です。

もうストックが無いです。

どうなるのか、実はあたしが一番気になる疑惑笑


あ。あと。
今日拍手コメを入れて頂いたサイコー!!様。
昨日初めてうちに遊びに来ていただいたとのことでしたが。
一体どこから、この零細ブログを見つけられたのでしょうか??

もしこの記事読んでいたら、教えていただけたら本当に嬉しいです。




うち、ランキンから遠ざかってるから、新らしく遊びに来ていただけるとは思ってなかったので。

どこで見かけたんですか??

と、質問してみます。



ではでは。

続きをお楽しみ下さい。
web拍手 by FC2
でははじめます。


「うっっ、うぉぇぇっ」

次の日の朝。

ジェジュンヒョンとジュンスと一緒に朝ごはんを食べた。

トースト一枚をなんとか食べきって、作業部屋に入ろうとした直前。

猛烈な吐き気が俺を襲った。

なんとかトイレまでたどり着いてから、俺は胃の中の全てを吐き出した。

元々胃の中にほぼ何も入っていない状態だった俺は、そのせいで余計に苦しんだ。

胃液だけを何度も吐いた。

胃液が食道を焼く。気持ち悪さがさらに俺を追い詰める。

吐くだけ吐くと、体はやっと満足したのか、トイレから脱出することを許された。

作業部屋に入るところだったのが幸いした。

今のこの状況を誰にも見られていない。

俺はなんとか這いつくばって部屋に戻った。



気がつくと俺はベッドで寝ていた。

「あれ・・・」

部屋に入った時の記憶まではあったはず。

俺は体調を整えるために、自分でベッドに入ったのだろうか・・・。

そんな記憶は無い。

「気分はどうですか」

目を開けると爬虫類の顔をした男が俺の汗を拭いていた。

「え、なんで。俺・・・」

「倒れたんです。部屋から音がしてすぐに駆けつけると、もう倒れていました」

「そ、そうなんだ」

あまり自分のこととは思えず、軽く相槌をうつ。

「脈も弱いですが、過労のようなので、異国の病院に担ぎこむよりもいったん体力が回復してから判断を仰ごうと
思いまして」

静かに男がそう言った。

この男の体中には、無数の彫り物が施されて有る。

芸術やアートでは無く、覚悟としているタトゥーが。

明らかにまともな職業の人間じゃない。

そんな裏の世界で生きている人間が慌てなかったと言うことは、そこまで酷くは無いはずだ。

「ジェジュンンヒョンや、ジュンスはこの事知ってる?」

口を開くのもおっくうで、ゆっくりとしか言葉が出てこない。

「作業に行かれた後だったので、まだ報告はしておりません。報告した方が良いですか」

表情を変えずに淡々としゃべる。

その様は、冷静に獲物を狙う蛇のようだ。

「ああ、いい。助かった。このことはあの二人には言わないでくれ」

「分かりました」

基本的には俺の事に興味も無く、依頼は完璧にこなしてくれる。

俺の自由を奪う張本人だが、こう言う所は信頼していた。

言わないと約束の言葉を聞いて、俺は再び意識を手放した。



あれ。

気がつくと、俺は部屋の真ん中に立っていた。

ペットボトルが散らばって、さらにペットボトルのふたが方々に飛んでいた。

「もぅ、汚いな」

俺は甘えを含むような、甘ったるい声でそうつぶやくとてきぱきとごみを拾い出した」

俺より後に部屋に入ったシルエットが、ごめんごめんと謝ってきた。

「本当、俺が居ないとだめだよね」

手伝いもせずにベッドに座り込んだシルエットに俺はごみを拾いながら言うと。

「ユチョナがやってくれるから、俺はそうじができなくても良いんだよ」

と、とても嬉しそうな声がする。

「もぅ、そん事言って。一緒に暮らせなくなったらどうするの。ゴミと生活するの」

俺は最後のゴミを拾って、自分のベッドでは無くシルエットが座るベッドに向かう。

「そんな日は来ないよ。ユチョナと離れる日なんか来ないって」

シルエットは両手を広げて俺を受け止めた。

俺はシルエットの上に座って、シルエットの頭を抱くように抱きついた。

「分からないよ。人はいつ別れるかなんてわかんないんだから」

不安でしょうがない。

俺は多分このシルエットのことが好きなんだと思う。

体は勝手に操られているように、シルエットと絡まる。

頭の中の俺はそれを映画を見ているように認識していた。

でも、体の気持ちはとても良く分かる。

シルエットを信じたいんだと思う。

だけど、これまでの経験が二の足を踏ませる。

不安で胸がふさがってしまいそうになった時に。

シルエットが俺から離れて、俺を胸に抱きこんでキスをした。

唇も俺の肌に当たっている部分も全てが熱い。

「大丈夫、もし離れても必ず迎えに行くから」

濃厚なキスの間に、そう約束する。

「でも、俺がたとえば失踪とかで居場所が分からなくなってたら」

不安から後ろ向きなことしか返せない俺を止められない。

「大丈夫。俺がちゃんと見つけて探し出すから」

そう言ってぎゅっと抱きしめられた。


続きます
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しゅてき♡

う〜ん、私の好きな、せつなトーンのユチョ。
意外とあの、爬虫類顏の男が鍵をにぎってたりして・・・。
nanaさん、最後まで楽しみにしてるよ〜!

No title

なんだか涙が出ます・・・。
思い出の中の…二人…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キター!!

って感じです。
久しぶりに2U〜〜って。
やっぱりいいです!
続きが楽しみです♪

No title

はじめましてです^^
ブログ訪問ありがとうございます★
久しぶりのゆのゆのは短髪ですね〜
かっこいいです♪
また遊びにきます!!

ユノ早くユチョの側にきて!!

ユノ、ホントに痩せましたね。
ユチョもかなり細くなっちゃって、アバラ見え具合が心配です。
思い出って、ホントに大事ですよね。
どんなに辛いことがあっても思い出を糧にして、なんとかやっていけますもんね…
だから余計にその思い出をなくしてしまったユチョがすごく心配です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ウェーん

nanaちゃん、連続更新ありがトンです。
ユノ、寂しそうだよね。痩せたし・・・
2U、同じ速度で痩せていってないでしょうか・・・忙しいのもあるけどさ。切ない。
お話・・・
昨日からトンLive映像を見てるからか、2Uに萌えすぎたからか、
自分でも予期しないうちに、FF読みながら涙がボトボトこぼれました。
うるってきたんじゃなく、ボトボトボト。
やっぱり一緒にいて欲しいよ〜。ギュってされてるユチョがいいよ〜
ねっ、ねっ、ユチョン、身体が思いだすよね。ゼッタイ!!
ユノ、ユチョンがどこに行ったって、ハートが壊れたって、ユノは見つけ出して連れ戻してくれるよね。
もぉ。待ってるよぉぉ。
病んでるユチョ、キライじゃないけど、
2Uぅぅやっぱり一緒にいて欲しい(T_T) お願いしますnanaしゃん。

もうちょっと?!

がんばって思い出して〜〜
シルエットもカッコイイからわかるよーーーゆちょーーーん!(笑)
ペットボトルのフタと分別してちらかすっていうあの恋人発言…!
思い出すと切ないです〜〜。。
ユノ、早く迎えに来てあげて〜〜><
ユノの短髪、カッコイイですねぇ!
男らしいです。。。ためいきが・・・(笑)
その分、ユチョンちょっと色っぽく(?)なっていってるような?!(気のせい?・笑)

ユノ、痩せちゃってるけどなんとなく貫禄を感じるのは私だけかなぁ…。相変わらずかっこいい♪
ユチョンもうすぐ思い出せるかな?早くユノに抱きしめてもらって!
nanaさん更新ありがとうございます。次回も楽しみです^-^

No title

nanaちゃん、あんにょん。
泣ける (ノ_・。)
せつなゆちょは大好物だが…;
nanaちゃん、最後は、期待して良い??
でないと、切なすぎて読めないよ〜〜;
でも、読みたい。
あぁ、切ない。
どしたらいいのぉ〜〜!!

鍵コメM様☆

誰にだってミスは有りますよー♪
あたしなんか、毎回FFのどこかにミスがありますから←
謹慎なんかしちゃいやんですよー!!
早く出てきてね!!

ゆうママ♪

わーい、ゆうママだー。
最近時間かぶんないっすよねー。
すみません汗
> う〜ん、私の好きな、せつなトーンのユチョ。
> 意外とあの、爬虫類顏の男が鍵をにぎってたりして・・・。
ふふふ。
どうなるんでしょう。
ってか、爬虫類顔のマネージャーってさ。
ビジュアルほとんど出てきてないですよね。
しっかり、書かなければ汗
> nanaさん、最後まで楽しみにしてるよ〜!
ありがとですー!!
がんばりますよ!!

キラリ様

> なんだか涙が出ます・・・。
> 思い出の中の…二人…。
そうそう。
これって、うっすら残った記憶なんですよね。
ほかにもあるはずだ!!
思い出せー、思い出すんだゆっちょーん!!

鍵コメK様☆

> うえ〜ん、nanaさ〜ん夢の中のユノを
> シルエットとしかとらえられないユチョに涙が出てきてしまった。
現実がベースの夢って、結構都合悪いところはうやむやになるじゃないですか。
それがシルエットになっちゃった、ってどんだけ封印してるんでしょうねぇ。
> は〜、早く思い出して〜ユチョ!
> あなたの最愛の人を。
本当、じりじりします。
最愛の人を忘れるなんて、悲しいよぅ。

ぶくりんさん☆

> って感じです。
> 久しぶりに2U〜〜って。
> やっぱりいいです!
> 続きが楽しみです♪
ですね!!
最近ユチョが記憶喪失だから、いちゃつき2Uは久しぶりですよね!!
もっといちゃつかせたいんですが。
どうなるのか、書いてるあたしも五里霧中の混沌feelなんですよ!!
ああ、幸せになってほしいです。
ありがとうございます。頑張りますーwww

MIEさん☆

ご丁寧にありがとうございます
また遊びに行きますね!!
> 久しぶりのゆのゆのは短髪ですね〜
> かっこいいです♪
ユノかっこいいですよねぇ。
本当素敵ですー。
ポセイドンに合わせて切ったんでしょうねぇー。素敵素敵♪

じゃむさん☆

> ユノ、ホントに痩せましたね。
> ユチョもかなり細くなっちゃって、アバラ見え具合が心配です。
うんうん。
シャープになったっちゃー、なったんですけどねぇ。
ユチョはちょっと元気になってるっぽいです。
誰かのツイッター写真で腕太くなってたwww
> 思い出って、ホントに大事ですよね。
> どんなに辛いことがあっても思い出を糧にして、なんとかやっていけますもんね…
> だから余計にその思い出をなくしてしまったユチョがすごく心配です。
うんうん。
思い出がない。
しかも一番幸せな思い出が無いって、本当に怖いですよね。
しかも忘れてるから、無かったことになってるって言う。
早く思い出してほしいです。

鍵コメA様♪

> 切なくて
> 切なくて
> 見ていて胸が苦しいです
> お願い思い出してくれぇ〜
> シルエットはユノだよ!
> すっごく愛されてんだよ!
ですよね!!
ですよね!!
じれったいですよねぇ。
思い出せーユチョ!!!

鍵コメR様

> 短髪黒髪のユノが
> 多忙な日々から解放されて、隣にユチョがいない寂しさを実感しているような
> そんな切ない表情にも見えてしまって
> 早くユチョのもとへ迎えに行けたらいいのにな、なんてことを強く思って
> なんだか切なくて、繰り返し読んで泣きながら
> ユノがユチョを「折れちゃうよ!」ってくらいぎゅっとハグしている姿、早く見たいなって
> そう思いました。素敵なお話をいつもありがとう。。。
ありがとうございます♪
たまにそんなさびしげな表情を見せるときがありますよね。ユノは。
早くユチョの所に行かせてあげたいです。
はぁ。
切ないですねぇ。

さいやんさーん!!

> ユノ、寂しそうだよね。痩せたし・・・
> 2U、同じ速度で痩せていってないでしょうか・・・忙しいのもあるけどさ。切ない。
そうだねぇ。
心配だねぇ。
二人とも仕事をすることで、いろいろ考えないようにしてるのかなぁ。ってマジで思います。
ゆのぉー、ゆちょーん!!
> お話・・・
> 昨日からトンLive映像を見てるからか、2Uに萌えすぎたからか、
> 自分でも予期しないうちに、FF読みながら涙がボトボトこぼれました。
> うるってきたんじゃなく、ボトボトボト。
そこまで入り込んでくれて、本当にありがとね。
> やっぱり一緒にいて欲しいよ〜。ギュってされてるユチョがいいよ〜
> ねっ、ねっ、ユチョン、身体が思いだすよね。ゼッタイ!!
> ユノ、ユチョンがどこに行ったって、ハートが壊れたって、ユノは見つけ出して連れ戻してくれるよね。
> もぉ。待ってるよぉぉ。
うん。
一緒に居てほしい。
ぴったりひっついててほしい。
なんか、お前ら空気読めよって突っ込みたい。
だから、引っ付いてー涙
> 病んでるユチョ、キライじゃないけど、
> 2Uぅぅやっぱり一緒にいて欲しい(T_T) お願いしますnanaしゃん。
うん。
あたしも。
お話なのに。リアルじゃないのに、引っ付けないってどういう了見だ。ってあたしも言いたい←

しまじろうさーん!!

> がんばって思い出して〜〜
> シルエットもカッコイイからわかるよーーーゆちょーーーん!(笑)
ねぇ。
生見たら一発だよねぇ。
思い出してぇぇー。
> ペットボトルのフタと分別してちらかすっていうあの恋人発言…!
> 思い出すと切ないです〜〜。。
> ユノ、早く迎えに来てあげて〜〜><
今もうつらくて、オルアバ3見れませんー涙
ユノも迎えに行きたいはず!!
つらいねぇ。
> ユノの短髪、カッコイイですねぇ!
> 男らしいです。。。ためいきが・・・(笑)
> その分、ユチョンちょっと色っぽく(?)なっていってるような?!(気のせい?・笑)
いやいやいやいや。
気のせいじゃないですよ!!
ユノはかっこよくなったし、ユチョは美人♪
コンディションはばっちりなんですよー。

めぐさん☆

> ユノ、痩せちゃってるけどなんとなく貫禄を感じるのは私だけかなぁ…。相変わらずかっこいい♪
最初は痛々しくしか見えなかったんですが。
そういう見方もありますね。
目からうろこだ。
めぐさんありがとうございます。
そうそう、かっこいい事には変わりない♪
> ユチョンもうすぐ思い出せるかな?早くユノに抱きしめてもらって!
早く思い出してほしいですよね。
うぅーん。
ユノに抱きしめられるユチョが見たいですー。

みかんさーん☆

あんにょんです。
> 泣ける (ノ_・。)
> せつなゆちょは大好物だが…;
うん。どうしてこう、切ない方向に行くのか・・・。
自分でも止めたい今日この頃ですよ。
> nanaちゃん、最後は、期待して良い??
> でないと、切なすぎて読めないよ〜〜;
> でも、読みたい。
> あぁ、切ない。
> どしたらいいのぉ〜〜!!
とりあえず読んでー。
あとは、頑張る!
うん。頑張る!!
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR