fc2ブログ

バレンタイですね!(2UFF有)

ってことで、我が家のTOP画像がバレンタイン仕様になりましたー。

めっちゃかわいく無いですか??

ユチョン氏、最初軽くスルーしようとしてますけどね☆

ジュンスは間に合うのかなぁ。

間に合わないんでしょうねぇ。

「えへへー。ごめんねチャンミン。間に合わなかったよー☆でも僕を食べてね」
とか言ってくれてたら良いと思います!!



adam1.jpg

で。唐突も無くアダムカップルですよ。

アダムカップル降板なんですよね。

ってことで、泣く泣くアダムは諦めますので。


2U63.jpg

ウギョル新カップルはぜひ2Uで!!


いやぁ。

↑の写真とかも、2Uなら照れずにやってくれますって!!

あたし、アダムでも大満足でしたが。

これゲイゲイしい2Uverも見たいんです!!

お願いします。ウギョルさん!!!!


とか思った14日の朝5時ですよ。






さてさて。

そんな事を想いつつ。

バレンタインFFを書いてみました。

今回冒険したんですよ。

・・・失敗したかもしれない汗


かっこよいユノが好きな人はあまりお勧めしません。

あと、エロくもないです。

それでも良い人はお進みくださいー。

本編は追記から!!



もし良かったら、感想頂けると嬉しいです。

ではでは。追記へGOですよ!!








ランキングに、なんとなく戻ってみました。

拍手は押さなくても良いので。

見たよーって方はぽちっと押していただけると嬉しいです。


このご時世。

2Uなんてタイトルが付いてるブログがどこまで行けるのか。

ちょっと挑戦中!

お陰様で2ページまで来ました。

ありがとうございます。
web拍手 by FC2
LOVE LOVE LOVE

「ヒョン、ヒョン」

僕はおなかを出して寝こけている子供のような兄をベッドから蹴落とすことで、起こすことに成功した。

「いつまで寝てるんですか。もう出発5分前ですよ」

目が覚めるとぐずらないだけが取り柄の兄は、シャキッと目を覚ますと速攻で洗面所に走って行った。

僕は彼の財布と携帯の充電器。そして携帯をかばんに詰めると先に車に乗り込む。

寮の扉をゆっくりとくぐると、ベランダ越しに見える道路は真っ白だった。

バレンタインデーに雪か。

面倒くさいことこの上ない。

はぁ、と一つため息をつくと僕は移動車に乗り込んだ。

暫くすると、ぎりぎりの時間にユノヒョンが車に乗り込んだ。

「セーフッ」と叫んで入ってくる。

この人は東方神起のリーダーと言う気負いが良い意味で外れて、子供のような態度を取るようになっていた。

これまでのストレスを考えると、少し位子供返りした方が幸せなのかもしれない。

が。テレビの収録で上の空だったり、そわそわと落ち着かないことが多々おこり、僕はユノヒョンを甘やかすのを
そろそろやめようかと考えていた・

「セーフじゃないでしょ。子供ですか。もっと早く寝ればこんなギリギリにならないでしょ」

僕はユノヒョンをにらみつける。

へらへらと笑って、ユノヒョンは聞かないふりをした。

「で。今日はアックジョンドンだけで仕事は終わるんだよな」

ご機嫌にユノは運転しているマネージャーに確認を取っていた。

はい。今日はテレビの収録が3件と、雑誌の取材が10件だけです。

「そうか。良かった」

助手席でにこにこと答えるとユノヒョンはまた眠りの国へ落ちて行った。

僕は確信した。

おかしい。

明らかに浮かれ過ぎだ。

嫌な予感を感じながら、僕はテレビ局の中に入って行った。



1件目の収録。

音楽番組の中で、ユノヒョンはそわそわと上の空で、話を理解できず、すべて僕が喋る羽目になった。

その次のトークショーの収録は、かろうじて聞いているものの、やっぱり心ここに非ずだった。

「で。誰と過ごすから今日はそんなに落ち着かないんですか」

遅い昼ご飯を仕出しの弁当で済ませながら、僕はユノヒョンを問い詰めた。

「な、何がだよ」

明らかに動揺してユノヒョンはご飯をこぼした。

もう、汚い。

僕のイライラが伝わったのか、ユノヒョンのマネージャーが落ちたご飯粒を回収する。

「さっきからなんですか。仕事中に上の空になるやつは、プロ失格だって怒った人の態度ですか」

声を荒げず、冷静に問い詰める。

うっ。ううっ。

と声にならない声を発して、ユノヒョンは目をそらした。

「ヒョン。基本的にはあなたのプライベートには興味がありません。今日はバレンタインですから、予定だってあ
るでしょう。だからって、仕事の手を抜いて良い訳はないですよね」

ユノヒョンの顎を僕に向けさせて、ぎっとにらみながら問い詰める。

「ご、ごめん。仕事の手を抜いたつもりは無かったんだけど。気を付ける」

心底情けない顔で、ユノヒョンは食事を再開した。

そんな彼を見捨てて、僕はトイレに立った。

手洗いから出ようとすると、ユノヒョンが現れた。

「あの、僕出たいんですけど」

ユノヒョンは扉の前に立ちふさがって通せんぼをしていた。

「あ、あのな。チャンミン」

にこにこと、だけどとても言いにくそうにユノヒョンは切り出した。

だいたいの予想は付くが・・・。

「なんですか」

「今日うちに一人泊めて良い」

体を丸めて、ペットを飼って良いかと尋ねる子供の様にユノヒョンは僕を拝んだ。

「別に部屋は別々だから、誰を泊めようとかまわないですし。今日は僕はミノの所に泊るので、良いですよ」

わざわざ僕に許可を得ると言うことは・・・。

「まさか。泊めるのはユチョニヒョンじゃないでしょうね」

僕はヒョンの趣味の悪い彼女と言うか彼氏を思い出した。

「そ、そうなんだけど。俺はもう許可もらったからな。男に二言は無いよな。なぁチャンミン」

と、肩をバンバンと叩いてくる。動揺がモロに出る人だ。

はぁ。と僕は盛大なため息をつくと、「分かりました。ただし絶対に人には見られないで下さいよ。トラブルはご
めんです」と吐き捨てるように言った。

あの趣味の悪い人と付き合い続けているユノヒョンを見てるだけでもイライラするのに、泊めるだなんて。こんな
時期に。

僕は機嫌悪くトイレを出ようとすると、またユノヒョンに声をかけられた。

「なんですかっ」

語気荒く返すと、とても申し訳なさそうに。

「俺の携帯と充電器と財布知らない」そうつぶやいた。

「車ですよ」

怒鳴り声に近いトーンで返すと、彼は車に向かって走って行った。

午後になって。

携帯の充電も終わり、彼は今度はメールをし出すようになった。

雑誌の撮影は心を入れ替えたのかちゃんとやっていたが、やたらとメールを打っている。

「あなたは馬鹿ですか。仕事中にそんなに頻繁にメールしなくても、すぐに会えるでしょう」

僕はヒョンの携帯を取り上げた。

そして、やっと最後の生放送の収録が終わると、ユノヒョンのテンションはクリスマスパーティー前の子供の様に
なってしまった。

こっちがどんなに苦言を呈してもお構いなし。

帰りの渋滞の中でも、マネージャーにあれを買ってきてくれ。これを買ってきてくれと浮かれっぷりは天井知らず
になった。

「ヒョン。マネージャーさんもそんなに一気にあれもこれもと言われたら困ってしまいますよ」

後ろの席から声をかけた。困惑顔のマネージャーの顔もほっと弛緩した。

「ああ。そうだな。ごめんごめん」

そう言って、一生懸命メモ帳に何かを書きつけている彼を見て、彼は子供に戻ってしまったのだろうかと真剣に心
配になった。

寮に着くと、大事な友達が来るから。忘れ物するなよ。と何回もマネージャーに言い聞かせると僕たちは部屋に戻
った。





僕はミノに会いに行くために、お風呂に入っていると。

扉が開く音がして、ユノヒョンの会いたかった。会いたかったという声が風呂場まで聞こえてきた。

僕は苦手な。かつては大好きだったもう一人の兄がうちに上がったことを、ユノヒョンの声で知った。

「あ。お邪魔してるね」

ガシガシと頭を拭きながらキッチンに入ると。

ユノヒョンがユチョニヒョンをテーブルに押し倒していた。

冷静にユチョニヒョンが俺に挨拶をする。

「ああ」

愛想なくぺこりと頭を下げると、ユノヒョンのケツを思いっきり蹴り上げた。

「共同スペースで盛るのは、僕が居なくなってからにしてください」

そう言って、自分の分のコーヒーを淹れるついでに、二人の分のコーヒーも出した。

うっかりいつもの癖で、ユノヒョンの向かいに座ると。

ユノヒョンとユチョニヒョンはぴったりとくっついていた。まるで最初から二人は一心同体だったかのように。

5人で働いていた頃からこの二人は、とても自然に付き合っていた。

本当にお互いがお互いをフォローし合って、本当に幸せそうだった。

障害が有るとしたら、お互いが男同志ってことだけだったと思う。

2年も離れているのに、今も二人は自然に寄り添った。

まるで、離れていた時間なんかまったくないように。

「おいしい」

そう言って、ユチョニヒョンは静かにコーヒーを飲み、ユノヒョンはそんなユチョニヒョンを嬉しそうにぼーっと
見ていた。

ユノヒョンは恋人を見る時は、とてもうっとりとぼーっと見つめる。

気が付いた時には、ユノヒョンはユチョニヒョンをぼーっと見つめるようになっていた。

「そう言えば、どっちがどっちにチョコレートをあげるんですか」

僕は5人で居る時から不思議だった疑問をぶつけた。沈黙しすぎるのもどうかと思ったからだ。

「あ。俺から。要らないかもしれないけど、これチャンミンに」

ユチョニヒョンは大きい箱をユノヒョンに、2周りほど小さい箱を俺に渡した。

「あ。ありがとうございます」そう言って素直にもらった。

シックなとても品の有る包装をはがして箱を開けると。ゴディバと書かれた箱の中にチョコレートが入っていた。

一粒取って口に入れると、とても濃厚な味がした。

甘い味に、ふとさっきまで抱いていたユチョニヒョンへのわだかまりが流れて行った。

会ってみると、昔と全然変わらなかったからだ。何がこんなにややこしくさせているのだろう。と思えるほど。

相変わらずユノヒョンの横で安心しきった笑顔をたたえるユチョニヒョンは美人だと思った。

その横に居るユノヒョンは、僕とは対照的に、嬉しいなぁ。嬉しいなぁとでれでれとした笑い顔をしながら、バリ
バリと包装を引きちぎる。

箱もばりばり破って、そこからチョコが出てくると「ユチョナ食べさせて」とチョコを催促していた。

ユチョニヒョンもとても嬉しそうに箱からチョコを取り出すと、ユノヒョンの口にチョコレートを入れる。

わざと自分の指をユノヒョンの唇に押し付けると、その指を舐めた。

そんな間接キスを楽しみながら、二人はゆっくりとチョコを味わっていた。

僕は甘いチョコの味を、ストレートのコーヒーで流すと席を立った。

これ以上ここに居るのは野暮だったし、ミノがそろそろ仕事を終えるころだった。

僕が部屋に戻った直後マネージャーが買い物をして戻ってきたらしい声が聞こえ、すぐ扉が開く音がした。

身支度を整えて、キッチンの二人に声をかけようとして、足を止める。

二人は狭いテーブルに広げられた食事を仲良く食べていた。

と、言うよりも。

かいがいしくユチョニヒョンがユノヒョンにご飯をたべさせてあげていた。

それはとても見ている人間の心を優しい気持ちにさせてくれる映像だった。

愛し合う二人が、仲睦まじ食事をとっている。ただそれだけなのに、幸福とはこのことを示すのじゃないかとまで
思った。

時折キスを交わしながら、二人の楽しそうな声は廊下まで漏れてきた。

「では、行ってきます。ユチョニヒョン。ごゆっくり」

キッチンの扉を完全に開いて二人に声をかけると、二人はゆっくりこっちを見た。

とても幸せそうな二人は「行ってらっしゃい」とにこにこと返してくれた。

僕は手をあげて挨拶をすると、凍えるような外気にぶるりと体を揺らした。

朝からつもり続けた雪は、朝の倍の積もり方になっていた。

朝方は舌打ちするほど嫌だった雪も、雪のシェルターのおかげであの二人が他人に見られずに済むかも知れないと
思うと、とても美しいもののように見えた。

あの二人に当てられたのか、とても人恋しくなった僕は、ミノの家へと急いだ。

もちろん。チョコレートをもって。

ミノに会ったら、愛してるって伝えようと思い、僕は暗い夜道を急いだ。


end




そうそう。

TOP画は、ミンス。

FFではミノチャンですなぁ。

ちょっとトップ画は、ホワイトデーとの兼ね合いでミンスになっちゃいました。

でも。

ぶっちゃけ。

nanaはミノチャンよりはミンスが大好きです←

だけど。

ミュージカル中の人間ってどうやって動かすのか想像が付かなかったってか、2U合わせるので精一杯だったので、泣く泣くミンスは諦めたのでした。


言い訳終わり!!

ごめんね!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

わぉ〜Sweet❤

yumiちゃん凄いよ!可愛いよ♪
ユノの為に(イヤ、2U・・・イヤ、5人の為に)ありがとう。
yumiちゃんの愛情が感じられる❤
nanaちゃん、2Uの素敵な「❤Sweet Valentine❤」ありがとう♪
読んでてホッコリ温かくなった心も体もポッカポカ。
2Uは地球にやさしいエコCP
いいなぁいいなぁリアルであって欲しい。ぅん、きっとリアルだ!
チャミ様もありがとう♪
nanaちゃん、神様が下りて来たんだね。
ユノ可愛くってめちゃよかったよ〜❤
チョコよりケーキより甘い2Uを召し上がれ!
だね(*^-^*)b

超甘〜 チェゴチェゴ[i:63948][i:63948]

ウキャウキャ〜
めっちゃかわいい、バレンタインバージョン
yumi☆ちゃんの仕事かしら?
すばらしい〜。
アダムカップル。めっちゃかわいいよねぇ。
いやぁ、ウギョル恐るべし、だけど、
ウギョル2Uで!とか、めっちゃして欲しいよね。悲願だね。
鼻血必至!ウキャー。
リアルすぎて放送できませんとかなりそうだけど、是非!お願いし鯛!
お話〜。
nanaちゃん、超甘、最高。神が降りてきたんだね〜。
めっちゃにやにやしちゃったよぅ。
素敵ステキ。
シリアスなのも好きだけど、これも良い〜。
は〜。甘甘でも、リアルとリンクしちゃうnanaちゃんってすっごい!
好き〜ユノ好き!子供返りよい良い。ウキャ。
そうなんよねぇ、ユチョがいないと、ユノがこんな風になれないじゃん。
それが悲しかった・・・だからめっちゃ嬉しいです。
nanaちゃんには珍しく、ユノがかっこ悪いけど
(寝起きにぐずらないだけが取り柄って酷すぎ(*≧m≦*))
あたし的には、こういうユノ大好き。
こんなところがあってこそ、光り輝くかっこよさがよりいっそう素敵になるんだよ。
そうなの。そうなの。
何がややこしくしているの?みんな前と同じだよ?
ユノなんてデレデレするほどユチョ大好きだし、ユチョだってユノ大好き。
チャミ、みんなに会えば、前と同じだよ。きっと・・・
すぐには無理でも、きっと打ち解けられる。
いんや〜、ミノチャン…
あたしもミンスのが好きさ〜 
nanaちゃん!!今日もステキなお話し(いや、リアル)ありがとう 

らびゅらびゅ

yumiちゃん
トップ画、最高よ〜〜!!!
今日一日限定?!もったいないよ〜v-393
すご〜くすご〜くこれだけでハイになったよ〜。
ありがとv-415
nanaちゃん
今日のは甘甘甘で、こっちもとろり〜んとけそうだよ。
これが現実に思えてならないわ。
特にユノ、絶対こうなってるに違いない!
ただ、チャミがミノってのはね・・・しょうがないか。
ああ〜今日はシアわせ気分v-344
(追伸、昨日は落ちたコメでごめんよぅ、上がったり下がったり交互にやってくるようだよv-403

あまーい^m^

ユノの子供返り私も気付きました。
一緒のこと思ってる人がいたーーと変なところで感動しちゃいました。
チャミ目線いいですね。
エロがなくても2Uは甘い!
ユノの鼻の下が伸びてる顔が目に浮かびます。
自分もnanaさんのFF読みながら修行の日々です。
何本か書いてますが、どうしても長編になってしまって…
携帯に個人数人にしか送ってないのでどうしても長くなってしまうんですけどね。
今は『ユンジェ』で書いてます。
2U→ユンジェ→2U…みたいな感じで交互に書いてます。
ってか、どっちか書いてると途中で書きたくなっちゃうんですよね。
今回は見切り発車的に書き始めたので終わりがないです…
これからも素敵なお話し待ってまーす(^−^)

かぁ〜わいい〜^^

ユノがかわいすぎて、nanaさんのお話の中で一番読んでて照れてしまったよ〜☆
ユノってきっとリアルでこうなんだろうな〜って思ったらニヤニヤが止まらなくなってしまった(笑)
心がほわ〜って、自分も幸せになれるお話でした〜♪♪
素敵2U&素敵チャミ様、ありがと〜(^0^)/
あ!私もミンスの方が好き〜^^

幸せだな〜v

TOP画めっちゃ可愛いですe-266
賑やかな5人っていうのが、すっごく良いです〜^^
バレンタインにチャミ目線でくるとはっ!
でも、だからこそ見えるチャミのわだかまりが溶けるところとか、
とてもあたたかい気持ちで読めました。
きっとそうなんだろうなって思っちゃいました。
ユノのお子様っぷりも、うかれっぷりも、かわいぃですな〜v
でもヤルコト早いしw
そして2Uがごくごく自然に寄り添っている図が、
やっぱり幸せ♪
2人とも見てるこっちが幸せになるような笑顔でお互いを見てるんだろうな〜と思うと。
お話の中では雪の夜だからかな。
わたしも今、静かに、幸せを噛み締めてる感じ。

No title

まさにSweet Valentine!
外の雪も溶けちゃいそう☆
2U幸せそうで、こっちまでうれしくなっちゃう!
デレデレしてるユノとカワイイユチョン、、、あぁ最高っす!
リアルで今日はそういう日であってほしいなぁ!
チャンミン、ミノくんも幸せに!(笑)

No title

ちゃーーーーーみーーーーーーっ!!(´;ω;`)
いいこだよぉ〜〜!!
ユノもかぁいい。ユチョもかぁいい。
だけど、今夜は君がいっちばん愛おしいよぉ。
nanaちゃん、甘々FF、ありがと、ありがと♥
あ、ゆちょみかんも、やっぱりミンスで^^
yumiちゃん、すっごい可愛いよぉ〜〜♪
VD仕様って、もしかして今日だけのトップ??
いやぁ〜ん;
もったいないから、しばらくコレでいってねぇ^^

何と言うか・・・

甘ーーーーーーーーーーーーーーーいv-24
甘過ぎるぅ〜nanaちゃ〜んホントにリアル過ぎて頭の中に絵が浮かんで読めるよv-10
ユノのデレデレ顔もお口もダラしないのもハッキリ分かる。
ユノはどんだけユチョナに甘いんだい?しっかりせい!
いやぁ〜こっちまでニヤニヤしちゃうじゃないかい〜キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!!!!!!

No title

ここんとこ、息子にPCとられ、連休もありで、なかなか遊びに行けなくて淋しかったよ〜(>_<)
nanaちゃん、連チャンでFF上げてくれてありがと〜v-238
あま甘の二人に、つい、チャミもあてられちゃって、ミノのとこに行ったらどんなんなっちゃうの〜!!
って余計な妄想までしそうになったわ^^;
2Uウギョル!!多分TVでは放送無理だね。ユノが我慢できる訳がない←
やっぱ、特別撮影隊出さなきゃだめだね 爆
そんで、とった映像はネットでシークレット販売して・・・と。
あっという間に大金持ちだから、それで5人の事務所作ろう!←
も〜朝からパボまっしぐらだわ・・・(@_@;)

ごちそうさまですwww

2Uがリアルにこんなバレンタインを送っていてくれていたら、いいですね〜
なんかとっても幸せになりました!

おかあちゃん☆

> yumiちゃん凄いよ!可愛いよ♪
> ユノの為に(イヤ、2U・・・イヤ、5人の為に)ありがとう。
> yumiちゃんの愛情が感じられる❤
うん。このTPO画って、ズンスちょろっとしか写真無いのに、かわいいんだよねぇ。
あたし実はユミが書くズンスのセリフ大好きなのよー。
かわいいよねぇー。
> nanaちゃん、2Uの素敵な「❤Sweet Valentine❤」ありがとう♪
> 読んでてホッコリ温かくなった心も体もポッカポカ。
> 2Uは地球にやさしいエコCP
おっ。
あたしが書いた話でエコですか?←違う
あたしって地球にやさしい女だったのね←重ね重ね違う
> いいなぁいいなぁリアルであって欲しい。ぅん、きっとリアルだ!
バレンタインも一緒に引っ付いててほしいなぁ。
もう場所が無かったらハンガン湖畔でも良いから!!
> nanaちゃん、神様が下りて来たんだね。
> ユノ可愛くってめちゃよかったよ〜❤
そうそう。
まじで更新できるか心配だったんだけどね。
最近ホモの神様がよく来てくれるから助かるよ!!

> チョコよりケーキより甘い2Uを召し上がれ!
> だね(*^-^*)b
そうそう。
召し上がれ☆だよ!!

さーちゃん☆

> めっちゃかわいい、バレンタインバージョン
> yumi☆ちゃんの仕事かしら?
> すばらしい〜。
かわいいでしょー。
かわいいでしょー。
かわいいよねー!!(大事なことは3度言う)
yumiが作ってくれたのー。
2U合成は地味に時間かかってます☆
> アダムカップル。めっちゃかわいいよねぇ。
> いやぁ、ウギョル恐るべし、だけど、
> ウギョル2Uで!とか、めっちゃして欲しいよね。悲願だね。
> 鼻血必至!ウキャー。
> リアルすぎて放送できませんとかなりそうだけど、是非!お願いし鯛!
ふふふふ。
カットが多くて編集さんが泣き崩れても良いから、ウギョルで2U見たいー。
お料理デートとかしてくれないかなぁ。
ってか、毎週2Uデート☆
うはーん、見たいー!!
> お話〜。
> nanaちゃん、超甘、最高。神が降りてきたんだね〜。
> めっちゃにやにやしちゃったよぅ。
> 素敵ステキ。
> シリアスなのも好きだけど、これも良い〜。
本当。ギリギリで神様降りてきてくれて助かったよー。
今回はチャミ様にかーなーり助けられましたよー。
> は〜。甘甘でも、リアルとリンクしちゃうnanaちゃんってすっごい!
うふふ。
あたしは何も無い所からお話作れないからねぇ。
事実から、妄想広げるタイプなので。
・・・まぁ、妄想広がりすぎだけど笑
> 好き〜ユノ好き!子供返りよい良い。ウキャ。
> そうなんよねぇ、ユチョがいないと、ユノがこんな風になれないじゃん。
> それが悲しかった・・・だからめっちゃ嬉しいです。
> nanaちゃんには珍しく、ユノがかっこ悪いけど
> (寝起きにぐずらないだけが取り柄って酷すぎ(*≧m≦*))
> あたし的には、こういうユノ大好き。
> こんなところがあってこそ、光り輝くかっこよさがよりいっそう素敵になるんだよ。
うん。
最近の子供帰りしてるユノ、あたしも大好きなのよ。
気負いがなくなって良い意味でのびのびしてるユノが良いのよねぇ。
だけど。
チェガンはユノをいじめ過ぎじゃないだろうか?
> そうなの。そうなの。
> 何がややこしくしているの?みんな前と同じだよ?
> ユノなんてデレデレするほどユチョ大好きだし、ユチョだってユノ大好き。
> チャミ、みんなに会えば、前と同じだよ。きっと・・・
> すぐには無理でも、きっと打ち解けられる。
最初はちょっとした違和感から、ここまでこじれたんだろうなぁって思う。
男の子同志だし、元さやに戻ったら、関係回復は早そうだよねぇ。
元さやに戻ってくれないかなぁ。
> いんや〜、ミノチャン…
> あたしもミンスのが好きさ〜 
だよねぇ。
ミノはなぁ。あんまりツボが無いから、テンション上がらないんだよねぇ。
ミンスが好きだわぁ。
> nanaちゃん!!今日もステキなお話し(いや、リアル)ありがとう 
いえいえー。
さーちゃん、今日もありがとう☆

ぶーにゃん♪

> yumiちゃん
> トップ画、最高よ〜〜!!!
> 今日一日限定?!もったいないよ〜v-393
> すご〜くすご〜くこれだけでハイになったよ〜。
> ありがとv-415
まじでホワイトデーまでこのTOP画で行こうと思ったんですが。
チャンミンセンイルのため、あえなく断念涙
かわいかったよねぇ。
あたし、あのTOP画大好きですよ!!
> nanaちゃん
> 今日のは甘甘甘で、こっちもとろり〜んとけそうだよ。
> これが現実に思えてならないわ。
> 特にユノ、絶対こうなってるに違いない!
> ただ、チャミがミノってのはね・・・しょうがないか。
うーん。ねぇ。
チャンミノの時代ですからねぇ。残念なことに。
> ああ〜今日はシアわせ気分v-344
> (追伸、昨日は落ちたコメでごめんよぅ、上がったり下がったり交互にやってくるようだよv-403
有るよねぇ。
あたしも最近一日のアップダウンが激しいよぅ。
落ち着きたいけどねぇ。
こればっかりは、どうしようも無いもんねぇ。

芙蓉さん☆

> ユノの子供返り私も気付きました。
> 一緒のこと思ってる人がいたーーと変なところで感動しちゃいました。
うふふ。
ユノの子供返りかわいいですよねぇ。
あたしも、ニヤニヤしてますよー!!一緒ですね!!
> チャミ目線いいですね。
> エロがなくても2Uは甘い!
> ユノの鼻の下が伸びてる顔が目に浮かびます。
えへへ。
そうそう。
さらっと押し倒したところで、チェガン氏にユノが蹴り飛ばされちゃいましたからねぇ。
エロは無かったですが、甘さはめっちゃ制限してません!!
鼻の下伸びきったユノとか素敵じゃないですか!!笑
> 自分もnanaさんのFF読みながら修行の日々です。
> 何本か書いてますが、どうしても長編になってしまって…
> 携帯に個人数人にしか送ってないのでどうしても長くなってしまうんですけどね。
あたしも修行中の身ですよー。
長いお話かけるのは良いことだと思いますよー。
> 今は『ユンジェ』で書いてます。
> 2U→ユンジェ→2U…みたいな感じで交互に書いてます。
> ってか、どっちか書いてると途中で書きたくなっちゃうんですよね。
> 今回は見切り発車的に書き始めたので終わりがないです…
おっ。
ユンジェですか!!
2Uじゃ、JJ幸せにできないですからねぇ。
JJも幸せになってほしいと思うとU→ユンジェ→2Uになっちゃうかもですね。
お話書いてるとほかの話書きたくなりますよね。
あたしもその誘惑に何度もかられます。
が、あたしの場合は、浮気すると前のお話が絶対に終わらせられないので、やらないようにしてるんですがね。
なかなか難しいですよねぇ。
> これからも素敵なお話し待ってまーす(^−^)
ありがとうございますー。
精進します!!

koyamonさあーん☆

> ユノがかわいすぎて、nanaさんのお話の中で一番読んでて照れてしまったよ〜☆
まじで!!
ユノペンさんは恥ずかしいかもなーって思ったけど、やっぱり照れちゃいましたか☆
うふふふ。
> ユノってきっとリアルでこうなんだろうな〜って思ったらニヤニヤが止まらなくなってしまった(笑)
> 心がほわ〜って、自分も幸せになれるお話でした〜♪♪
> 素敵2U&素敵チャミ様、ありがと〜(^0^)/
おおーっ。良かった。
チェガンさんは9割怒ってましたけどね!!
でもさすがに、ユノ最近怒られすぎでかわいそうだ笑
> あ!私もミンスの方が好き〜^^
うんうん。
あたしもー。
あのズンスがお兄ちゃんぶって、色々ベッドの上で教えてあげてるかと思うとテンション上がるんですよー。

あんみさーん☆

> TOP画めっちゃ可愛いですe-266
> 賑やかな5人っていうのが、すっごく良いです〜^^
ありがとうございます。
かわいいですよね!!←妹馬鹿
あたしが書くより、妹が書く方がよっぽどかわいい話が書けるんじゃないだろうかと、思ってやみません笑
> バレンタインにチャミ目線でくるとはっ!
> でも、だからこそ見えるチャミのわだかまりが溶けるところとか、
> とてもあたたかい気持ちで読めました。
> きっとそうなんだろうなって思っちゃいました。
うふふふ。
いつも同じだと飽きちゃうかなぁと思いましてwww
最近読んだ本が、主人公以外が語って行って、主人公の姿が浮かび上がるって話だったので、マネしてみました。
本当は5人ちゃんとそろっていれば、チャンミン以外の2人の目線も入ってきたとおもうんですけどねぇ。
> ユノのお子様っぷりも、うかれっぷりも、かわいぃですな〜v
> でもヤルコト早いしw
> そして2Uがごくごく自然に寄り添っている図が、
> やっぱり幸せ♪
> 2人とも見てるこっちが幸せになるような笑顔でお互いを見てるんだろうな〜と思うと。
ユノは無意識にユチョを見ると押し倒すと信じてます←
そして、とろけるような笑顔のユチョと、それをぼーっと見てるユノはさぞかし幸せそうだろうと思うのですよ。
今でも二人が再開したら、自然に寄り添うと信じたいです。

> お話の中では雪の夜だからかな。
> わたしも今、静かに、幸せを噛み締めてる感じ。
冬の時期って、家に居るとあったかくて幸せじゃないですか。
それがあんみさんにもおすそ分けできてよかったですー。

しまちゃーん!!

> まさにSweet Valentine!
> 外の雪も溶けちゃいそう☆
> 2U幸せそうで、こっちまでうれしくなっちゃう!
> デレデレしてるユノとカワイイユチョン、、、あぁ最高っす!
> リアルで今日はそういう日であってほしいなぁ!
うん。まぁ、リアルはユノ氏速攻日本に行きましたけどね笑
ユノのスケジュールは絶対読めないのですよ。
でもすぐ戻ってきてくれてよかった。
だって、ユチョと会ったかもっていう妄想をする余地はあったから笑
> チャンミン、ミノくんも幸せに!(笑)
チェガン氏ー。
食われてる場合じゃないんだよぅ。
ズンス食ってくれよぅ。

ゆちょみかんちゃーん☆

> ちゃーーーーーみーーーーーーっ!!(´;ω;`)
> いいこだよぉ〜〜!!
> ユノもかぁいい。ユチョもかぁいい。
> だけど、今夜は君がいっちばん愛おしいよぉ。
あ。
チャミに持って行かれちゃった?
ユチョペンは基本チャンミン好きだもんねー☆
> nanaちゃん、甘々FF、ありがと、ありがと♥
うふふ。
甘すぎなかった?
最近辛い話書けなくなってきちゃってるよ笑
> あ、ゆちょみかんも、やっぱりミンスで^^
だよねー。
チェガンには突っ込んで頂きたいよねぇ。
突っ込まれてる場合じゃねぇぞっ!!
> yumiちゃん、すっごい可愛いよぉ〜〜♪
> VD仕様って、もしかして今日だけのトップ??
> いやぁ〜ん;
> もったいないから、しばらくコレでいってねぇ^^
結構頑張ったんですけどね。
妹にホワイトデーまでこれで行こうって言ったんですけどね。
いやぁ。
すっかり忘れてたの。チェガンセンイル←
ってことで、2日の命でしたー。
来年貼るよ!!

ラブちゃん☆

> 甘ーーーーーーーーーーーーーーーいv-24
> 甘過ぎるぅ〜nanaちゃ〜んホントにリアル過ぎて頭の中に絵が浮かんで読めるよv-10
> ユノのデレデレ顔もお口もダラしないのもハッキリ分かる。
> ユノはどんだけユチョナに甘いんだい?しっかりせい!
ねぇ。
でもこんな感じでイベントごとにそわそわしてたらさぁ。
ユチョをデレデレと甘やかしちゃうんかなぁって思っちゃった。
くぅ。2Uだから仕方ないのかなぁ←
> いやぁ〜こっちまでニヤニヤしちゃうじゃないかい〜キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!!!!!!
うふふふー。
ニヤニヤしちゃった?
良かったー☆

ゆうママ☆

> ここんとこ、息子にPCとられ、連休もありで、なかなか遊びに行けなくて淋しかったよ〜(>_<)
ねぇ。
ゆうママ居ないから、雪かき大変なのかなぁとか心配してたよー。
息子さんにPCとられてたのねぇ。
> nanaちゃん、連チャンでFF上げてくれてありがと〜v-238
いえいえー。
ノってる時に書いてしまわないとね☆
> あま甘の二人に、つい、チャミもあてられちゃって、ミノのとこに行ったらどんなんなっちゃうの〜!!
> って余計な妄想までしそうになったわ^^;
まさかの、チャンミノ妄想ですか!!
その後の2Uが、ご飯食べてユノの部屋で踊ったワイルドダンスの方を妄想しようよー笑
> 2Uウギョル!!多分TVでは放送無理だね。ユノが我慢できる訳がない←
はっはっはっ。
そこはうまくカットで笑
編集さんは編集テク上がると思うよー。
> やっぱ、特別撮影隊出さなきゃだめだね 爆
> そんで、とった映像はネットでシークレット販売して・・・と。
> あっという間に大金持ちだから、それで5人の事務所作ろう!←
新しい事務所作っちゃうの!!笑
まちがってAV系の事務所作らないでよー。
シャレにならないから!!

> も〜朝からパボまっしぐらだわ・・・(@_@;)
うふふ。
あたし夜中もパボまっしぐらだわー。
お友達ねー♪

w0000000rld さぁぁぁーん☆

お久しぶりですー。お元気ですかー??
> 2Uがリアルにこんなバレンタインを送っていてくれていたら、いいですね〜
> なんかとっても幸せになりました!
えへへ。
チャンミン目線なので、意味わからないとか言われたらどうしようと思いましたが、幸せおすそ分けできて良かったですー。
ユノ、超忙しいと思うけど、せめてユチョの事を思い出してくれてると良いなぁ。
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR