fc2ブログ

RAIN33 LAST(2UFF)

2U13


終わりの記事の写真はこれ!!って決めてたので、ぺたり。

やっと終わりました。

結局33話まで来ちゃいましたね。


長い間お付き合い、本当にありがとうございました。

nana的に初めての長期連載だったので、本気で終われるか途中何度も心配しましたが、無事終わらせられました。

はぁ。良かった。


このお話は、凄く思いいれが出来たお話でした。

このタイトルで検索されると言う、本当に嬉しい事件も起きましたし。

もうちょっと続けようかなぁって思ったんですが、人間引き際が大切ですよね。



何はともあれ。

最後まで読んで頂いた皆様。
本当にありがとうございました。



最後は凄い長いです。(2話分入ってます笑)

携帯からの閲覧は難しいかなぁと思ったのですが、ごめんなさい、わがままを通します。


それでは、最後のお話は追記からどうぞ。

感想いただけると嬉しいです。










いかがでしたか?
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

2つ前の記事に妹が、アンケート取ってます。
そちらにもコメいただけるとめっちゃ嬉しいです。



さて。
うっかり32話作りながら、次のお話の冒頭部分だけ作っちゃったんですよ。

でもなー。
その直後にユチョが真の正妻の余裕をさらっと見せてくれましたしねぇ。
状況が変わっちゃったので、修正しなくちゃいけなくて。

気が向いたらUPします笑
web拍手 by FC2
しばらくうとうととしていると、カチャとドアが開いた。

視線だけで入り口を見るとジュンスがスタスタとベッドの端に来ていた。

「大丈夫?」

そう俺を安心させるように、ゆっくりと話す。

「あ、ありがと」

「で、ユチョン、ユノヒョンとやったんだって!凄かったでしょ!!」

ニコニコとジュンスが同意を求めてきた。

本日二度目の同じ質問に、コクコクとうなずく。

やっぱり、ジュンスはユノヒョンとやったことがあるんだ。と、ユノヒョンの節操を疑いながら。

「もうねぇ。凄いよね。お尻上がっちゃうくらいガンガン突いてくるもんねー、うきゃん。俺今日チャンミン呼ぼ
う♪」

「ははは、うん。凄かった。ってか、皆激しいSEXしてたんだね」

一人テンションが上がってるジュンスを見ながら、ユノヒョンが俺が初心者だからって手加減してくれたのが分か
った。

「それにしてもさー、あの糞プロデュサー最悪だったよね。ユチョンが一番被害にあってたけどさぁ。結構ジェジ
ュンヒョンも被害にあってたしさー。何より、なんかボディタッチが多かったよねぇ。触るだけならまだ耐えれるけどさぁ。あの加齢臭と香水が混じった臭いにおいと、手が油でベタベタするのが気持ち悪くてさぁ」

「あー、うん。アレ厳しかった」

「だよねぇ!僕あれが嫌で、あのプロデューサーと同じ空気吸わないようにしてたもん!」

「しかも、僕とユノヒョンには絶対に触って来なかったんですよね」

「あ、チャンミン!」

ジュンスがあのプロデューサーがどれだけ嫌だったかを語っていると、ドアが開いてチャンミンが入って来た。

「そうそう。俺とジュンスとジェジュンヒョンにだけ、やたら触ってきてたね。あのオヤジ」

「そう!だから僕、あいつが来たらチャンミンに庇ってもらってたの!」

そう言いながらチャンミンの腕にジュンスは抱きついた。

そんなジュンスを見るチャンミンの笑顔はとても優しくて、二人が本当に幸せなのが解った。

「でも、今日のは酷かったですね。大丈夫ですか。ユチョニヒョン」

「う、うん。全然。あんなの気にしてないよ」

全く気にならないと言ったら嘘になる。

でも、こんなことで二人を心配させたくなくて、俺は強がった。

「そうだねー。ユノヒョンでしょ、そのキスマーク。俺達が帰ってくるまでずっと慰めてもらってたんだもんねー」

うふふとジュンスは笑う。

確かに。大好きなヒョンに慰めてもらったし。俺は平気だ。そう思うと俺もつられて笑った。

チャンミンは一瞬目を張り、すぐに目を細めると、一緒に笑った。

「あー、俺もお腹すいたー。ちょっとチャンミン食べてくる。チャンミン行こう!」

マイペースに溜めていた鬱憤を全て吐いてすっきりしたらしいジュンスは、呆然とするチャンミンをずるずると引きずりながら部屋を出て行った。



「ユチョン!ユチョン!」

気が付くと、またジェジュンヒョンに起こされていた。

「ごーはーんっ」

エプロンにお玉を持ったジェジュンヒョンが俺を起しに来た。

「ご、ごめんなさい。下に降りれないから、俺パス」

「そんな事言うだろうと思って、犯人連れてきた。ユノ!ユチョナ下まで運んで!」

はいはいと言いながら、ユノヒョンは俺の膝と腋の下に手を入れるとひょいと俺を持ち上げた。

ユノヒョンは俺の頬に、自分の頬をくっつけるとご機嫌で、俺をキッチンまで運んでくれる。

ユノヒョンが上座。

ジェジュンヒョン、俺。ジェジュンヒョンの向かいにチャンミン、俺の向かいにジュンスと言ういつものメンバー
で食卓を囲む。

なんだか久しぶりな家族の団欒。

「あれ?ワカメスープ?」

ジュンスがワカメスープを訝しげに見た。

そう言えば。ジェジュンヒョンはワカメのスープはお祝い事の時にしか作らない。

「今日、何かあったんですか?ジェジュンヒョン?」

チャンミンも不思議そうにジェジュンヒョンに尋ねている。

「ほら!今日はユチョのロストヴァージンお祝いだから、ワカメスープでお祝いだよ!」

「だから、こんなに豪華なご飯なんですねぇ。僕、おいしいご飯がたくさん食べれるなら、なんでも良いからお祝
いしたい気分ですよ」

「ちょっ、ジェ、ジェジュンヒョン」

凄いしてやったりな顔をしたジェジュンヒョンがニコニコとぶっちゃける。

親切なのか、嫌がらせなのか全く解らなくて俺は頭を抱えた。そして、また急に動いた刺激で腰に疼痛が走る。

チャンミンは久しぶりのご馳走を心底嬉しそうに平らげている。

「凄いねユノヒョン!こういうお祝いってあるんだねー。僕も初めての時に誰かに言えば良かった!」

今度は本気の顔をしたジュンスが真顔でユノヒョンに変な事を言い出した。

「そうだなぁ。やっとけば良かったかなぁ」

真剣な顔をして、真剣に悩むユノヒョンを見て再び俺は頭を抱えた。

「えーっ、ずるーい!俺もお祝いしてー」

と、二人の中に割り込んでいくジェジュンヒョン。俺は恥ずかしくてたまらないのに、3人はきゃっきゃと初めて
の時の話に花を咲かせていた。

恥ずかしくて、今すぐ逃げ出したい気分に駆られていると。

「そう言えば。来週もあのプロデューサーに会うと思うと、ブルーになるよねぇ」

さっきの話をジュンスが蒸し返した。

「うん。俺もうヤダ」

思わず本音が口を突いた。

「ああ。それなら大丈夫。もうあのオヤジが俺達の前に現れることはないよ」

ユノヒョンはおいしそうにワカメスープをすすりながら、天気の話をするように話した。

「えっ?ユノどういうこと?」

「ああ。事務所から圧力かけた。あと、セキュリティーも強化するから、しばらく個人行動は慎めよ。特にユチョ
ンとジェジュン」

「そうなんだ」

あまりの話に、ジェジュンヒョンがぽかんとした顔で呟いた。

俺もユノヒョンの手際の良さに、ぽかんとしてしまう。

さっきあの糞プロデューサーを蹴り上げながら電話していた先は、事務所だったのか。

あの状況で、あの数分で事件を解決してしまっていたんだ。

本当に頼りになるなぁ。

と、ユノヒョンを見ていると。

「やだぁ、ユチョンったら。エロい目でユノヒョン見てるー」

ジェジュンヒョンが叫ぶ。

「ち、ちがっ」

思わず否定の言葉が口をついた。

「えっ?じゃ、ユノヒョン嫌いなの?」

「そっ、そんな訳ないじゃないですかっ。大好きですよっ」

思わず敬語で叫んでしまった。

一瞬ジェジュンヒョン以外の皆の動きが止まり、意味が理解できたのか、ニコニコと笑った。

「ありがとう、ユチョナ」

ユノヒョンはとても男らしい笑顔で笑った。

俺は、その笑顔に見とれて、また動きが止まる。

「あーあー、バカっぷるなんだからー。信じられない」

言葉はきついが笑顔のジェジュンヒョンは、ご飯を食べ終わった俺達を見て「ユノ、ユチョンお持ち帰りして良い
よー。だから、チャンミン一緒に寝よう!」と笑顔で都合の良い提案をする。

向かいでジュンスが、「ダメっ、今日チャンミンは俺と寝るのー」と、返す。

「えーっ、チャンミン、お兄ちゃんとたまには寝ようよー」と、にぎやかな会話をよそに、俺は再びユノヒョンに
抱きかかえられてユノヒョンのベッドに戻った。


「長い一日だったな。ユチョナ」

まるでお姫様のように大切にベッドに寝かされると、ユノヒョンは俺をいたわるように呟いた。

俺はこくんと首を縦に振った。

「ジェットコースターみたいな一日でした」

正直に今日の感想を告げる。

ユノヒョンはベッドヘッドに置いていた煙草を取り出すと「吸うか?」と言うジェスチャーをする。

一瞬考えて、今座るのはきついと判断した俺は首を今度は横に振る。

そうか、と呟いてユノヒョンはおいしそうに一服した。

煙草の煙はユノヒョンから離れると高いところに向かって登っていき、やがて消える。

部屋にはユノヒョンの煙草の香。

空調が完璧に整った部屋の向こうには、しとしとと音を立てずに雨が降っていた。

音の無い雨は、俺の心のドロドロとしたものを洗い流してくれたようだった。

心の底から、この静かな空間に癒される。

ぼぅっと外を見ていると、ユノヒョンが俺の隣にもぐりこんできた。

本当に自然に、俺を胸に抱きかかえる。

ユノヒョンの胸は大きくて、とても安心して俺は目をつぶった。

すると、とても静かな穏やかな声で、ユノヒョンが話しかけてきた。

「ユチョナ、この前あの子の四十九日だったんだ。あの子はちゃんと天国に行けたかなぁ」

「行けてるよ、とっても良い子だったんでしょ」

俺はユノヒョンをぎゅっと抱きしめた。

「うん。とっても良い子だった。明るくて、素直で」

「たった五年で、神様が手元に戻したくなる子だったんだから、今頃天国で笑ってるよ」

ユノヒョンは俺の肩口に顔をうずめると「そうだよな」と呟いた。

「そうだ、ユノヒョン。明後日のお休みはあの子のお墓参りに行こう」

俺はユノヒョンを引き剥がすと、ユノヒョンの目を見て言った。

やはりユノヒョンの表情は少し暗くなっていて、眉毛が下がっていた。

今度は俺がユノヒョンの頭を抱きかかえると。

「ね。まだ一度も行けてないでしょ。お墓参りして、顔出してあげよ」

胸に濡れた感覚が少しした。

ユノヒョンの肩が微かに揺れる。

しばらく背中をさすっていると、静かにくぅくぅと寝息が聞こえてきた。

「ヒョン、愛しています」

俺はヒョンの耳元にそう呟くと、優しい雨に包まれて、俺も静かに夢の国に入っていった。


END
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

再確認

ジェジュン氏に続きジュンス氏までも ”凄かったでしょ”
一言、前の「大丈夫」と間逆じゃん!
前作でnanaさん御本人おっしゃっていた様に
最中のユノ氏は間違いなく真の悪魔ですね。
悪魔は己の美しさで地獄へ誘惑するけれど
ユノ氏は己のテク(特に腰使い?)で底なしの地獄(ある意味天国)
に誘い込み、逃げられなくするのですねぇぇぇぇ。
天国 と 地獄 の間
ふたりは 煉獄 にいるのかな?

とうとう・・・。

最終回が来てしまいましたね。寂しいなぁ。
うちとけてからのジュンスはずいぶんぶっちゃけてくれますね!
しかし、「あー、俺もお腹すいたー。ちょっとチャンミン食べてくる。」に一番大ウケしました。
5人の食卓もなんだか暢気にぶっちゃけてるけど、微笑ましいし。
ユチョはユノに依存するだけじゃなくて、ユノのことも包んであげてるんですね〜。
なんだか本当に恋人同士になったんだねって感じがします。
nanaさん、大作お疲れ様でした。
もう次回作も!?また楽しみにしてます♪

nanaさん、お疲れ様でした!

結ばれるまでは、儚げで心細げな乙女だったユチョン。
だからこそユノはあんなに気を使ってすごく時間もかけたんですよね。
そのユチョンがユノの愛を心と体でしっかり確認すると、ラストでは愛する人の心をそっと、でもしっかりと支えられる恋人になっていましたね!
大切な場面で背景に降っている雨が印象的でした。
RAINってタイトル、秀逸です!
ユチョナ、ずっと不安そうだったあなたにやっと自分に対する自信が生まれてきたようでうれしいです。
どんなときもリーダーとして頑張りすぎるくらい頑張ってるユノを、どうかあなたの優しさで守ってあげて下さい!!
最高に愛しくて美しい「バカっぷる」2U誕生の物語はとても読み応えがありました。
2人のこれからの物語もぜひ読んでみたいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お疲れ様でした♪♪
1話からダーっとみて参りました!!
ほんと、面白かったです。
また次のお話も準備してるんですか??
すっごくすっごーーく楽しみにお待ちしてます☆☆
ほんとに、読ませていただいてありがとうございます!!

nanaちゃん!

とってもほっこりさせていただきましたー^^ そしてご馳走様ー!!
あんなに激しいエロを経ても、ユチョったら可憐乙女だねぇ。
いやむしろ、乙女度激増だわ。
乙女っぷりが復活した感のあるドラマ会見で見たユチョ♡
なんかもーすんごいリンクしちゃってるじゃないっすか!!!
5人で食卓囲んで楽しそうにしているところ、ウルッときちゃったし。
・・・ババァは涙腺が弱いのよー。
nanaちゃんありがとうね!そしてお疲れ様でした^^
次作、楽しみにしてるよー♪
2Uは永遠〜♡

優しい雨

nanaさま、あんにょんです。
ついに最終回を迎えてしまいましたね(感涙
とっても素敵なお話を、本当にありがとうございました。
ユノとユチョが互いに支えあって、守って、包み込んで。恋人になって。家族も彼らを優しく受け止めて…
1話から読んでて、あぁユチョ泣かないで!!ユノ早く迎えに来て!とか。
JJあんた最高だよ!!チャミやるなぁ〜しあたん可愛いとか。よかた間に合った〜2Uエロっ。
そしてほっこり、気持ちが暖かくなり思わずウルッ…
いろんな思い出があります。すごくのめりこんで読んでました。最高です。
nanaさまの2Uへの愛、5人への愛が感じられて嬉しかったです^^
本当にお疲れ様でした!ありがとうございました♪
次回作も、楽しみにしております。2U万歳ヽ(*´∀`)ノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
いつも、ブログ拝見させていただいてます。
RAINがLASTを迎えたら、初コメしようと決めてました。
RAIN、本当にずっと楽しみにしていました。
もうゆちょんが可愛くて可愛くて、ゆのが男前でエロくて
いつもきゃぁきゃぁ言いつつ読んでいました。
書かれているその場面をリアルに想像して
「やっぱ、2Uは神だな・・・」と何度呟いたか・・・
終わってしまって残念ですが、また素敵なお話読ませてくださいね。
遅くなりましたが承認、ありがとうございました。

ユチョナ良かったね!

終わってしまいましたかー。
よし!もう一回最初から読み直し決定。
しかしユノさんどんだけすごいんでしょうか?
とても気になります。
そしてジェジュペンの私としては
ユノ×ユチョン
ジュンス×チャンミン
で、残っちゃったジェジュが気になります。
適当にチャンミンにちょっかい出して発散するのでしょうかね。。?
(混ぜてくれないかなぁ)
これからも楽しみにしてまーす。
(あ、プレッシャーかけてないですから!)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました☆

nanaさん、お疲れ様〜♪
素敵なお話ありがとうございました。
最終話は5人の幸せな雰囲気が伝わってきて、あたたかい気持ちになれました☆
ユチョ、本当によかったね♡あたしも本当に嬉しいよ。
2Uばんざ〜い♪
次の作品も楽しみにしてます。

nana社長お疲れ〜♪

Last めちゃ良かった。
2U最高!
ユノがユチョンを胸に抱きかかえる、これいいなぁ〜(>_<)クワァ〜!
Rainの2Uは優しいユノと可愛いユチョのメロディとハーモニーRainマンセー!
2U好きhitotonには最高のご馳走でした。ありがとう♪
月日が流れてユノがユチョの座布団にされませんように(-人-)イノリ!
え〜っと・・・
コメってる、るいちゃんに一言!
ババァは涙腺が弱い!?
何をおっしゃいますか、ユノのタイプの女性、松 たか子似さんのくせに←マジデ!
ババァは涙腺が弱い!これhitotonの為の言葉だよ(爆)
それから、あこちゃん
ユノ悪魔!そうユノは下半身がハンパなく悪魔くんなんです←キッパリ!(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ様でした

nanaさん こんにちは
最終回お疲れ様でした!
ワカメスープ一緒に飲みたいよー
最後はしっとりとじーん・・・
また最初から通しで読もうっと。
私事ですが・・・
「ライン」という単語を仕事でよく使います。
最近は「ライン」と入力すると
「RAIN」が筆頭変換になってしまいましたヨ。
どうでもいいですね、こんなこと。
次回作楽しみにしてますね〜

お疲れさまでした。

ただただかわいいとしか例えようのない少年ゆちょと
今とを比べるとゆちょは最近はかなり男っぽくなりましたよね?
ゆののお好みが少年ゆちょとすれば
ゆちょへの気持ちに多少変化があっても不思議はないですよね?
でもそんなこと全然なくて・・・
逆に信頼感が増している感じで。
それがRAINのラストとリンクしてる気がしてすごくステキでした。
終わっちゃうの寂しいな・・・
ひとまず・・・清く正しく美しく2Uしていた私に新たな道を教えてくれた
nanaさんとRAINに感謝します(笑)
みみせん的にはコメファン会長と言わせていただきたいぐらい
みなさんのコメントも最高でした。
次回作期待してします。でも無理はしないでくださいね。

良かったぁ〜♪

nanaしゃーん♪
ちゃんと読みましたよ。
と言うか、読んでましたよ(笑)
2Uの世界が5人の世界がどんどん広がっていって。
nanaしゃんの5人への愛をたっくさん感じました。
2Uのあの結ばれた瞬間・・・。
私のユノ像に変化が訪れました。
私はホミン好きですが(笑)ユノのアレはあんまりイケてないでしょう派でした(爆)
でもnanaしゃんのRAINで、本当はイケてるんじゃないの?派になりました(爆)
そう思わせる、体感出来る良い感じなお話でした。
まぁ、入り込んじゃって自分ユチョになってたんですけどね(笑)
nanaしゃん、楽しい時間をありがトン♪
また来まーす。

nanaさん、お疲れ様でした!

いつもコメしようと思いながら読み逃げばかりで…
初コメになってしまいました><
ユチョに激しく感情移入しながら毎回大騒ぎ!
ユノの愛を心と身体で全て受け止めましたょ*^^*
…感情移入どころかユチョになりきってる痛い女><;
エプロン姿でおたまを持っているジェジュンの姿を想像したら萌え〜!
それと5人で楽しく食卓を囲んでる場面はほっこりしました^^
ラストで平穏な生活が訪れて本当によかった…(泣)
『RAIN』本当に楽しく読ませていただきました♪
ありがとぅ♪♪
次作も楽しみに待っててもいいっすか〜?

nanaしゃん、ありがとう☆

nanaしゃん、お疲れ様でした。
とうとう終わっちゃいましたね。淋しいです。
でも、優しい終わり方で、心は、ほんわかです。
また、1話から読もうかな。
nanaしゃん、サランヘ〜v-238

おつかれチャンミーン!!!

nanaしゃんしょんしゃ〜ん!ホス!
途中はさ、ユノ君にイライラしたりつんつんズンスに萌え萌えしたり大変だったけど、
2uが上手く収まってくれてよかたよ♡
ホントよかた♡
最初の亡くなった女の子との事もユチョが側にいてくれる事できっと受け入れる事ができたんだね。
甘えるだけじゃない、ユノ君を支えてあげれるユチョンが大好き。
…あとね、私ガールズトークめっちゃ好きみたい。
最初のユチョとズンスの会話最高だったよ。←かなり聞き逃せない内容(ズンス、チャ見で満足?)
(まぁ、これはホス萌えもあるんだけどね)
ユチョも可愛かったけどズンスも可愛かったぁ♡
やっぱミンスのスピンオフ見たいなぁ…。
エロシアたんに翻弄されるチャミ助見たいなぁ…。
いつか時間と気力があったらお願いします!←土下座
nana先生、長い間おつかれ山でシア!
うは〜ん♡
次もめっちゃ楽しみ☆

大好きでした♪ありがとう・・・

nana♪しゃ〜〜〜〜ん
ありがとう♪あ〜〜〜んどお疲れさまでした!!!
最後まで素敵でした♪
お子ちゃまhisamamaとか言いながら・・・完全にnana♪しゃんの虜になってましたよ♪
「そんな事言うだろうと思って、犯人連れてきた。ユノ!ユチョナ下まで運んで!」
これに萌えちゃいました・・・
ちょっとは大人になれたかな・・・・?しゃっちょさん??
またこんな感動をお願いしますね♪
しかし・・・またfureko♪さんの後??
なんちゅう〜ご縁かシア?・・・・・やっぱり感染した・・・

thehisamamaさん…

そんなに嫌?(笑)
私の後はそんなに嫌か?
これはさ、シアペンになれって事ですよ☆
シア語も順調に感染してる事だしっ(テヘっ)
今になにより先にズンスが一番先に瞳に写りこんでくるからっ♡
ズンスのせいでお目目がつぶれちゃうよ?
ドキドキしすぎて♡
ふはははは。
勧誘してみまシア。
(絶対なびかねーだろうな)

fureko先生に一言!

先生!ひさちゃんのシア語おかしくねぇ?
ちゃんと指導お願いしまシア!(笑)

あにょ

ね、私も思ってた(笑)
たぶんまだ完全にシア病感染してないんだと思う。
体内でユノ抗体が必死こいて抵抗中なんだよ。
様子見だな、これは…。

あこさん☆

> ジェジュン氏に続きジュンス氏までも ”凄かったでしょ”
> 一言、前の「大丈夫」と間逆じゃん!
はっはっはっは!!
nanaさんの言葉を信じちゃいけない。
頻繁にひっくり返りますよ!!
> 前作でnanaさん御本人おっしゃっていた様に
> 最中のユノ氏は間違いなく真の悪魔ですね。
そうなんです。奴は悪魔ですよ。絶対!!
> ふたりは 煉獄 にいるのかな?
この1行にめっちゃテンションが上がりました。
二人で居るなら、煉獄の方が良いと思います。
二人で燃えるなら、本望でしょう。

あんみさーん☆

> 最終回が来てしまいましたね。寂しいなぁ。
そうですねぇ。
2ヶ月掛かりましたからねぇ。
あたしも、なんだかんだで寂しいやらほっとしたやら。
> うちとけてからのジュンスはずいぶんぶっちゃけてくれますね!
> しかし、「あー、俺もお腹すいたー。ちょっとチャンミン食べてくる。」に一番大ウケしました。
> 5人の食卓もなんだか暢気にぶっちゃけてるけど、微笑ましいし。
なんか、こんな話も包み隠さず話してたら良いなぁ、って思って。
ジュンスは隠さなさそうですよね。
チャンミンはおいしく頂かれたことでしょう笑
> ユチョはユノに依存するだけじゃなくて、ユノのことも包んであげてるんですね〜。
> なんだか本当に恋人同士になったんだねって感じがします。
そうなんです。
実はこのお話、テーマがあってそれがシェルターだったんですよ。
なので、イメージ曲はチョンジェのシェルターで笑
二人がお互いのシェルターになるってのがテーマだったんですね。
最後書こうと思ってたんですが、書くの忘れちゃって。
こっちで書いてしまいました笑
> nanaさん、大作お疲れ様でした。
> もう次回作も!?また楽しみにしてます♪
まじっすか!!
長編は難しいかもですが。
短いのは上がりましたので、どうぞご笑覧下さい笑

Sarahさん☆

> 大切な場面で背景に降っている雨が印象的でした。
> RAINってタイトル、秀逸です!
気づいていただいてありがとうございます。
どちらかと言うと、ユチョが辛い時に降ってた雨が、最後はユチョを癒してくれるってのが書きたくて。
タイトルがRAINになったんですよ!
そこを拾っていただけて、嬉しかったです!
> ユチョナ、ずっと不安そうだったあなたにやっと自分に対する自信が生まれてきたようでうれしいです。
> どんなときもリーダーとして頑張りすぎるくらい頑張ってるユノを、どうかあなたの優しさで守ってあげて下さい!!
そうですね。
少しだけど、自信が出てきましたね。
これから、ユノにどう育てられるのか。
楽しみですね。
> 最高に愛しくて美しい「バカっぷる」2U誕生の物語はとても読み応えがありました。
> 2人のこれからの物語もぜひ読んでみたいです!
頑張ります!
バカっぷるって言われた笑
でも事実バカップルですもんね!
これから先もバカっぷるで居てほしいなぁ。

鍵コメN様☆

全部読めましたか!!
こんな長いお話にお付き合いいただき、本当にありがとうございます!!
短いお話がUPできましたので、どうぞご笑覧下さい!!

うらのおもてのうら様ー☆

> お疲れ様でした♪♪
> 1話からダーっとみて参りました!!
> ほんと、面白かったです。
まじですか!!
あたし、メモ帳に打ち込んでたんですが。
結構飽きるくらい長かったですよ!
面白いって言って頂けると、めちゃくちゃ嬉しいです。
> また次のお話も準備してるんですか??
> すっごくすっごーーく楽しみにお待ちしてます☆☆
> ほんとに、読ませていただいてありがとうございます!!
こちらこそ、読んで頂いてありがとうございました。
次の短いお話をUpしましたので、ご笑覧いただけると嬉しいです!

るいままー☆

> とってもほっこりさせていただきましたー^^ そしてご馳走様ー!!
良かったー。
お口にあってよかったです!!
> あんなに激しいエロを経ても、ユチョったら可憐乙女だねぇ。
> いやむしろ、乙女度激増だわ。
> 乙女っぷりが復活した感のあるドラマ会見で見たユチョ♡
> なんかもーすんごいリンクしちゃってるじゃないっすか!!!
うふふふふ。
ユチョ、ユノと電話でもしたのかなぁ。
ユノがちょっと充電されてるな、って思いました。
早く充電満タンになるといいなぁ。
そしたら、もっと可愛くなると思うんですよ!!
> 5人で食卓囲んで楽しそうにしているところ、ウルッときちゃったし。
> ・・・ババァは涙腺が弱いのよー。
そうかー。
でもババァじゃないと思うんですよー。
5人の家族の団欒。復活すると良いですよねぇ。
> nanaちゃんありがとうね!そしてお疲れ様でした^^
>
> 次作、楽しみにしてるよー♪
>
> 2Uは永遠〜♡
はーい!
がんばりますー。
2Uフォーエバーですね☆

ゆいこさん☆

あんにょんです!
> ついに最終回を迎えてしまいましたね(感涙
> とっても素敵なお話を、本当にありがとうございました。
はい。もう最後までお付き合い頂いてありがとうございました。
> ユノとユチョが互いに支えあって、守って、包み込んで。恋人になって。家族も彼らを優しく受け止めて…
> 1話から読んでて、あぁユチョ泣かないで!!ユノ早く迎えに来て!とか。
> JJあんた最高だよ!!チャミやるなぁ〜しあたん可愛いとか。よかた間に合った〜2Uエロっ。
> そしてほっこり、気持ちが暖かくなり思わずウルッ…
> いろんな思い出があります。すごくのめりこんで読んでました。最高です。
なんかゆいこさんのコメを見て。
必死に書いてたから忘れてたけど。
そうですよね。
ユノ早く迎えに来て!!とか、つんつんジェスとかめっちゃ優しいチャンミンとか。
色々ありましたねぇ。
長編は、長編なりのメリットもあるんだなぁって思いました。
ゆっくり書けるぶん、じっくり度があがりますもんね。
長いのまた書こうかなぁ。
> nanaさまの2Uへの愛、5人への愛が感じられて嬉しかったです^^
良かった!!
これが伝わったのが、めっちゃ嬉しいです!!
> 本当にお疲れ様でした!ありがとうございました♪
> 次回作も、楽しみにしております。2U万歳ヽ(*´∀`)ノ
はーい!!
頑張ります!!
長い間お付き合い、ありがとうございました!!

鍵コメB様!

こんばんはー。
> でもね、正直言うと終わってほしくないの・・・寂しいよ〜〜(泣)
> 毎日楽しみに覗いて、「今日はどんな??」が終わってしまうのかと
> 思うと、すんごく寂しい。
まじっすか!!
そっちゅう更新が止まってごめんなさい。
次は、全部書き終わってからUPしようかなぁ。
毎日楽しみにしていただけたとか、本当に光栄です!
> しか〜し!生み出すnanaさんにとっては大変なものだものね、
> そして、このお話は終わりで、また違うお話がいつかスタートする事を
> 首を長〜くして大人しく待ちますです!
えへへ。
長編は心の準備が要るので、いつになるかわかりませんが。
短いお話をUPしましたので、ご笑覧下さい。
> 本当にお疲れさまでした&本当に楽しい優しい時間をありがとう。
いえいえ。
本当に、お付き合いありがとうございました。

りんさん☆

> こんばんは、初めまして!!
> いつも、ブログ拝見させていただいてます。
> RAINがLASTを迎えたら、初コメしようと決めてました。
まじですかー。
いやぁ、最後までUpできて本当に良かった。
> RAIN、本当にずっと楽しみにしていました。
> もうゆちょんが可愛くて可愛くて、ゆのが男前でエロくて
> いつもきゃぁきゃぁ言いつつ読んでいました。
良かった!!
次回作があったら、リアルタイムで感想いただけるとうれしいので、遠慮なくコメ入れてくださいね!!
> 書かれているその場面をリアルに想像して
> 「やっぱ、2Uは神だな・・・」と何度呟いたか・・・
ふふふふふ。
ですよね。
2Uは神ですよね。
> 終わってしまって残念ですが、また素敵なお話読ませてくださいね。
>
> 遅くなりましたが承認、ありがとうございました。
はい!
がんばりますよー。
こちらこそブロとも申請ありがとうございました!!

yunyun39さん☆

> 終わってしまいましたかー。
> よし!もう一回最初から読み直し決定。
結構長いので、お時間の有る時に読み直してくださいね。
あたしもミンススピンオフのために、ちょっくら読み直そうと思います!!
> しかしユノさんどんだけすごいんでしょうか?
> とても気になります。
あたしも知りたいです。
意外に凄いのはアフタフォローだったりして笑
> そしてジェジュペンの私としては
> ユノ×ユチョン
> ジュンス×チャンミン
> で、残っちゃったジェジュが気になります。
> 適当にチャンミンにちょっかい出して発散するのでしょうかね。。?
> (混ぜてくれないかなぁ)
そうそう。
最終回。
2Uが寝室に消えたあと、ミンスの邪魔をしまくって結局させなかったらしいですよ。ジェジュンヒョン。(ここでネタバレ)
うちの、JJはリダとくっついてるのであまってないですよー。大丈夫です♪
> これからも楽しみにしてまーす。
> (あ、プレッシャーかけてないですから!)
はーい。
大丈夫です、プレッシャーじゃないので笑
お気使いありがとうございました。

鍵コメM様☆

いえいえー。
最初カギコメじゃなかったので、めっちゃ嬉しかったんですが。
そうか、メアドかぁ。
と思って、最初のは泣く泣く削除しましたが!!
鍵かかってないとめっちゃうれしいので、次は勇気を出してコメントよろしくお願いします!!
皆絡んでくれるので、楽しさ倍増ですよ!!

みゆちょんさん☆

> nanaさん、お疲れ様〜♪
> 素敵なお話ありがとうございました。
ありがとうございます!!
> 最終話は5人の幸せな雰囲気が伝わってきて、あたたかい気持ちになれました☆
最後は絶対5人で!
って決めてたので、幸せな雰囲気が出せてよかったです。
ほんと、ジュンスがつんつんしたままだったらどうしようって本気で思ってましたが。
やっぱりジュンスは良い子だった。
> ユチョ、本当によかったね♡あたしも本当に嬉しいよ。
ふふふふふふ。
そう。やっぱりユチョは幸せになってもらわなきゃ。
ユノに可愛がられて、ね。
> 2Uばんざ〜い♪
>
> 次の作品も楽しみにしてます。
はーい、がんばります!!

おんにー!

> Last めちゃ良かった。
> 2U最高!
まじで!!
めっちゃ嬉しい。ありがとう!
> ユノがユチョンを胸に抱きかかえる、これいいなぁ〜(>_<)クワァ〜!
実はねぇ。
あたしがやってもらいたいの。これ。
いいなぁ。あたしがやってもらいたい。あの胸に顔突っ込みたい。
> Rainの2Uは優しいユノと可愛いユチョのメロディとハーモニーRainマンセー!
> 2U好きhitotonには最高のご馳走でした。ありがとう♪
ありがとー!
結構ユチョが酷い目に合いまくったけど、このラストだから万事オッゲーだよね!!
> 月日が流れてユノがユチョの座布団にされませんように(-人-)イノリ!
あー。
それは・・・合掌。
> ババァは涙腺が弱い!?
> 何をおっしゃいますか、ユノのタイプの女性、松 たか子似さんのくせに←マジデ!
まじで!!
るいまま松さん系!!
めっちゃ美人じゃん!!

> ババァは涙腺が弱い!これhitotonの為の言葉だよ(爆
あ。
あたしも涙腺結構脆い。
hitotonさん!あたしも仲間だよ!!
> それから、あこちゃん
> ユノ悪魔!そうユノは下半身がハンパなく悪魔くんなんです←キッパリ!(笑)
ですよねー。
頭は天使なもんだから、博愛主義でしょ。
下半身は壮絶にケダモノだから、それがタッグ組んでるからもう大変さぁ!!

鍵コメH様♪

> 乙女なユチョン君、メチャメチャつぼでした。
うふふふ。
やっぱりユチョは乙女に限りますよね!
> やっぱ、いいですね、「2U」は・・・・・
ええ。
本当に2U大好きなんですよ!!
2U最高です。
> 次のお話も楽しみにしております。
> また、遊びに来させていただきまぁ〜す。
ありがとうございます☆
次も頑張ります!
また遊びに来て下さいね!!

zunocha70☆

zunocha70さんあんにょんです。
ありがとうございます。やっと終わりましたー!!
> ワカメスープ一緒に飲みたいよー
> 最後はしっとりとじーん・・・
> また最初から通しで読もうっと。
うふふふ。
ワカメスープ。JJのことだから、ラー油が浮いて赤そうですよね。
最後はちゃんと、ユチョも甘えるだけじゃなくて、ユノを支えるってのが目標だったので、目標達成できてよかったです♪
> 私事ですが・・・
> 「ライン」という単語を仕事でよく使います。
> 最近は「ライン」と入力すると
> 「RAIN」が筆頭変換になってしまいましたヨ。
> どうでもいいですね、こんなこと。
> 次回作楽しみにしてますね〜
お仕事でラインって、技術系ですかね?
ってか仕事場のPCがRAINになっちゃうって。
仕事場から見ていただいてるんですか?
他の人に見つからないように気をつけてくださいね笑
次回も頑張りますよ!
ありがとうございます!!

みみせんさん☆

あんにょんです!
> ただただかわいいとしか例えようのない少年ゆちょと
> 今とを比べるとゆちょは最近はかなり男っぽくなりましたよね?
男っぽく・・・。
とりあえず、ユチョは年に3歳年をとるって信じてます。今30代中盤なハズです。←
> ゆののお好みが少年ゆちょとすれば
> ゆちょへの気持ちに多少変化があっても不思議はないですよね?
> でもそんなこと全然なくて・・・
> 逆に信頼感が増している感じで。
そう!!
そうなんですよね!!
なんだろう、長年連れ添った夫婦な感じになってきてるって言えば良いんですかね。
もう見た目じゃないんだろうなぁ。って思ってます。はい。
> それがRAINのラストとリンクしてる気がしてすごくステキでした。
> 終わっちゃうの寂しいな・・・
おおー!!
そう解釈して頂けると、めっちゃ嬉しいです!!
終わるのは寂しいですね。
でもこの二人の物語は、今も続いてますからね。
まだまだいっぱい書きますよ!!
> ひとまず・・・清く正しく美しく2Uしていた私に新たな道を教えてくれた
> nanaさんとRAINに感謝します(笑)
> みみせん的にはコメファン会長と言わせていただきたいぐらい
> みなさんのコメントも最高でした。
> 次回作期待してします。でも無理はしないでくださいね。
はーい!
ありがとうございます。
無理はせずに更新しますね!
ってか、みみせんさんの2Uは清く正しくだったんですね!!
うち清くが無かったなぁ。最初から笑
コメファン会長!!
うち、一番の売りがコメ返ですからね!!
会長頑張って、あおってあげてください笑

うたちゃみさーん☆

> nanaしゃーん♪
> ちゃんと読みましたよ。
> と言うか、読んでましたよ(笑)
まじっすか!!
ありがとうございます!!
お話書いてらっしゃる方に見ていただくって、嬉しい+緊張が走ります笑
> 2Uの世界が5人の世界がどんどん広がっていって。
> nanaしゃんの5人への愛をたっくさん感じました。
えへへ。
なんだかんだで、5人が居なきゃ嫌みたいですあたし。
JJだけかわいそうだけど笑
> 2Uのあの結ばれた瞬間・・・。
> 私のユノ像に変化が訪れました。
> 私はホミン好きですが(笑)ユノのアレはあんまりイケてないでしょう派でした(爆)
> でもnanaしゃんのRAINで、本当はイケてるんじゃないの?派になりました(爆)
> そう思わせる、体感出来る良い感じなお話でした。
> まぁ、入り込んじゃって自分ユチョになってたんですけどね(笑)
嬉しい!!
結構皆さんユチョになってくれて、書き手冥利に尽きます!!
ユチョとリンクすると、かなり辛いお話でしたね。ごめんなさい。
そして、ユノのアレはあまりいけてない。+ユノはベッドの上でスポーツしてる派です。あたしも←
だけど、ほら。
信じたいじゃないですか。ユノのアレはいけてるって。
ってことで、うたちゃみさんも信じて下さい←
> nanaしゃん、楽しい時間をありがトン♪
> また来まーす。
はーい!!
また遊びに来て下さいね!!
そうそう。この前うたちゃみさんのユンジェで女装のお話を拝読させていただきました。
2Uでも見たいっす笑!
と、さりげなくリクエストして逃げます!!

ゆのこりんさん☆

> いつもコメしようと思いながら読み逃げばかりで…
> 初コメになってしまいました><
初コメありがとうございます!!
次は最後じゃなくてもコメントいただけると、場合によっては流れが変わります笑
でも、勇気を出して初コメ本当にありがとうございます!
> ユチョに激しく感情移入しながら毎回大騒ぎ!
> ユノの愛を心と身体で全て受け止めましたょ*^^*
> …感情移入どころかユチョになりきってる痛い女><;
嬉しいですー。
今回書いてて、みんなユチョになってくれてたみたいで!!
書き手冥利に尽きます!!
結構ユチョになると辛いお話でしたが、最後まで付いてきていただいて、本当にありがとうございました!!
> エプロン姿でおたまを持っているジェジュンの姿を想像したら萌え〜!
> それと5人で楽しく食卓を囲んでる場面はほっこりしました^^
> ラストで平穏な生活が訪れて本当によかった…(泣)
そうそう。
このラストを作るために、ジュンスを説得するのが大変でした。
チャミにお願いして、体で交渉しましたもん。(チャミが笑)
> 『RAIN』本当に楽しく読ませていただきました♪
> ありがとぅ♪♪
> 次作も楽しみに待っててもいいっすか〜?
良かったですー。
あたしも楽しんでいただけて、めっちゃ嬉しいです。
次回作は、さくっと挙げてしまいましたが。
こんなありがたいコメントをいただけるのが解っちゃったので、ちょっと元気になったらまた連載したいなぁって思いました。
頑張ってみます!!

オリーブさん☆

ありがとうございますー。
やっと終わりましたー!!
> とうとう終わっちゃいましたね。淋しいです。
> でも、優しい終わり方で、心は、ほんわかです。
> また、1話から読もうかな。
ふふふふふ。
実は最初から読み直すと、明らかにおかしい点が出てきます笑
もし気づいちゃったら、見なかった降りしてあげてください笑
> nanaしゃん、サランヘ〜v-238
オリーブさん、ありがとございますー♪

furekoちゃーん☆

ホスホスホス!!
> 途中はさ、ユノ君にイライラしたりつんつんズンスに萌え萌えしたり大変だったけど、
> 2uが上手く収まってくれてよかたよ♡
> ホントよかた♡
うふふふ。
あたしが、2Uを丸く収めないはずが無いっすよー。
つんつんズンス、書いててめっちゃ楽しかったよー。
> 最初の亡くなった女の子との事もユチョが側にいてくれる事できっと受け入れる事ができたんだね。
> 甘えるだけじゃない、ユノ君を支えてあげれるユチョンが大好き。
そうそう。
お互いに支えあえるだろうなぁ。って思ったの。2Uは。
依存するだけじゃない関係って良いですよね。理想だわ。
> …あとね、私ガールズトークめっちゃ好きみたい。
> 最初のユチョとズンスの会話最高だったよ。←かなり聞き逃せない内容(ズンス、チャ見で満足?)
> (まぁ、これはホス萌えもあるんだけどね)
あたしも好き!!
ガールズトークが一番好きだよ!!
ってか、チョンジェスは3人でずっと彼氏自慢をしてたら良いと思う真顔
ミンスは、ズンスにテクがあるから大丈夫♪
むしろお兄ちゃんぶりたいから、優しく教えるシチュエーションが大好きなはずだ!!
ホスはまじで書いてみたい。
楽しいだろうなぁ。
まぁ、ズンスが居るってだけでうちのブログじゃ鍵決定なんですけどね笑
> ユチョも可愛かったけどズンスも可愛かったぁ♡
> やっぱミンスのスピンオフ見たいなぁ…。
> エロシアたんに翻弄されるチャミ助見たいなぁ…。
> いつか時間と気力があったらお願いします!←土下座
スピンオフはあたしも書きたい!!
でもミンスはエロが大変なことになって時間がかかるので、ゆっくりお待ち下さい☆
> nana先生、長い間おつかれ山でシア!
> うは〜ん♡
> 次もめっちゃ楽しみ☆
うふふふ。
2ヶ月かかっちゃった。
日本全国梅雨明けしちゃったよ!!
ってね。
次もちょこちょこ書く!!

ひさままさーん☆

あざーす。
そしてありがとうございます!!
> 最後まで素敵でした♪
> お子ちゃまhisamamaとか言いながら・・・完全にnana♪しゃんの虜になってましたよ♪
まじですかー!!
鍵は指の間から読みましたか??
> 「そんな事言うだろうと思って、犯人連れてきた。ユノ!ユチョナ下まで運んで!」
>
> これに萌えちゃいました・・・
> ちょっとは大人になれたかな・・・・?しゃっちょさん??
> またこんな感動をお願いしますね♪
ふふふふ。
それは、ヒサママがユンジェの人だからかもしれませんよー。
でも、ここ。
あたしも実は好き。
ユノをケツに引いてるJJがたまりません☆
> しかし・・・またfureko♪さんの後??
> なんちゅう〜ご縁かシア?・・・・・やっぱり感染した・・・
シア語。
あたしも習得しようと頑張ってるんですが、なかなか難しいですよねぇ。

furekoちゃん☆

おお。ヒサママをあおってる。
> これはさ、シアペンになれって事ですよ☆
> シア語も順調に感染してる事だしっ(テヘっ)
あ、杞憂だったみたい!

> 今になにより先にズンスが一番先に瞳に写りこんでくるからっ♡
> ズンスのせいでお目目がつぶれちゃうよ?
> ドキドキしすぎて♡
ヒサママさんにそれ効くかなぁ。
> ふはははは。
> 勧誘してみまシア。
> (絶対なびかねーだろうな)
うんうん。
でもfurekoちゃんがんばれー。

おんにー。

> 先生!ひさちゃんのシア語おかしくねぇ?
>
> ちゃんと指導お願いしまシア!(笑)
手厳しいなぁ。
シア語。あたしも習ってみたんだけど、あれかなり難しいよー。
オンニが適応能力高すぎー!!

furekoちゃーん☆

> ね、私も思ってた(笑)
あら。
こっちにも厳しい人が笑
> たぶんまだ完全にシア病感染してないんだと思う。
> 体内でユノ抗体が必死こいて抵抗中なんだよ。
> 様子見だな、これは…。
どうするfurekoちゃん!!
シアウィルスとユノ抗体が戦ってるって!!
ホスじゃない!!!
hisamamaの体の中でなんて楽しいことが起こってるんだ!!!
ちょっと、hisamama代わってー!!!!!
そして、ホスFF書くんだ!!
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR