fc2ブログ

RAIN?(2UFF)

はぁ。
あたし、この話、最後まで書き終えられるか心配になってきました。

とりあえず、どうしてもあたしが会いたくなった彼に登場してもらったんですがね。

彼、勝手に動きすぎ。

超番狂わせされてます。

あわわ。
そこで、それ言っちゃダメー!!!

とか、一人でうるさかったです。脳内が。





oasobi2.jpg

そうそう。
hitotonさんの所で知った、ヴォーグの5月27日発売号。
こんなんだったら良いのになぁ。
と、以前偶然作っていたコラを貼っておきます。

表紙からどーんとユノとか贅沢だぜぇい。


そう言えば、こんなのも作ってた。

asondemita1.jpg

何かあると、この写真使いたがるあたし。

ふぅ。
ストックがありませんよ。もう。
誰ですかね。週末で終わるっぽい話してた人。

あたしの欠点は作業時間を思いっきり短く見積もることですね。

ごめんなさい。

謝っちゃったよ。あたし。

一応、もう8割方終わったんですよ。
多分。

あの番狂わせの人が、これ以上進行邪魔しなきゃ。


と、言い訳やらネタをぶちまけて、10話行きます。

今回ちょっと長いかもです。

ではっ!!





もう本当に皆さんありがとうございました。

びっくりするほど、ランキングが好調です。
これもひとえに、ぽちっとしていただける皆さんのお陰です。

本当にありがとうございました。

自己ベストの19位(速攻落ちましたけどね笑)まで、あとちょっと。

ご協力いただけると幸いです。
今日、ランキング見て元気出してFF書いてました。
何やってるんでしょうねぇ。

あ。分かりにくいこととかあったらどんどん突っ込んでくださいね。
(自分で客観的に見てるつもりで、全然客観的に見れないことに最近気が付いたので)



にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
こっちにもポチっとお願いします
web拍手 by FC2
ふと、病室の扉が開いた。

定期回診だと思い、俺は布団で顔を拭く。

いつもならすぐチェックをして出て行くはずの人影が、入り口で立ち止まったまま動かない。

不審者だろうか。

しばらく寝ている俺を見て、その人影はゆっくりと俺に近づいてきた。

椅子を引きずって、俺のすぐ傍に座る。

「ユチョナ」

「ヒョン、今日本じゃ・・・」

会いたい会いたいと思っていたら、願いがかなったのだろうか。

目の前に、愛おしくてたまらない男が座っている。

「明日の午前中の仕事がなくなったから、急いで戻って来た」

そう言って俺のおでこを触る。

少しほっとした顔で、「熱は引いたんだな」って言ってくれた。

「でも・・・」

珍しく、ユノヒョンの言葉の歯切れが悪い。

ユノヒョンは俺のほっぺたをなでてくれる。

大きな手のひらは、俺の顔半分を覆ってしまった。

ユノヒョンの手は冷たくて、雨の匂いがした。

「外は雨なの?ユノヒョン」

俺は自由になる右手をユノヒョンの左手の上に重ねる。

「ああ、雨だ」

「そうなんだ」

雨の音がしない。

今日の雨は霧雨なのかもしれない。

「なんだか、今のお前みたいな雨だよ。降ってるのか降ってないのか、居るのか居ないのか分からない。すぐ消えてし
まいそうだ」

やっぱり霧雨なんだ。

音もなく降る雨に例えられるなんて、日ごろどんなに俺は大人しかったのだろう。

もう、あの宿舎で生活したことさえ思い出したくなかった。

ユノヒョンはひとしきり俺の頬を撫でると、俺の左手をつかんだ。

「もともと細かったけど、こんなになるまで痩せるなんて・・・」

ユノヒョンは俺の腕をつかんだまま絶句した。



長い沈黙の後。

俺の右手を両手で握り締めたユノヒョンはこう続けた。

「こんなになるまで、助けてやれなくてごめんな」

「べ、別にユノヒョンは悪くない。って言うか。皆悪くないよ」

俺は小さく首を振った。

そう、誰も悪くない。

ただ、みんながあこがれて、手に入れたいと思える人間が一人だけしか居なかっただけの話。

「あのな、ユチョナ・・・」

「なに?ユノヒョン」

「生きててくれて、ありがとう。お前が2日間も意識不明だって聞いて、あの子を思い出して・・・、そんな事無いっ
て思いながらも・・・・・・、ま、また大切な人が逝ってしまうのかと・・・」

ユノヒョンの声は嗚咽にかき消された。

手の平にユノヒョンの熱い涙が流れていく。

俺はこの時になって初めて、自分のことしか考えられなかった事に気が付いた。

なんて自分勝手だったんだろう。

死ねば楽になるなんて、なんて自己中心的だったんだろう。

誰だって、自分の大切にしている、しかも子供が亡くなったら・・・、その事実を受け止めて昇華することでいっぱい
いっぱいなはずなのに。

そんなユノヒョンをフォローするどころか、グループ内で分裂して、この人をさらに傷つけてしまった。

あの時、ユノヒョンは俺を頼るくらい弱ってしまっていたのに。

俺の肩にもたれて、涙を流すほど、まいっていたのに。

取り返せないほど酷いことをしてしまったことに、今更気がつくなんて。

俺は入院して以来、初めて自力で身体を起こした。

いつもの何倍も時間がかかったが、俺のベッドにひじをついているユノヒョンを、横から抱き込んだ。

「ごめん、ユノヒョン・・・。ごめんっ・・・、ごめんなさ・・・い」

ユノヒョンの広い背中に顔をうずめて、俺はユノヒョンに謝った。

ユノヒョンはただ背中を震わせて、佇んでいる。

俺の謝罪の声だけが、薄暗い病室に響き渡った。

「ユチョナ・・・」

ユノヒョンが姿勢を正すと、俺達は見つめあう格好になった。

本当に自然に、お互いがお互いの唇に吸い寄せられる。

最初は唇に触れるだけのキス。

ちゅ、ちゅっ・・・。

そのうち、ユノヒョンの熱いしたが俺の口腔内に入ってきて、お互いの舌と舌を絡ませあう。

水に濡れた音だけが支配する空間。

「も、ダメ・・・」

先に根をあげたのは、俺だった。

腰が抜けて、ベッドに逆戻りになる。

そんな俺をゆっくりとベッドに戻してくれたユノヒョンは、真剣な目をして、俺に尋ねた。





続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うっぅぅぅぅぅぅぅ(T-T)

ユノ〜!!!
ありがとう〜来てくれたんだねユチョンの元に
うれっし〜♪
2Uはねぇお互いがお互いのShelterなんだよ。
魂を守りあう場所なんだよ。
nanaしゃんのFFだけの事じゃない。
リアルでもそうなんだよ。
お互いが常に横に居て
充電(愛の補充)をしあわなきゃダメなんだ。
ユノの側に居た頃のユチョを見れば一目瞭然!!!
ユノのイケメンを唯一ブサ顔(デレ顔)に出来るユチョンと
たいしてイケメンでもないイケメン風味のユチョンをこの上なく可愛いくさせる事の出来るユノ
こんなお互い無くてはならないCPはこの世で無二の存在だよ。
ユチョの悲しみ苦しみはユノの悲しみ苦しみ
ユチョの笑顔でユノも笑顔になれる。
nanaしゃんやっとユチョンにオアシスを与えてくれたありがとう♪
これでhitotonこころおきなくあの世にいけ・・・イヤちょっと待てよ!
まだいけねぇわ!
だって2人結婚式に参列しなきゃ〜そして生ユノに自分の結婚式に例の「ノルルサランヘ〜」
歌ってもらうんだ。それ聞いてからじゃないと逝かない!じぇッたい!
なぁnanaしゃん聞いて〜
昨日チーズに怒られた(>_<)
よそ様のブログで暴れ放題あばれて
気の毒や!いい加減にしろ!って←トホホッ!
もしチーズが遊びに来たらnanaしゃん弁護してね←お願い!
それとこのhitoton&チーズのKY親子
昨日、母がブログ休止宣言したのにさっき自分のブログみたらチーズの記事あがってたし
えッ!なに〜って思って聞いてみたらお昼ねお母さんだけやろ?って言われた。
hitoton詐欺師に祭り上げられた(T-T)
今日は逃げずにトボトボ帰る。。。
ユノ〜〜〜〜〜〜〜〜ォ!!!

鼻テッシュにせねば・・・赤くなちゃった!

nana♪しゃん
今日もテッシュ1箱だよ・・・・・・
なんか、ホントに起きてても不思議じゃない位・・・nana♪しゃんの世界にハマり込んでる!!
抜け出せそうにないよぉ〜〜〜これじゃ脳内変換するのもうしわけないわ・・・くしゅん・・・
しばらくはユチョナにユノたん預けとく・・・・だからお願い!!
Thehisamama が nana♪しゃん家に着くまで悲恋にしないでね・・・あ”〜切ない・・・・
ユノが来てくれるなら・・・も1回拒食症になってもいいかなぁ〜
それから
hitoton♪人ん家で暴れるのは・・・いいんじゃない??
nana♪歓迎してると思うよ!心広くて温かい人たちばかりだから・・・
他にもいっぱい!あ☆な♪しゃんとか・・・etc.  どうせ家じゃ暴れてくれないんでしょ???

(泣)

nanaさん…
良かったよー(泣)
やっとユノ君がユチョンの元に辿りついたよー!
遅すぎだよっなんて思ったけどユチョンが幸せそうだから許すっ!
良かったねぇ、大好きなユノヒョンに抱きしめてもらえて。
ユチョンには幸せになってもらえないと私が嫌だよ。
泣いちゃうよっ。暴れちゃうよっ。
あぁぁ、続き求む!!!
何だか昨日はしゅいましぇん…
ついつい楽しくなっちゃって…
これからは模範生徒になるよう頑張りましゅ…

お久しぶりです

3話 一気に読みました
ユノが何を訊ねたかを教えて下さい
こんなとこで終わりにするなんて・・・
と言う事で次回楽しみにしております^^
ありがとうございました
ねを上げたユチョンが可愛い

nanaさん
こんばんは!
ぉぉぉぉお!10話目なのね♪
私の週末はこの10話一気読みですw
週末はモンモンしちゃうのかな?私w
読んだら感想文書くから♪www

ユチョ、良かったな

ユチョがこんなんなってから来るユノ(KY王子)
さすがです!
ユチョにはユノだよね。
お薬はユノだよ。
腰抜けるよね。
ユノとの・・・うわぁ、想像したら、ヤバイ♪
続き、待ってます。
hitoton姉さんは、暴れてくれなきゃ(笑)
元気もらってますよ。

・・・・く

きたな・・・きたな・・・2U(涙が止んだ)
あのーユノー椅子引きずったらうるさいよ、気付かれますよ、さすがは我らがKY王ですな。
「なんだか、今のお前みたいな雨だよ。降ってるのか降ってないのか、居るのか居ないのか分からない。すぐ消えてし
まいそうだ」
ユチョンの儚さ。
ユノが抱きしめきれなくて悲しくて堪らないのが凄くきた・・・・・
キスシーンはごめん、耳塞ぎました(心の広さがお猪口の裏なユノペンじゃけん許して)
デーーーモーーーーまーーーだーーーやーーーらーーーんーーーーーーのーーーーー!!!!!

なんかね。

画面を最大にして、記事を読もうとすると、
右端でクララが「ンコする?」って聞いてくんの。
ここではしないよって言っておいてくださいねwww
ユノ、やっと来ましたね〜
遅いよ〜 ユチョンがこんなになるまで来ないなんて。
そして、手紙には何て書いたのか気になります。♪
始めの女の子が死んじゃったお話が、ここの伏線になってたんですね。
すごいな〜 本格的じゃないですかぁ。
最後は私もユチョナと一緒にウルウルしちゃいました。
ユノが弱さを見せられるのって、ユチョナにだけなんだなって
思ったら余計に切なくてね〜〜〜
ユノは永遠のリーダーだよ〜〜〜〜号泣
私も、チュしてもらいたいけど、多分、私のほうが
口でかいから・・・遠慮しておきますwwwe-273

鍵コメT様♪

寝て下さいよー!!
そして、一日FFお休みしてしまいました。ごめんなさい。
ちょっとユノの一言がおかしくて、ツボに嵌ったら1日過ぎてました汗
11話UPしましたので、よろしければどうぞご覧下さい☆

おんにー。

> 充電(愛の補充)をしあわなきゃダメなんだ。
> ユノの側に居た頃のユチョを見れば一目瞭然!!!
そうそう。そうなの。
ユノ居ないと、ユチョ、艶が全くなくなっちゃうの!!
> ユチョの悲しみ苦しみはユノの悲しみ苦しみ
> ユチョの笑顔でユノも笑顔になれる。
だと思う。この二人の動画見れば見るほど、そんな気がしてきましたよ!!
> もしチーズが遊びに来たらnanaしゃん弁護してね←お願い!
まぁ、うたちゃみさんとの戦場を見てないので、なんとも言えないなぁ。
チーズさんが来たら、突き出しちゃうかも笑
たまには怒られたら良いと思うよー。ニヤニヤ。
チーズさん爆笑!!
そうですな。お昼寝宣言してるの、hitotonさんだけですな♪
しょうがないから、もう起きたら良いと思うの笑
ヴォーグがもうすぐ発売ですよ♪
> 今日は逃げずにトボトボ帰る。。。
> ユノ〜〜〜〜〜〜〜〜ォ!!!
良い!!
もーちょっと、かわいいんですけど。
うっかりストーカーしながら、おうちに着くまで見送っちゃったんですけど!

Thehisamamaさん♪

> なんか、ホントに起きてても不思議じゃない位・・・nana♪しゃんの世界にハマり込んでる!!
> 抜け出せそうにないよぉ〜〜〜これじゃ脳内変換するのもうしわけないわ・・・くしゅん・・・
あざーす!
ここまでハマっていただけたら、本当に嬉しいです。
どうぞ。どうぞ。脳内変換じゃんじゃんして下さいな。
> しばらくはユチョナにユノたん預けとく・・・・だからお願い!!
> Thehisamama が nana♪しゃん家に着くまで悲恋にしないでね・・・あ”〜切ない・・・・
> ユノが来てくれるなら・・・も1回拒食症になってもいいかなぁ〜
うぉーい!!
拒食症だったんですか!!
あたし過食なので、アレですが。
どっちもどっちで酷いので気をつけなきゃ!!
> それから
> hitoton♪人ん家で暴れるのは・・・いいんじゃない??
> nana♪歓迎してると思うよ!心広くて温かい人たちばかりだから・・・
> 他にもいっぱい!あ☆な♪しゃんとか・・・etc.  どうせ家じゃ暴れてくれないんでしょ???
まぁ、いいんですけどね。
他の人に攻撃は、時と場合によりますよ!!
と、何故かヒサママに訴えてみる!

furekoさん♪

> 良かったよー(泣)
> やっとユノ君がユチョンの元に辿りついたよー!
> 遅すぎだよっなんて思ったけどユチョンが幸せそうだから許すっ!
遅れてきた割に、めちゃくちゃ暴れるので、困っておりますよ。
誰が手紙を置いていけって言った!!!!!
と、勝手に動く彼を責めてます。
でもどんどん話します。
多分、もう彼が来たから大丈夫☆・・・だと思いたい笑

> 良かったねぇ、大好きなユノヒョンに抱きしめてもらえて。
> ユチョンには幸せになってもらえないと私が嫌だよ。
うんうん。
ユチョは幸せじゃないと、あたしも嫌だ。
普通に立ってるだけで、不幸な匂いがするんだもん。
ユノにはめっちゃ甘やかしてほしいぞー!!
> 何だか昨日はしゅいましぇん…
> ついつい楽しくなっちゃって…
> これからは模範生徒になるよう頑張りましゅ…
いやいや、全然ですよ。
むしろオンニの言葉にfurekoさんが構ってあげれるのなら、どんどん構ってあげて!!
彼女今お昼ね中だから笑

mikikoさん♪

もー、すみません。
足跡だけはしっかり残ってると思うのですが。
mikikoさん家のマダムに会いに行きたいんですが、影響されすぎるので、日記だけ読んで逃亡してます。終わったら、お邪魔させて頂きます!
> 3話 一気に読みました
> ユノが何を訊ねたかを教えて下さい
> こんなとこで終わりにするなんて・・・
結構色気の無いこと聞いちゃってます。
でも、彼が彼である限り、これは言うだろうって言葉ですよ。
さっき更新したので、もし宜しければ覗いてみて下さい。
> ねを上げたユチョンが可愛い
うふふふふ。
mikikoさんはSな話を書いたら良いと思うのですよ。
本当ドSですな☆

sayuさん♪

まじですかー。
もう結構な量になってきたので、無理しないでね☆
sayuさんの日記楽しみにしてますよー。

うたちゃみさーん!!

> ユチョがこんなんなってから来るユノ(KY王子)
> さすがです!
ええ。ユノのKYには定評がありますからね。
良かったよ。JJ連れて会いにこなくて汗

> ユチョにはユノだよね。
> お薬はユノだよ。
そうなのです。特効薬なんです笑

> 腰抜けるよね。
> ユノとの・・・うわぁ、想像したら、ヤバイ♪
うふふふふふ。
そうなの。またKY炸裂して、病人相手に本気出しちゃったのこの人。
マ ジ デ コ ロ ス  キ カ ! !
> 続き、待ってます。
ありがとうございます。
チャンミンも出番がこれから控えてるので、暇なときにのぞいてやって下さい。
> hitoton姉さんは、暴れてくれなきゃ(笑)
> 元気もらってますよ。
そうなんですか!!
いいんですよ。
覚えてろ、このやろー。
とか叫んでも笑

あんなさーん。

> きたな・・・きたな・・・2U(涙が止んだ)
うふふふふふふふ。
来ましたよ。ええ、来ましたったら笑
> あのーユノー椅子引きずったらうるさいよ、気付かれますよ、さすがは我らがKY王ですな。
そこ気が付かんかったー。
しまったー。ユノごめーん!
> ユチョンの儚さ。
> ユノが抱きしめきれなくて悲しくて堪らないのが凄くきた・・・・・
ありがとう。
ユノ語はどうもよくわからないのですよ。
なので、ユノペンに解説してもらわないと、なんでこんなことしたんだろう??となってしまうので・・・。
ユノ検定3級目指すよ!!
> キスシーンはごめん、耳塞ぎました(心の広さがお猪口の裏なユノペンじゃけん許して)
ありがとう。耳塞いでくれて。
でも、目を閉じないと、脳の奥から音が聞こえるんだぜにやり
> デーーーモーーーーまーーーだーーーやーーーらーーーんーーーーーーのーーーーー!!!!!
はっはっはー。(チェックメイトのユノの笑い声で)
ま だ ま だ さ せ な い  よ ー ! !

ぷりん姉さん☆

いらっしゃいませー!!
> ここではしないよって言っておいてくださいねwww
爆笑!!
確かに、結構しつこいですよねー。
でもそこがたまらんのですよー
> ユノ、やっと来ましたね〜
> 遅いよ〜 ユチョンがこんなになるまで来ないなんて。
KY王子が、JJ姫連れてこないか死ぬほど心配だったんですが、姫は着いてこなかったので良しとします笑
> そして、手紙には何て書いたのか気になります。♪
ふっふっふー。
もうすぐタネあかしします。実は今書いてる途中だなんていいません笑
> 始めの女の子が死んじゃったお話が、ここの伏線になってたんですね。
> すごいな〜 本格的じゃないですかぁ。
あんまり計算してなかったんですけどね。えへへ。
> 最後は私もユチョナと一緒にウルウルしちゃいました。
> ユノが弱さを見せられるのって、ユチョナにだけなんだなって
> 思ったら余計に切なくてね〜〜〜
> ユノは永遠のリーダーだよ〜〜〜〜号泣
うんうん。本当に思います。
こんなリーダー二度と会えないじゃないかって。
彼がリーダーじゃないって、状態が考えられない。
> 私も、チュしてもらいたいけど、多分、私のほうが
> 口でかいから・・・遠慮しておきますwwwe-273
そこですか!!!
あたしはハグしてほしいですー。
ああ、一家に一ユノぉー!!

No title

ただでさえ、肺活量とかなくなってるのに濃厚なチューとかしたら違う意味でヤバいんじゃないかと心配しますた(^p^)じゅる
自力で身体を起こそうと思えるくらいユノヒョンはユチョソにとって太陽なのですね、はい。
霧雨程度ならきっと日を照らしてくれるでしょう。
とかウルッと来つつも画像処理の素晴らしさに思わず持って帰りましたとさ。
いただきっ!!!

ゆきみさん☆

> ただでさえ、肺活量とかなくなってるのに濃厚なチューとかしたら違う意味でヤバいんじゃないかと心配しますた(^p^)じゅる
ええ。我らがKY王子。
やっちゃいましたよ。
ユチョの唇が気持ちよくて、もうちょっとで自分でやっちゃう所でした笑
> 自力で身体を起こそうと思えるくらいユノヒョンはユチョソにとって太陽なのですね、はい。
> 霧雨程度ならきっと日を照らしてくれるでしょう。
そうなんです。
もうすぐ晴れますね☆
だって、霧雨だもん。
> とかウルッと来つつも画像処理の素晴らしさに思わず持って帰りましたとさ。
> いただきっ!!!
あー、これ、なんか→のリンクの「なかよし5人組」のぷりん姉さんが記事で紹介されてた、はめ込みができるサイトで作ったのなんですよ。
ヴォーグ、今から楽しみでしょうがないです♪
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR