fc2ブログ

lies

<4月5日 13:00 がっちゃん様のブログ記事にとても感動して、追加でちょっと記事書いてます>

面白く無き世を面白く、住み成す者は心為り

最近のnanaのテーマですよ!

面白く無き世を面白くですよ、皆さん!!

こんな状況を楽しんじゃいましょうよ!!

と、言うことで。
2U話書いちゃいました。

しかも結構長いんです。

2回に分けようかなぁ。って思ったんですが。

最後まで出来てるので、途中で割るのもなぁ。
ただ、携帯から閲覧されてる方には、ひっじょーに迷惑だなぁと。

どうしようどうしようと悩んでいるうちに、タイムアウトになりそうなので全部のっけます。ミアネヨー。

2U36.jpg
これってセカンドライブのときの写真ですかねぇ。
セカンドライブの初回得点版が欲しいです。ユチョの誕生日が入ってるの。
ユノが張り切ってさー。
で、皆がユチョお祝いするって、皆でハグするんだけど。
ユチョ、ユノをがっちり抱きしめてて。
みんなが離れても、最後までユノはなさないの。
やっと離してもらったユノのTシャツは引っ張られたあとがついてたんですよねー。

あれ、めっちゃかわいかった。
相場いくらなんだろう。
めっちゃ高くで売ってるって情報はゲットしたんだが・・・。

どこで売ってるの??


では、では。
しゃーない2UFFでも読んでやろうって言う心優しい皆様は追記へGOですよ!!








あたしは今日も2Uガンバレーの意味もこめて。
ランキングボタンぽかぽかするよ!!!!!!!!
もーっ!!!!!
心配させんなよなぁっ。


にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
こっちにもポチっとお願いします
web拍手 by FC2
yutyon32.jpg



lies


嘘。

そう、多分こんな世界は全て嘘だ。


家の中で一番太陽が入る場所で、外を見下ろす。

最近気が付いた俺の癖。

癖、と言うよりは習慣。


この窓の先に、彼が居る。


とても仕事熱心な彼だから、多分今も踊っているかもしれない。



調べるともなく、彼の情報は耳に入ってきた。


もうすぐアメリカへ発つらしい。

彼の敬愛するアーティストの追悼公演の練習のために。



俺はままならない現状と、捨てられない愛情の間で身動きが取れなくなっていた。



どうしてこうなってしまったんだろう。



そんなことを思いながら、一日の大半をこの窓から彼の居るだろう場所を見るだけの毎日。


ユファンに言われた。

「誰を探しているの?」

俺は絶句した。

小さい頃から外を見るのは癖のようなもので、何か特別な意図を弟が見出しているとは露も知らなかったから。

「別に」

無意識に嘘をついた。

動揺を隠すように、俺は外を見ながら答えた。

別に彼が居るかもしれないって外を見ているわけじゃなかった。

俺の愛おしいとか愛してるって気持ちが彼に届いたらいいなって、そう思って窓の外を見てるだけ。

自由になりたい・・・。

人目を気にせず、彼に会いたい。

彼に会いたい。

思わず視界が霞む。



「兄さんって昔は空を見てたよね。今は地上を見てる。そんなに下の世界が好きだったっけ?」

「もう空には興味が無くなったんだ」

これも嘘。

できるなら、彼と綺麗な青空を見ていたい。

ずっと、一緒に。

「兄さんって、嘘をつく時、必ず1回下を見る癖があるの知ってる?」

「嘘なんかついてないって」

「まぁ、いいよ。一度しか無い人生なんだから、自分の好きなように動いても良いんじゃないの?」

そう言うだけ言ってユファンは出かけて行った。



彼と一緒に居る時は不安なことなんて無かった。

彼の胸にもたれかかるだけで、彼にきつく抱きしめてもらうだけで不安なんて無くなった。

彼に甘えて、彼と話して、彼と一緒にいるだけで幸せだった。

そう、幸せだった。



そんな幸せな時間はあっと言う間に過ぎ去って、俺は今彼を思って外を見てる。

過ぎてしまった幸せな時間を走馬灯のように思い出しながら。

辛いのか、幸せなのか分からない時間の中で彼を思う。

どんよりと曇った空の向こう、いつまでも彼は現れなかった。

涙はいつまで経っても止まらない。

「ひっく・・・ぅっ・・・ひっ・・・くぅっ」

家族が居なくなると、涙は嗚咽混じりになる。

家族に心配は掛けたくないから、家族が居る時は声を殺して泣いた。



会いたい。



寂しい。



寒い。



この感情だけに支配されているのに、家族にはいつも幸せって、皆で暮らせて幸せって小さな嘘をつく。

嘘を一つつく度に、彼との距離が離れる気がする。

もう彼とはどれだけ距離が離れたんだろう。


会いたい。会いたい。会いたい。会いたい。



ままならない思いを胸に抱いて、こんな嘘だらけの世界に俺はいつまで生きていけば良いんだろう。

こんな世界なんて消えてしまえば良いのに。



泣き疲れると必ず出てくる、破壊衝動。



自分を、この嘘だらけの世界を破壊したい。

そんな気持ちを抑えるために煙草に火をつける。

この煙みたいに、消えてしまえたら良いのに。

消えない自分を恨めしく思いながら、煙を吐き続ける。



「あっ・・・」



泣きすぎて、見なくても腫れあがっているだろう重い瞼がとろんと下がってくる。

眠いのに眠れないから、煙草に手を伸ばすと、煙草が切れていた。

深夜。

買い置きももう無かった。

煙草が唯一の精神安定剤なので、しょうがなくダウンのジャケットを羽織り外に出る。

背中を丸め、人の目につかないように気配を殺して、そっと人気の無い道を早足で歩きさる。

煙草を購入すると、さっさと家に戻ろうとした。

人目を避けるため、地下の駐車場を突き抜けていると。



「あっ」

車の奥に居た人物にぐいっと引っ張られた。

たちの悪いストーカーかと思い、必死に抵抗すると。

「静かに」

とても愛しい男の声が聞こえた。

男の人の声が全て彼の声に聞こえるようになってしまったのかも知れない。

彼がこんな所に居るわけも無く、俺はさらに抵抗しようとした時だった。



男は左のポケットから俺の車のカギをさらっと抜き取ると、俺の車に俺を押し込む。

そしてこの俺を引っ張った男も俺を羽交い絞めにするように、車に乗り込んできた。

俺よりも大きな男と俺の二人で後部座席がギュウギュウになる。

男はキャップを被っているせいで、顔が影になって誰だか分からない。



視力は頼りにならないと、男の顔に手を伸ばす。

とても愛おしい男の輪郭に似ている。

香水も彼と同じ。

俺を抱きしめる強さも、感触も・・・。



そんなはずは無い。

だって、彼は今猛烈に忙しいはずだ。



でも、一縷の望みを口にした。



「ユノ、ヒョン・・・?」

男は彼と同じしぐさで俺をきつく抱きしめると、キャップを取った。

「ユノヒョン!ユノヒョン!!会いたかった、会いたかった」

今俺を抱いている男が彼だったと分かった瞬間、思いが堰を切ったかのように言葉が出てきた。

感情が一気に昂ぶったせいで、気持ちを最後まで言い終わる前に言葉が嗚咽に変わった。

さっきまで流していた涙とはまったく正反対の涙が溢れ出す。

「会いたかっ・・・、あっ、あっあ、いっ・・・」

「俺もだよ」

そう言って彼は俺を力いっぱい抱きしめた。

俺も二度と離さないように力いっぱい抱きしめる。



俺たちは吸い寄せられるようにキスをした。

長く深く。

お互いの全てを吸い尽くすように。

ちゅっ、ちゅと言う音と、俺の嗚咽だけしか音が無い世界。

俺はこの幸福を逃すまいと、何度も何度もキスをした。



「ど、どうして」

何度もキスをして、やっと我に返った俺はユノヒョンがここに居る現実が信じられなかった。

「マネージャーが、明日発つから1時間だけ時間作ってくれたんだ。大事な人に会って来いって」

「アメリカだっけ」

「そう」

明日発つと聞いて視線を下に逸らした俺の顔を、ユノヒョンは両手で自分に向けさせた。

「そんな顔しない。またすぐ迎えに来るから」

俺を勇気付けるためか、ことさら明るい笑顔でユノヒョンは笑った。

なんて優しい嘘だろう。

ユノヒョンはきっと迎えになんて来れないだろう。

「ユチョナ、全然信じてないだろう?」

俺の考えが読めるのか、ユノヒョンはそう聞いた。

全く信じられない。と言うのも嘘になりそうで、何も答えられずに居ると。

「確かに今はおおっぴらに会えなくて寂しい思いをさせてるから、信じられないかもしれない」

そこまで言って、俺を胸に強く抱きこむとしっかりした声で言った。

「大丈夫。俺は絶対嘘はつかない。迎えにくるから。ユチョナも今は自分のことをしっかりがんばれ」

ぎゅっと強く抱きしめられて、俺の不安は全て消えた。

彼が絶対って言ったのだ。

彼は迎えに来てくれる。

この嘘だらけの世界で、ユノヒョンだけは信じられるのを忘れていた。

俺は小さく首を縦に振った。

「わかった」

この一言を言うのが精一杯だった。



これでまたしばらく合えなくなるのは絶対に確定で。

俺は残り少ない時間をユノヒョンともっと深くつながりたかった。

「ユノヒョン・・・時間はあとどれ位あるの?」

「あと・・・15分位かな。それ以上はマネージャーも時間を稼げないって」

あと15分。

「やろう」

そう言うと俺は性急にユノヒョンを追い立てる。

ユノヒョンも俺を追い立てる。

二人してとても飢えていた。

獣のようにつながりあって、大急ぎで身支度を整える。

帰り際。

久しぶりに受身に回った俺の体を心配しながら、ユノヒョンは大急ぎで身支度を整えた。

俺は鈍く痛む腰をかばって起ききれずに居ると。

ユノヒョンは、俺の頬にちゅっとキスをした。

「ユチョナ、愛してる」

顔を真っ赤にしてユノヒョンはそう言うと、急いで行ってしまった。



バタンと車のドアが閉まり、また俺は一人になった。

以前はサヨウナラを言うこともできずに離れ離れになった。

今回は愛してるって言葉で別れた。

次に会うときは、俺も愛してるって伝えなきゃ。

幸せな腰の痛みとともに俺はユノヒョンを思った。

嘘だらけのこの世界で、唯一の信じれる人。ユノヒョン。

彼が迎えに来てくれるって言ったのだ、いつか絶対二人一緒に暮らせる日が来る。

それまではどうしても自力で生きていかなければ。

ユノヒョンが迎えに来た時に、俺が壊れてしまったら元も子も無い。



・・・もう泣くのはやめよう。



俺はそう決意した。

それが遠い異国で頑張る彼と対等になるための、最初の一歩だから。


俺は涙でぐちゃぐちゃになった顔を洋服の袖でぬぐうと、体にムチ打って衣服を整えた。

家に入ると。

「良かったな。探してる人に会えて」

ユファンがそう言って迎えてくれた。

「マネージャーに掛け合って1時間だけ貰ったんだ。兄貴のために。俺って兄貴思いー」

俺たちのことを一言も話したことが無い弟に気を使われていたのを知った。

「ユファン・・・」

弟をぎゅっと抱きしめた。

「兄貴、さっきとは別人みたいな顔になってるよ、やっぱりこっちのが良いって」

涙が出そうになったが、さっき決意したばかり。

俺はぐっと涙をこらえると、満面の笑顔を作った。

「そうだな。俺もこっちが良いよ」

久しぶりに家族に本当のことを言った。


そう。開けない夜は無い。

明け方が一番暗い。

でもユノヒョンの言葉があるから大丈夫。




その日、俺は久しぶりに眠れた。


fin






基本的にがっちゃん様の動画は貼らないように気をつけているのですが・・・。
今回の記事に貼られていた動画があまりにも素敵だったので。
そして、あたしが書いた拙い話のユチョンとあまりにリンクしていたので、貼ります。

本当、2U大好きだ。
教祖様も大好きだ。











2U173-1.jpg
早く見たいな、リアル2U.
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

わぁ〜ん(>_<).。・*

nanaしゃん最高!
hitoton昨日までの涙と違う涙流したよ。
まさに、面白く無き世を面白く、住み成す者は心為り
あぁ2Uの幸せでhitotonもほかほか
さすが2U部隊副隊長素晴らしい
2Uの幸せを願うものとしては
たまらなくステキなFF
頼む〜これが現実であってくれ〜
毎日、nanaしゃんの2U小説読みたいよ
幸せ気分になれるもん!
自称、最強ユノペンのhitotonが唯一ユノをあげてもいいと
思わせるのがユチョン
どうかお2人末永くお幸せに♪
朝だぞ〜ここのメンバー早く集まれ〜(笑)
まぁhitotonは今からお風呂はいって寝るけど←テヘッ!
namaしゃんご馳走様でした。
これモーニングセットだよね!450円置いとくね!(笑)

ぶ〜ん(/ω\*)

も〜も〜!!!nanaちん、ありがとう〜!!!
あたちも違う涙、そして鼻水〜かまないと〜〜(ぶ〜ん(/ω\*))
日々巨大化している2U部隊が一心に願う、2Uのシアワセ♡♡♡
強い思いは願いを叶える為の何よりもの糧だから!
大丈夫、大丈夫♪
ユノは嘘つかないもの!ユチョナ〜信じて待っていればいいんだよヾ(´∀`○)ノ゛
hitotonさぁ〜ん、起きた〜???本日のピクニックは〜〜〜???
ひとまずハイジとクララにくっついて、ちょうちょ取りに行ってきま〜す^^/
あっ、あたちは滑り込みランチなんで850円、置いてきま〜す!ゴチです^^

おいおい!

るいちゃん
850円そりゃ払いすぎだろ〜
nnanaしゃん太っ腹だから780円に負けてあげて〜
ってまだあんな来てねェの?
生きてんのかなァ〜
nana小説も教祖様の動画も最高!2Uバンザイ\(*^-^*)/
あぁもう2Uで死ねるね
※ みんな〜
今日、チーズの記事のコメ欄観に来て
ユノへの○ッシングを鍵なしであげてる人いるから
やっぱトンペンさんも十人十色で色んな考え持ってるね。
それはそれで素晴らしいよ(^^:)

No title

nanaさん、こんばんは。
2U・・・やっぱりいいねぇ。切なくてキュンな感じだ・・・
最近、ホミンブームだけど、やっぱり2Uは雰囲気あるわぁ・・・
今日チラッと「ソラニン」って映画を観たんだけど、
(あ、仕事でね)
宮崎あおいちゃんと高良くんのカップルがイチャってするシーンが
2Uに見えちゃって・・・
「あぁ、これnanaさんが見たらいい小説書いてくれそうだぁ・・・」
って頭を過ぎったんだよねww
(仕事中だけどね)
nanaさ〜ん、これからも「切キュン」期待してるよ〜

Topが素敵だ〜

nanaさん、おはようです!
このTopすごくいいですねぇ〜
なんか、見ると元気でます。ナイスです→古い?
2U教祖様の動画と、2Uのお話がみごとにリンクしてますよ〜
まるで、nanaさんの為に作ってくれたようですね。
動画だけより、お話読んでから見たほうが、ウルウル率アップです。
とうとう、nana様も2U教祖様になるのかな?www
これからも、楽しみにしてるよ。ありがトンです。v-20

オンニー。

> nanaしゃん最高!
> hitoton昨日までの涙と違う涙流したよ。
ありがとですー。
ユチョが動き出したってことは、彼も前向きに動かなきゃいけなくなった証拠だと。
2Uペンとしては、そこに萌えを持ってこさせなければでしょ!!

> 毎日、nanaしゃんの2U小説読みたいよ
> 幸せ気分になれるもん!
ネタ探しが大変なのよ!
できるだけ、UPするよ!!

> namaしゃんご馳走様でした。
> これモーニングセットだよね!450円置いとくね!(笑)
あー、食べてってたべってて。
お金取るなんてベタなことしないよー笑

るいさーん。

はいはいはい。
るいさん、鼻水ふいてね。

> 日々巨大化している2U部隊が一心に願う、2Uのシアワセ♡♡♡
本当ですよ。ぶっちゃけユノとユチョが幸せだったら、もうなんでも良いんです。

> hitotonさぁ〜ん、起きた〜???本日のピクニックは〜〜〜???
> ひとまずハイジとクララにくっついて、ちょうちょ取りに行ってきま〜す^^/
あたしもピクニックに行く前にちょうちょ取ってこよー笑
> あっ、あたちは滑り込みランチなんで850円、置いてきま〜す!ゴチです^^
そんなー、お題はいりませんよ。
親戚ん家な感覚で食べてって、食べてって。

オンニ、ピクニック中ですなー。

あんなさんは大丈夫じゃないかなぁ。
ちょっと忙しいんだよ!
ってか、この記事に関してはめっちゃ語ったので、多分コメしないんじゃないかなー笑
それにしても、本当2Uで死できるんじゃないかなぁ。あたし、マジで。
そん位好き。
多分あたしびっくりするほど2Uペンだよ。
何はなしてても2U話になるからさー。
しゃべったら面白くないはずよー笑
> ※ みんな〜
> 今日、チーズの記事のコメ欄観に来て
> ユノへの○ッシングを鍵なしであげてる人いるから
> やっぱトンペンさんも十人十色で色んな考え持ってるね。
> それはそれで素晴らしいよ(^^:)
オンニ偉いよね。
あたしだったら速攻アク禁。
趣味でやってるんだから、異文化理解なんかしたくもねぇ。
しかもチョンジェス派でしょ。
ちゃんと両方の意見、行動、思考を考えた上で動くべきなんだよ。
かたっぽに傾倒しすぎたコメントは見苦しいわっ。
ってごめんね。
あたしもかたっぽに傾倒してるんだろうね。
でもあの考え方は飲み込めないし、飲む必要も無いって感じてる。
あーっ!!!!
ムカツク!!!!!
ユノとチャンミンのあのやつれ方は見えないわけね!!
残念ながら、ジェスはやつれなかったのよっ。

remaさーん!!

ありがとですー!!
2Uは切ないのが良いんですよねー。
なんでだろうねぇ。2人揃うとただのバカップルなんだけどねぇ。
> 今日チラッと「ソラニン」って映画を観たんだけど、
ソラニンですね!
こっちは殆ど映画やらない上に、あたしもあんまり映画見ない(2時間もお話を追ってられない笑)ので、勉強不足なんですよ。
DVDになったら(長いなー)勉強してみます。
切ない話大好き!
> nanaさ〜ん、これからも「切キュン」期待してるよ〜
切キュンですか!!!
言いえて妙!
がんばるよー!!

ぷりん姉さん☆

二日酔い抜けて良かったです。
大人ペンは酒の力に頼った人が多かったですねー。そんなあたしもお酒に力借りちゃいました。そしてハイジありがとうございました。
妹が二日酔いの時に文字を見るのが辛いからって、メッセージ控えてたんですが。
今日メッセージ送るって言っていたので、よろしくお願いします!!
> このTopすごくいいですねぇ〜
> なんか、見ると元気でます。ナイスです→古い?
おうち帰ってきたらこうなってました!
妹の気分でTOP変わるんですよ。
あの子今5人応援したい気分なんでしょうねぇ。
> 2U教祖様の動画と、2Uのお話がみごとにリンクしてますよ〜
> まるで、nanaさんの為に作ってくれたようですね。
> 動画だけより、お話読んでから見たほうが、ウルウル率アップです。
↑そうなんですよー。
この話書いたつぎの日に、この動画を教祖様がUPされておりまして。
多分この話書いてなかったら、ユノ目線で動画を見てたと思います。
お互いを思いあってるカップルなイメージなので、どっち視点でも見れる動画ですよね。
教祖様、本当大好き。←アレ?
これからも頑張りますよ!

大遅刻ですが汗

nana様ー先日は楽しい時間をありがとうございました♪
って、小説UPの時間があまりにもリンクしすぎだったのとこちらの2U小説の切なさにやられて読んですぐコメしなくてごめんなさいー。
やっぱり2Uペン様だー、ユチョン目線がリアルで・・・・
しみじみ読んでたのに
>「やろう」
で萌えた私は本当に駄腐ユノペンです・・・・
ユノ、こゆ時ぐらいリードしろよ・・・・・
がっちゃん様の動画とnana様の小説のリンク具合も驚きましたが・・・・
2U信者の方の心って凄いなーやっぱりリアルだからだろうなーって・・・・・・・・
つか最後のユノの顔・・・・・・・・顔・・・・・・・・・・
恍惚、ですけどあれー
イってないか????なあ????
ああ幸せ、もしくはたまらん、最高の抱き心地!!!!!!
くくくく・・・・・・っ
あとね、あんなもチーズちゃんの記事コメントで脳が煮えくり返ってます。
ケンカ売りそうで冷静になんなきゃと思うんだけど、どう公平に判断してもホミンが悪者って・・・・
つか、自分の主張は自分とこでしろ!ですよねえ。
nana様が言ってくれてちょっと救われたよ!!!!

あんなさーん!

今日も付き合ってくれてありがトンです。
元気になりましたー。
最後の話が明菜様でごめんなさいー。
> >「やろう」
>
> で萌えた私は本当に駄腐ユノペンです・・・・
> ユノ、こゆ時ぐらいリードしろよ・・・・・
あたし、こういうときは絶対ユチョリードだと思うんです♪
攻め気な受が大好物なので。

> がっちゃん様の動画とnana様の小説のリンク具合も驚きましたが・・・・
> 2U信者の方の心って凄いなーやっぱりリアルだからだろうなーって・・・・・・・・
うん。2Uはガチだって信じたいです。
ってかあたしの中では確定事項なんですけどね♪

> あとね、あんなもチーズちゃんの記事コメントで脳が煮えくり返ってます。
> ケンカ売りそうで冷静になんなきゃと思うんだけど、どう公平に判断してもホミンが悪者って・・・・
> つか、自分の主張は自分とこでしろ!ですよねえ。
> nana様が言ってくれてちょっと救われたよ!!!!
本当hitotonさん達大人だよねー。
あたしだったら、ブチ切れてるわー。
あたし達結構気性荒いもんねー。
何が切れるって。
ホミン押しブログにチョンジェス派が喧嘩をわざわざ売りに来てたことよね。

あんにょん

nanaさーん、トンにちわ
あぁ、やっぱFFはいいです。
リアル萌えが無さすぎるからマジで元気になった!
nanaさん2u小説ありがトン♡
しかし2uは切ないのが合いますねー。
あっけど甘甘も読みたいなー…なんてリクエストしてみてもいいですか?
(スルーしちゃって下さい)
最後の2uサジン、ユチョン肩出し過ぎっ!
超可愛い&せくしぃですね。
ユノユノじゃなくとも堪まらんです。

furekoさーん!!

> あぁ、やっぱFFはいいです。
> リアル萌えが無さすぎるからマジで元気になった!
良かったー。
こんな状況でこんなFF書くんじゃねぇ!!!!
って怒られるかなーとか思ってたので、まじで嬉しいです♪
>しかし2uは切ないのが合いますねー。
> あっけど甘甘も読みたいなー…なんてリクエストしてみてもいいですか?
今、甘甘書こうとうんうん唸ってるんですが・・・。
2Uで甘甘って難しいんですよねー。
どんなシチュだったら甘甘になりますかね?(←聞いちゃったよ、この人)

> 最後の2uサジン、ユチョン肩出し過ぎっ!
> 超可愛い&せくしぃですね。
> ユノユノじゃなくとも堪まらんです。
うんうん。あたしもたまらんです。
ユチョは対ユノ用に首筋からフェロモン出してると信じてる(結構ユノってユチョの首筋めがけて飛び込みますよね)ので、この写真ユノは相当参ったはずですよ笑

2U最高です

nana様、はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらってます。初コメです。
(過去記事にコメしてごめんなさい...
このお話が好きで..本当にこうならいいなと思って(きっとこれが現実*真顔)
何度も読んじゃいました。
がっちゃん様の動画もすごく良くて、お話にリンクしてて
涙があふれました。
切ないです2U。
幸せになって欲しいです2U。
nana様が書くFF大好きです。
これからも、素敵なお話楽しみにしてますe-266
ありがとうございました。

ゆいこさん♪

ゆいこさん初めまして。
初コメありがとうございますー。
うちは記事がすぐ流れるので、過去記事にコメントいただけると、とっても嬉しいです。ありがとうございます♪
> このお話が好きで..本当にこうならいいなと思って(きっとこれが現実*真顔)
ありがとうございます。
なんか、どっかで2Uが密会してて欲しいなぁと思って書きました。
これが現実だったら、本当に良いですよね。
あんなラブラブなカップル引き離すとか、本気で鬼ですよね涙

> nana様が書くFF大好きです。
> これからも、素敵なお話楽しみにしてます
> ありがとうございました。
マジデスカー!!
嬉しいです!
本当に嬉しいです。
続きとかもちゃっかり書いちゃったので、良かったらどぞー。
こんな所ですが、また遊びに来て下さいね!
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR