fc2ブログ

It enters the real addict.38(LAST)

さて。

昨日と言うか、今日と言うか。

2週間ぶりにお休みでした。
普段ダラダラと働いている人間にはキツかったです。
お蔭で肌がボロボロー笑

やっぱり怠け者は、怠け者らしくのんびり働くのが性に合ってます。

無理は良くないね。


と、私事は置いておいて。


久しぶりにネットの海を漂ったら。



めちゃくちゃゲイゲイしいユノと。

2Uペンのご本尊が!!

これユチョに突っ込んでるんだねぇ。

と、堪能させて頂きました。


ってか、これ公共の電波に乗せて良いの???

ユノの股間に釘づけ動画でした。はい。

ユチョも今頃はぁはぁしてりゃいいと思う。ガチで。

この動画だけでFF何本作れることか。

歌詞もMVも素敵で、ご本尊も拝める。

1つの曲で何度もおいしい曲ですよねぇ。

と、セクハラ発言はここまでにして。

やっとIERAが最終回です。

今回超大人し目ですよ。

やっぱり、ダラダラ書いちゃいけないですねぇ。

この反省を糧に、次を頑張ろうと思います。

ではでは、最後にお付き合い頂ける方は、追記へどぞー。







拍手は良いので、ランキングボタンぽちお願いしますー!!

こんなご時世。

2Uなんて単語がついたブログがどこまで行けるか挑戦中!!
web拍手 by FC2
それでは始まります。

それから、ユノヒョンは俺たちの思い出の場所に色々と連れて行ってくれた。

初デートの映画館。

最後のデートの場所だった公園。

そしてよく行ったカフェでゆっくりお茶をして。

行った場所全てが、記憶から消えていて。俺はユノヒョンとの秘密の場所をたくさん教えてもらった。

そして、夜が来て。

周りが暗くなって、ユノヒョンはハンガン湖畔へ連れて行ってくれた。

「ここが俺たちにとって一番大事な場所」

そう言って、堤防にユノヒョンは腰かけた。

ハンガンと言う巨大な川の水面はとても穏やかで。

二人でくっつきながら、じっと水面を見ていた。

たったそれだけのことなのに、俺は心の底から満足した。

周りに人も居なくて、穏やかな時間が流れていて。

横にはユノヒョンが居て。俺が不安になる要素は何も無くて。

それだけで十分だった。

季節はもうすぐ秋も終わりそうになっていて。

俺がぶるっと身震いをしてマフラーに顔を埋めると、遠慮がちにユノヒョンが俺の肩に回った。

自然に俺もユノヒョンに凭れる。

ユノヒョンは体温が高いので、すごく暖かい。

俺はそんなことまで忘れてしまっていたのが悔やまれた。

俺も、もっとユノヒョンとくっつきたくて、おずおずとユノヒョンの腰に腕を回す。

ちょっと調子に乗りすぎたかな、と思いながらユノヒョンを見上げると。

嬉しそうにこっちを見て微笑んでいた。

つられて、俺もユノヒョンに微笑み返す。

「ユチョナは・・・」

そう言って、ユノヒョンは一瞬言葉を飲んだ。

「どうしたの、ユノヒョン」

「うん・・・、ユチョナは記憶を失くしてしまってるのは本当だと思う、今日色んな所に行って思い出を話すしか
できなかったのは、本当に寂しかった」

静かな調子でユノヒョンは淡々と言った。

それに関してはとても申し訳ないので、俺は黙ってうつむく。

「俯かないでユチョナ。でも、嬉しかったことが有るんだ」

俺は話の続きを聞きたくて、真横にあるユノヒョンの顔を振り返る。

「頭は記憶を完全に失ってるのは解るんだけど、体は覚えてるみたいで。俺に触れる動きがいつもと一緒なんだ」

そう言って、ユノヒョンはふふふと笑った。

俺は信じられずに「例えば」と質問した。

「本当に何気ない動作だよ。例えば今。俺が肩を抱くと、ユチョナは必ず俺のウエストに腕を回したし。食事をす
るときは、必ずお互いの肩がぶつかる場所に居るとかね」

確かに俺は無意識に動いていた。もしかしたら本当に、体は覚えているのかもしれない。

「体が覚えてるなら・・・、俺はユノヒョンのこと思い出せるかな」

俺は不安を吐き出した。思い出せないという事実に直面するのは、やっぱり辛かった。

ユノヒョンは大きな掌で俺の頭をぽんぽんと撫でた。

「思い出せるか、思い出せないかは神様しか分からないけど。俺たちはまた共通の記憶を作って行くんだから、過去にそんなに拘らないで」

過去に拘らないで。

まさかユノヒョンから、その言葉が聞けるとは思わなかった。

俺は心の底にずっと引っ掛かっていた重荷が消えていく解放感を味わった。

重荷が消えていく感謝に、ぎゅっとユノヒョンに抱き着いた。

「ありがとう。愛してます」

それしか言えない。俺は目頭が熱くなるのを感じながら、ユノヒョンの香りに包まれた。

俺はひょこっと顔をあげると、ユノヒョンのほっぺたにちゅっとキスをした。

本当は唇にキスをしたかったけど、いきなりキスをして引かれたくなかった。

それを受けてユノヒョンはいたずらっこのような笑顔で「唇にはしてくれないの」そう言った。

思っても居なかったユノヒョンからの許可を受けて、俺は少し背を伸ばしてユノヒョンの唇の先をかすめた。

「ユノヒョン、大好き」

こんな子供っぽい告白って有りだろうか。俺もう24なのに。と言う思いがよぎる。

でもテンパってしまった俺には、これが精一杯だった。

一瞬ぽかんとした顔をして、ユノヒョンは我に返った。

「そうか。俺もまだだったな」

そう言って、ユノヒョンは真剣な顔になった。

とんっと堤防から降りると、俺の正面にユノヒョンが立った。

「記憶を失っても、全然変わらないあなたがやっぱりとても愛おしいと思いました。もし良かったら、また俺と付
き合ってくれませんか」

そう言って俺の手の甲にキスをした。とても気障な、演技がかったしぐさだったが、ユノヒョンがやると本当に様
になった。

「よ、よ、よ、よろこんで」

ユノヒョンの前では、とてもじゃないけど普段のポーカーフェイスなんか作れなかった。

駆け引きもできない位、ユノヒョンにまいっている自分はとうに自覚済みだ。

ユノヒョンの肩に腕を回して引き寄せた。

「記憶失くしちゃってごめんね。次はもう失くさないから。俺の事見捨てないでね」

俺は必死の思いでユノヒョンの唇にキスをした。

「んんっ・・・、ぐっ」

ユノヒョンはぐっと俺を抱きしめると、歯列を割って入って来た。

性感を直で刺激するようなキスが返って来た。

久しぶりにするキスにくらくらするような気持ちよさを覚えながら、俺はくったりとユノヒョンの肩に凭れた。

「これからも良い子だったら、沢山愛してやるよ」

そう言ってユノヒョンは笑った。



こうして。

俺たちの第二章は幕を開けた。


終わり
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

あぁ・・

nanaちゃん、とても良かったよ♪
最高に幸せな気分を味わった。
可愛い過ぎるユチョに嫉妬し
優しくて男らしいユノにより一層恋をし
これだから2Uは堪んない。
最後、素敵にまとめたネェ〜。
つかの間の幸せ気分をありがとう❤
ユノの股間に悩殺されたhitotonでした♪
※ 読ませてもらったお代はちゃんとポチッ(*^-^*)bと
おコメで払ったからね。食い逃げ厳禁!!!(爆)

No title

はぅ〜よかったよ〜〜〜(泣)
ラストは『そこはお外ですが・・・(^^;』なところも
素敵素敵v-10
私もハンガン行きたいっ!!!
行ったら、ユチョとユノに会えそうな気になってくる!
はぁ〜いつかは行くぞ!ハンガン!!!
待っててね〜〜〜。

終わっちゃったねぇ

ユチョが幸せ〜でユノが素敵ー!!な2Uで私もし〜あ〜わ〜せ〜になったよー^^
nanaさんありがとう♪♪
でも。
でもね。
終わっちゃって、ちと寂しい(涙)
な〜の〜で〜・・・
すばらしきこのせかい
の続き楽しみに待ってるよー♪
ユノの股間。
私もやられちゃったい(爆)

しあわせ〜

素敵な最終回で、読んでいて、2Uと一緒に幸せ気分!!
nanaさんの2Uは、ゆちょ、かわい〜な〜〜。ゆの、かっこい〜な〜〜。
大満足、長編、ありがとうごじゃいました〜

No title

nanaちゃん、あんにょん^^
も、なんもゆうことなすです…。
(;∀;)
あ、いや、一言だけ…
ありがとーーっ!!
幸せです^^

No title

昨日はゆっくりPC見れなくて、やっと今日見ました。
nanaちゃん、素敵だったよ〜(*^_^*)
やっぱり2Uはこうでなきゃ♡
次は大河ドラマ?(笑)
また次のFF楽しみにしてるよ〜\(^o^)/

No title

ステキなラスト、ありがとう〜!
記憶がなくても体が覚えてる!
2U第二章!
絆が深まってこれからもっとステキなカップルになれるよね!
nanaちゃん、長編、お疲れ様でした!
またステキなお話期待してますよぉ〜!

はぁ〜

記憶がなくても、体が覚えてるって…
なんかすっごいリアル
ユチョがめちゃ乙女で可愛い〜
このお話、切なさが付きまとってすごく好きな世界観でした
リーマンユノ氏の新作も楽しみに待ってまぁす

終わった・・・淋しい・・・

ユチョナは最後までユノを思い出せないままなのね・・・
けど2人が愛し合ってるって分かって良かったよ〜(T T)
「身体が覚えてる」ですご〜く期待したのは内緒。(*・・*)ポッ
ユノのプロポーズサイコーだった。
nanaちゃんありがと〜v-238
今度のダンスはマジでヤバい・・・
2人の股間に(* ̄。 ̄*)ウットリ〜
ユチョナは毎晩見てモゾモゾしてほしいね。

おかあちゃん☆

> nanaちゃん、とても良かったよ♪
> 最高に幸せな気分を味わった。
本当?
良かった!!
でも、次はもうちょっと盛り上がる話にするよ。
> 可愛い過ぎるユチョに嫉妬し
> 優しくて男らしいユノにより一層恋をし
> これだから2Uは堪んない。
だよねぇ。
ユチョがかわいくて、ユノがかっこいいのが基本だよねぇ。
2U大好き☆
> 最後、素敵にまとめたネェ〜。
> つかの間の幸せ気分をありがとう❤
えへへ。
エロ無で、ちょっと消化不良だけどね☆
> ユノの股間に悩殺されたhitotonでした♪
ふふふ。
おかあちゃん。
これが実は一番言いたいことでしょ☆
> ※ 読ませてもらったお代はちゃんとポチッ(*^-^*)bと
> おコメで払ったからね。食い逃げ厳禁!!!(爆)
うん。
ありがと!!
できれば食い逃げなくなると嬉しいんだけどねwww

ありがとうnanaちゃん

連投に次ぐ連投ミアネ。
なんかねぇ、もう見ちゃったら、更新されてるってわかっちゃったら、見ずにいられない。
ここまでコメ続けたらウザいよね?
許せ〜。←結局書く
うはんうはん。この動画、nanaちゃんに教えてもらってから何度見たか。
あれだよね、例の(今見れないけど)
ご本尊といったらあれしかないわねぇ。
ダメだと思うよ。これ、公共の電波にのせるのは。
こんなの垂れ流したら、老若男女性癖問わず「一度でいいからお願いしたい」って人の行列できちゃうから。
あたしだって出来ることなら並びたいわ。2年ぐらい待つよ。受付してくんないだろうけど。
お話
IERA終わっちゃうのね。って終わったのね。
思えば長かった。楽しんだ。堪能した〜。
大変な時期もあったよね。
イエラ始まってから、めっちゃいろいろなことがあって、イエラと共に色々な感情が渦巻いた、2010年〜2011年春でした。
2Uにとっても2Uペンにとっても、つらいことがいっぱいあった。
想像以上に寒い時を過ごした。
nanaちゃん、書くの辛いときもあったんじゃないかと思う。
でも、こんな風に書き上げてくれてありがとう。
はぁ・・・
色々あったけど結局幸せって。そうなってほしい。
体は覚えてる。そうだよ。
ユノもユチョも、リアルにそう感じてるはず。
リアルの二人は記憶喪失じゃないけど。
余談だけど
体が覚えてるかどうか、色々試したら良い〜。キャー。何かはいえないけど、純情乙女だからぁ〜。
冗談はさておき、
良かった。ホント。良かったよ〜nanaちゃん。
ステキなラストだったよぅ(T_T) 感動。
過去に拘らないでいい。
そうだよね、ユノ。かっこいいよ。
これから始めればいいんだよね。
想い出の場所巡って、やっぱり最後は漢江。
ふぅ。ステキな告白だったな。二人とも。
ユチョが可愛すぎて、ユノが男前過ぎて、こんなステキなカップル、ほかにいますか?
あぁ、どうにかして、リアル2Uの幸せを・・・見守りたい。
nanaちゃん、ありがとう。
イエラ終わっちゃって寂しいけど、また違うお話、楽しみにしてます♪

ぶーにゃん♪

> はぅ〜よかったよ〜〜〜(泣)
本当!!良かったぁ。
> ラストは『そこはお外ですが・・・(^^;』なところも
> 素敵素敵v-10
はっはっはっ!!
ガチで2Uはお外でやって、カシちゃんにパパラッチされたら良いと思ってますからね。あたし!!
本当。カシちゃん頼むー!!
> 私もハンガン行きたいっ!!!
> 行ったら、ユチョとユノに会えそうな気になってくる!
> はぁ〜いつかは行くぞ!ハンガン!!!
> 待っててね〜〜〜。
うんうん。
あたしも生ハンガンは見てきたんだけど、近寄れなかった。
ホテルから覗いただけー。
しかもハンガンってめっちゃ長いから、この二人のデートスポットはどこかわかんないんだよねぇ。
1週間位滞在して、どこでデートしてるか調べたい!!

koyamonさーん☆

> ユチョが幸せ〜でユノが素敵ー!!な2Uで私もし〜あ〜わ〜せ〜になったよー^^
> nanaさんありがとう♪♪
いえいえー。
koyamonさん、いつも読んでくれてありがとね!!
> でも。
> でもね。
> 終わっちゃって、ちと寂しい(涙)
> な〜の〜で〜・・・
> すばらしきこのせかい
> の続き楽しみに待ってるよー♪
続き物は終わる時が悲しいですよねぇ。
ですばらしきこのせかいは、不評なので、ふとした隙にあげます。
> ユノの股間。
> 私もやられちゃったい(爆)
だよねぇ。
凄いよねぇ。
眼福ってこれのこと言うんだよね??

mamiさん☆

> 素敵な最終回で、読んでいて、2Uと一緒に幸せ気分!!
> nanaさんの2Uは、ゆちょ、かわい〜な〜〜。ゆの、かっこい〜な〜〜。
> 大満足、長編、ありがとうごじゃいました〜
ありがとうございました!!
良かったぁ。幸せな気分になって頂いたなら、最高です!!
また、もうちょっとしたら、長編に行こうと思いますので、また遊びに来て下さいね☆

ゆちょみかんちゃん☆

あんにょんでーす!!
> も、なんもゆうことなすです…。
> (;∀;)
おー、良かったぁ。
なんかね。
あたしいつも思ってたんだけど。
ゆちょみかんちゃんて、ユチョ本当大好きだよねぇ。
ユチョが幸せなお話には食いつきが良い!!
ユチョペンの鏡だと思う!!

> あ、いや、一言だけ…
> ありがとーーっ!!
> 幸せです^^
良かったー。
幸せな終わり方が一番だよね!!
最後まで読んでくれてありがとね!!

ゆうママー☆

> 昨日はゆっくりPC見れなくて、やっと今日見ました。
> nanaちゃん、素敵だったよ〜(*^_^*)
うはーん、ありがとう☆
今回エロ無くてごめんね!!
> やっぱり2Uはこうでなきゃ♡
> 次は大河ドラマ?(笑)
> また次のFF楽しみにしてるよ〜\(^o^)/
ちょっとねぇ。
IERAの反省を込めてねぇ、大河はもう少し構成考えてからにするよ。
どんなお話にしよっかなぁ☆

しまちゃん☆

> ステキなラスト、ありがとう〜!
> 記憶がなくても体が覚えてる!
> 2U第二章!
> 絆が深まってこれからもっとステキなカップルになれるよね!
しまちゃん、最後まで読んでくれてありがとー!!
そうそう。
記憶が無くても、体が覚えてるから大丈夫!!
だって時間なんてたくさんあるんだから、これからゆっくり絆を作れば良いんだもんね!!
素敵なカップルになっちゃうよー。
うはぁーん。楽しみ!!
> nanaちゃん、長編、お疲れ様でした!
> またステキなお話期待してますよぉ〜!
いえいえー。
コメントが有るから続くんですよ!!
仕事が落ち着いたら、長編頑張りまーす!!

ゆーちゃん☆

> 記憶がなくても、体が覚えてるって…
> なんかすっごいリアル
うふふ。
だって、素材が良いんですもの!
リアルな二人のお話なんですもの!!
> ユチョがめちゃ乙女で可愛い〜
> このお話、切なさが付きまとってすごく好きな世界観でした
> リーマンユノ氏の新作も楽しみに待ってまぁす
えへへ。
めっちゃ誉めてもらっちゃった。
超嬉しい、ありがとございます!!
リーマンユノは人気が無いので、こっそり上げるね笑
新作は仕事が落ち着いたら、上げる予定です←言っておかないと書かないので笑

ラブちゃーん☆

> ユチョナは最後までユノを思い出せないままなのね・・・
> けど2人が愛し合ってるって分かって良かったよ〜(T T)
そうそう。
このお話は、絶対にユチョは思い出さないって考えたお話なので、ラストもこうなの。
だって、記憶失くしても、また恋に落ちるって素敵じゃない?
2Uは記憶の障害くらい難なく乗り越えてくれると思ったから、あえてこのラストです!!
> 「身体が覚えてる」ですご〜く期待したのは内緒。(*・・*)ポッ
えへへ。
体は覚えてるから、いざベッドに入ったらユチョ腰振りまくりだと思う←
> ユノのプロポーズサイコーだった。
シンプルイズベストだよねぇ。
プロポーズ、ことあるごとにしてそうな気がするのはあたしだけでしょうか笑
> nanaちゃんありがと〜v-238
いえいえー。
最後まで読んでくれてありがとね。
> 今度のダンスはマジでヤバい・・・
> 2人の股間に(* ̄。 ̄*)ウットリ〜
> ユチョナは毎晩見てモゾモゾしてほしいね。
本当本当!!!!!!
マジやばい。
もう振り付け担当はゲイじゃないかって言うくらいエロスだよねぇ。
ユチョのもぞもぞ超期待してるよ!!

さーちゃん☆

> 連投に次ぐ連投ミアネ。
> なんかねぇ、もう見ちゃったら、更新されてるってわかっちゃったら、見ずにいられない。
> ここまでコメ続けたらウザいよね?
> 許せ〜。←結局書く
いやいやー。
一気にこんなにコメして大丈夫?
指は大丈夫かー!!さーちゃんが腱鞘炎にならいか心配です。
でも、うれしいー。ありがとね☆
> うはんうはん。この動画、nanaちゃんに教えてもらってから何度見たか。
> あれだよね、例の(今見れないけど)
> ご本尊といったらあれしかないわねぇ。
ご本尊立派よねぇ。
ぶっちゃけ、こんなに立派とは思わなんだ。
そんなに立派じゃない説があたしの中であったのに笑
> ダメだと思うよ。これ、公共の電波にのせるのは。
> こんなの垂れ流したら、老若男女性癖問わず「一度でいいからお願いしたい」って人の行列できちゃうから。
> あたしだって出来ることなら並びたいわ。2年ぐらい待つよ。受付してくんないだろうけど。
うん。2年くらいだったらあたしも待つな。
とりあえず、長蛇の列だけど、ユチョそんなの気にしないでユノといちゃいちゃしまくりそうだ。
受付まで2年なの??
それは厳しいなぁ。
> お話
> IERA終わっちゃうのね。って終わったのね。
そうなんだよー。
終わったんだよー。

> 思えば長かった。楽しんだ。堪能した〜。
> 大変な時期もあったよね。
良かったー。
そう言ってもらえると嬉しいな☆

> イエラ始まってから、めっちゃいろいろなことがあって、イエラと共に色々な感情が渦巻いた、2010年〜2011年春でした。
> 2Uにとっても2Uペンにとっても、つらいことがいっぱいあった。
> 想像以上に寒い時を過ごした。
> nanaちゃん、書くの辛いときもあったんじゃないかと思う。
> でも、こんな風に書き上げてくれてありがとう。
そうだねぇ。
楽しいことばかりじゃなかったねぇ。
娯楽なのに、楽しめないってどういうことだって思ったことも有ったねぇ。
だけど、人間したたかなもんで、喉元過ぎれば忘れちゃうんだよね。
今はちゃんと終わってほっとしてるよ♪
> はぁ・・・
> 色々あったけど結局幸せって。そうなってほしい。
そうそう。
幸せになってほしい。
これだけなんだよね。
> 体は覚えてる。そうだよ。
> ユノもユチョも、リアルにそう感じてるはず。
> リアルの二人は記憶喪失じゃないけど。
でもユチョは忘れられない記憶に苦しんでる気がする。
ってか願望もまじってるかもだけど。
他の2人よりも表現は解りにくいけど、多分負けない位苦しんでると思う。
> 余談だけど
> 体が覚えてるかどうか、色々試したら良い〜。キャー。何かはいえないけど、純情乙女だからぁ〜。
はいはーい。
色々試させたいのね。
それは番外編でやるね☆
> 冗談はさておき、
> 良かった。ホント。良かったよ〜nanaちゃん。
> ステキなラストだったよぅ(T_T) 感動。
おっ。良かった。
そう言ってもらえると嬉しいよぅ。
> 過去に拘らないでいい。
> そうだよね、ユノ。かっこいいよ。
> これから始めればいいんだよね。
ってか。
気まずい事実を忘れ去って、もう一度恋に落ちても良いなぁ。って思うんですけど。
この二人なら、すぐにラブラブに戻るって!!
> 想い出の場所巡って、やっぱり最後は漢江。
> ふぅ。ステキな告白だったな。二人とも。
> ユチョが可愛すぎて、ユノが男前過ぎて、こんなステキなカップル、ほかにいますか?
> あぁ、どうにかして、リアル2Uの幸せを・・・見守りたい。
本当。見守りたい。
どうにかして、見守らさてくれ!!頼む!!
> nanaちゃん、ありがとう。
> イエラ終わっちゃって寂しいけど、また違うお話、楽しみにしてます♪
ありがとー。
頑張る。
次はもっと考えて始めるよ笑←
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR