fc2ブログ

行き止まりの恋(2UFF)

さてさて。

今年はヤバイ位過渡期が暇で。

思ったより、通常更新に戻るのは早い感じです。

ってか。

最近忙しくて、妄想する暇無かったのに。

今日、お休みでBUGのCD買ってきて。

聞きまくってたら、FFが進む進む。

ついでにFFの勉強しようと思って古本屋で買った本がめちゃくちゃ面白くて。

なんだか素敵な一日でした。

んで。

もう結構前に上がってたけど、かわいいから載せます。

reading (2)

かわいくないっすか?

めっちゃかわいいんですけど。ユッチョーン!!

なんだか、日本人役で、ニュースには最後没落するっぽい話が載ってましたね!!

没落ユチョ!!

なんておいしそうな設定なの!!!

今から鼻息荒いっす。


あとは。これ。

yuno261.jpg

Esquire Magazine のユノ様ですなぁ。

なんか、二男ユノが白王子で、三(あやしいですが)男チャミが黒王子なんですかねぇ。

しかも、ユノ→継母。チャミ→長男の嫁って感じで恋愛感情が錯綜してるって聞いたんですけど。

なんて素敵な写真!!

ユノには年上だと思う。ってみんな思ってるんだなぁって思いました。

まぁ、一番似合うのは、一番上の写真の1個年下のかわいいウサギさんが似合うんだけどね☆

本当。

グループが分かれて、JYJが出来てもうすぐ1年ですよね。

でも両方の情報が毎日のように飛び交ってるって凄いなぁ。って思う。

だけど、やっぱり元鞘に戻れるなら戻ってほしいなぁ。


って思った夜でした。









拍手は良いので、ランキングボタンぽちお願いしますー!!

こんなご時世。

2Uなんて単語がついたブログがどこまで行けるか挑戦中!!

そうそう!!

最近ランキングに新着記事に反映されないことが多いです。

もしかしたら、記事が上がってることもあると思いますので、5日以上新着記事が上がってなかったら。

覗きに来てくれると嬉しいな☆
web拍手 by FC2
行き止まりの恋

その暗くて狭いバーは、カウンターだけの、とても小さな店だった。

バーテンは寡黙で、込み入った話に入ってこないので、俺たちの秘密の話は当然のようにここでするようになった。

俺たちはそのバーのカウンターの一番奥の席に座った。

その方が、誰にも話を聞かれないから。

数日前、そこへ行こうとユノヒョンから連絡があった。

ちょうどユノヒョンの映像を見ている時だった。

「深夜なら」

ドラマの収録もまだ序盤で、夜中まで収録が続く状態にはなっていなかった。

「その方が俺も助かる。じゃ、29日の深夜2時に」

そう言って短い電話は切れた。

その約束通り。

2時少し前にユノヒョンは黒いキャップを目深にかぶって店の前に現れた。

「入って居れば良かったのに」

ユノヒョンは、そう言って目じりを下げる。

俺はにこりと笑うと。

「ここだけは二人で入りたいから」

と言った。

店からこぼれ出る、白熱灯の柔らかな光を浴びたユノヒョンは暖かく笑った。

ぎゅっと肩を抱かれて。

「肩が冷えてる。待たしてごめんな」

そう言って、俺の耳にユノヒョンの熱い唇が当たった。

「そんなに待ってないよ。ユノヒョン・・・会いたかった」

そう言いながらユノヒョンの腰に腕を回した。

「じゃあ、入ろうか」

とひとしきり再開の抱擁を交わしたユノヒョンは、深緑色にペイントされた扉を開けた。

俺たちが連れ立っていつもの席に座ると、カウンターの反対側の隅に1組のカップルが居るだけで、店内には静か
にジャズが流れていた。

俺たちがいつものと言うと、年配のマスターがにっこりと笑った。

そして突き出しのピーナッツが出される。

「ユノヒョン、新曲も素敵だった」

俺はこの前の録画してまで見た番組の事を口にした。

ユノヒョンはカウンターに肘をついて俺を見た。

「ありがとう」

そう言ってはにかむ。

その笑顔は以前と変わらず優しい。

かつて、俺たちはお互いをお互い以上に愛していた。

それは今でも変わらないと思う。

状況は変わり。

俺たちは別々に。もっと言い換えると商売敵になった。

俺はユノヒョンに会う時は、いつも緊張する。

いつ別れ話を言われるのか。

いつ捨てられるのか。

そればかり考えて・・・、その瞬間を1秒でも遅くするために、俺は最初に口火を切るようになった。

ユノヒョンの心変わりを心配している訳ではない。

ただ。

あまりにも状況が悪すぎる。

いつも一緒に居たのに、今では月に1回会えたら幸せだ。

そんな生活をしていて、ユノヒョンが疲れて俺を捨てるのではないかという妄想は常に頭をよぎる。

時間は人を変える。

この法則は恋愛においても変わらないと信じてる。

だから、ユノヒョンが俺の顔を見て微笑んでくれるだけで、心の底からほっとする。

そして同じ強さで、「今回は助かった。次回は解らないけど」と思う自分が居た。

今回もそんな事を想いながら、俺はユノヒョンの精悍な顔を見つめる。

凛とした意志の強そうな目に吸い込まれそうな気分に浸っていると。

「どうぞ」

とマスターがユノヒョンの前にジントニック。俺の前にギムレットを置いた。

俺たちはこつんとグラスをぶつけると腕を交差させて乾杯した。

「ユノヒョンの曲の君だけを見つめるのが負担に感じるなら。僕はもう行くよって歌詞。心臓に悪くて、覚えちゃ
った」

最初のワンフレーズを軽く歌いながら、ユノヒョンに伝えた。

「なんで」

ユノヒョンは心底不思議そうな顔で俺を見つめる。

「だってユノヒョンの会社と未だに係争中の恋人なんて、重荷以外の何物でもないじゃん。俺も身を引かなきゃい
けないのかなって思って」

俺はそこまで一気に言うと、目を伏せた。

すると聞こえたのは、ぷっと吹き出すユノヒョンだった。

「そんなこと気にしてたのか」

スツールを俺の方に向けると、ユノヒョンは俺を抱きしめた。

俺はユノヒョンの肩に顔を埋める。

自然と流れた涙が、ユノヒョンの肩を濡らす。

「ユチョナ。いつ俺が、お前を重荷だなんて言った」

優しい優しい声。

俺は顔があげれない。

「だって、ヒョン。どう考えたって重荷でしょ。恋人と職場が係争中なんだよ。周りからもなんか言われるだろう
し」

BGMのトランペットが寂しげに響く。

ユノヒョンがさらにきつく俺を抱きしめる。

「確かに言われる。だけど。俺のプライベートと仕事は関係無いし、ユチョナ達の事は毎日心配している。その事
実が俺とお前の中を壊す原因にはなりえない」

真顔に戻るとユノヒョンはきっぱりと言い切った。

そして残ったジントニックをぐいっと飲みほした。

「俺の言葉だけを信じてろ、ユチョナ」

そう言って俺の目じりの涙を舐めとると、ユノヒョンは笑った。77

俺は自身は無かったが、こくりと一回首を縦に振った。

それに。

そう言ってユノヒョンの言葉が続いた。

「俺たちの恋愛は、この先結婚も子供もできない。人生で言ったら行き止まりだろ。そんな恋愛には少し刺激があ
った方が楽しいじゃないか」

と、いたずらっこのように笑った。

俺は一緒に居た時よりも一回りも太くなった腕にしがみついた。

「な。山も無い谷も無いドラマなんて、視聴率取れないだろ。俺たちの恋愛は凄い視聴率取れるよな」

その言葉にパボと一言つぶやいて。

俺は久しぶりに笑った。


End
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

「華麗なる一族」コリア版が見たくて『Esquire Magazine 』ポチったヤツは私です。
あ〜楽しみ(*^_^*)
やっぱり2Uはいいな〜
行き止まりの、先の見えない辛さのなかでも、愛を育もうとする
ユノの健やかな愛情と、それについていこうとする健気なユチョ。
nanaちゃん、素敵FFありがと〜\(^o^)/

Oh,My God !

nanaちゃん、
今回の読み切りめちゃ良かった♪
nanaちゃんの最近の中では超Hit商品だね。
っていうかあたしの大好きなパターン
時事ネタではテンション上がりにくい昨今なんだけど
このお話NonEroなのにかなり熱くなって饒舌になる。
なんだろう、ユノとユチョの位置(場所のことじゃないよ)がはまったのかなぁ〜?
とにかくチェゴ!最近ユノを見てエロしか思い浮かばない自分が嫌になった(爆)
2Uはリアルでも是非こうであって欲しい。
今日のお話
hitotonお薦め度★★★★★
でしたっ・・・っと!
nanaちゃんEDじゃないじゃん。起ってる起ってる(爆)

No title

nanaちゃん、あんにょん^^
あぁ…そのサジン!!
最近、ゆちょ欠乏症だからね…
見たとき、あんまりユチョンが可愛すぎて
うるうるしちゃったヤツ!! (T▽T)
ホント、かわいいよねぇ
(///ω///)ウンウン♪
お話は、もう!!めっちゃ素敵だった!!
も、nanaちゃん、ほんと、ありがと♪
甘々だけど、タイトルはセツナ系で、きゅんとしちゃうよぉ♥
ゆちょの笑顔・・・
どうか、ずーっと消えませんように・・・。

良い〜♪

nanaちゃん
没落ユチョ見たい。
またウマイんだろうな、演技。
見たいけど見たくない。何?
イ・ダヘさんと、さり気にお揃の服ばっかり。衣装だけど。
ホミンのこの雑誌、やっぱ欲しい。やばいなぁ。
お話・・・
めっちゃ良い。リアル。
あたしの大好きな大好きな現実とシンクロするお話
nanaちゃん、ホントウマイよね、これ系のお話書くの。
良いわぁ〜。これ最高。
あたしさぁ、体触って「待たせてごめん」って感覚、好きだ。
待ってないよって言いながら、手触ったら冷たくて「いつからいたの?」とか。
「確かに言われる。だけど。俺のプライベートと仕事は関係無いし、ユチョナ達の事は毎日心配している。その事
実が俺とお前の中を壊す原因にはなりえない」
あぁ、ユノ言ってそう。言っててほしい。言って〜←
「俺たちの恋愛は、この先結婚も子供もできない。人生で言ったら行き止まりだろ。そんな恋愛には少し刺激があ
った方が楽しいじゃないか」
キャー。パタリ(倒れた萌えすぎて)
うんうん、そうだ。そうだよな。
イヤー、もうかっこよすぎる。ユノ。たまらん。
俺は久しぶりに笑った・・・
ユチョン。
あぁ、笑って欲しい。笑ってユチョン。
もう、nanaちゃん、これ読み切り?え、読み切り・・・そっか。
この世界、また書いて欲しい。続きものじゃなくていいから。お願いします。
はぁありがとう。
いつも楽しませてもらってるけど、これ、本当に好きです。
2Uが幸せになる日が来ますように。
5人が元の鞘に戻れますように。

ああっ!!

週末に家族サービスしてる間に・・・
めっちゃ更新されてる〜^^
リアルでユノがJYJと連絡取れてない、って言った時
じつわけっこうダメージおおきくて。
でもこのお話読んで、
あっ、そうだよね。
秘密の恋だもんね。
たとえ月1でも会ってるなんて言えないよねぇ〜
って一人で幸せな気分になったよー^^
あっ!
番外編も行ってこないと!!

やっぱ

ユノSummer素敵すぎる
リアルに密会してもよさそうだー
じゃなくてしてそうだー
いや、多分してる(笑)
いいなぁ、ユチョ。
ユノSummerにこんなに愛されて←おい
ユチョだから、愛されるんでつよね
結婚がなくても、続いてく愛
これこそ、永遠の愛だと思いまつ

ゆうママ☆

> 「華麗なる一族」コリア版が見たくて『Esquire Magazine 』ポチったヤツは私です。
> あ〜楽しみ(*^_^*)
なんか超エロいよねぇ。
ユノが年上の人妻(←ここ大事)に恋してるってだけでテンション↑↑ですよね。
> やっぱり2Uはいいな〜
あれ?
良いけどさ。確かに良いけどさ。
そこに落ち着くの!爆笑
さすがゆうママ☆
> 行き止まりの、先の見えない辛さのなかでも、愛を育もうとする
> ユノの健やかな愛情と、それについていこうとする健気なユチョ。
> nanaちゃん、素敵FFありがと〜\(^o^)/
えへへ。
ゆうママもいつも読んでくれてありがとね。
あたしのイメージはユチョはかわいくて、ユノはかっこいいのが鉄板ですから!!
けなげなユチョ大好きだー!!

おかーちゃーん!!

> nanaちゃん、
> 今回の読み切りめちゃ良かった♪
> nanaちゃんの最近の中では超Hit商品だね。
おっ。
珍しく誉められた。嬉しー☆
ありがとね。
> っていうかあたしの大好きなパターン
それは知らなかった!!
おかあちゃんは、ユスが激下ネタトークしてるか、チョンジェが罵り合いながらユノを取り合う話が好きなんだと思ってたよ!!
しかもエロ無しだよ!!!
> 時事ネタではテンション上がりにくい昨今なんだけど
> このお話NonEroなのにかなり熱くなって饒舌になる。
> なんだろう、ユノとユチョの位置(場所のことじゃないよ)がはまったのかなぁ〜?
かなぁ。
でもおかあちゃん、ユノを愛してるユチョ大好きだもんね。
そこもツボの一因かなぁ。
> とにかくチェゴ!最近ユノを見てエロしか思い浮かばない自分が嫌になった(爆)
いやいや。
あれはユノが悪いって。
廃棄物いっぱいたまりすぎて、股間が大変なことになってるんだもん。
そこでエロに行かなかったら、おかあちゃんの偽物として排除するところだったよ笑
> 2Uはリアルでも是非こうであって欲しい。
うん。
2Uは静かに呑んでほしいなぁと思う。
んで、ユチョはユノの前では泣き上戸であってほしいよ。
> 今日のお話
> hitotonお薦め度★★★★★
> でしたっ・・・っと!
うはーん、嬉しい。
だけど十段階じゃないよね??
> nanaちゃんEDじゃないじゃん。起ってる起ってる(爆)
オー良かった。
最近自分がED疑惑だったんだよ。
良かったわぁ。

ゆちょみかんちゃーん☆

> nanaちゃん、あんにょん^^
あんにょんです☆
> あぁ…そのサジン!!
> 最近、ゆちょ欠乏症だからね…
> 見たとき、あんまりユチョンが可愛すぎて
> うるうるしちゃったヤツ!! (T▽T)
> ホント、かわいいよねぇ
> (///ω///)ウンウン♪
本当。久しぶりにかわいいユチョが見れたー!!
ってあたしも叫んだ。
めっちゃかわいいよねぇ。
> お話は、もう!!めっちゃ素敵だった!!
> も、nanaちゃん、ほんと、ありがと♪
> 甘々だけど、タイトルはセツナ系で、きゅんとしちゃうよぉ♥
> ゆちょの笑顔・・・
> どうか、ずーっと消えませんように・・・。
本当?
ありがとう、超嬉しい!!
ちょい切な目のお話だけど、あたしもこの話気に入ってるんだよね。
だから、素敵って言われて超嬉しかった。
ありがとね!!
ユチョには笑っててほしいよね。

さーちゃん☆

> nanaちゃん
> 没落ユチョ見たい。
> またウマイんだろうな、演技。
> 見たいけど見たくない。何?
いやいや。
がっつり見たい。
ぼろぼろになっていくユチョとか、見らずばなるまい!!
> イ・ダヘさんと、さり気にお揃の服ばっかり。衣装だけど。
韓国はやっぱりペアルックが根強い人気なんだろうか。
ジェスは爆笑してたけど。
> ホミンのこの雑誌、やっぱ欲しい。やばいなぁ。
うんうん。
欲しい。
これユノ単品だったら買ってたよ。(なぜかユノ単品の雑誌しか買わない女)
> お話・・・
> めっちゃ良い。リアル。
おー。
ありがと☆
嬉しいよ!!
> あたしの大好きな大好きな現実とシンクロするお話
> nanaちゃん、ホントウマイよね、これ系のお話書くの。
本当?
あたし妄想族だから、聞きかじった話に、好きな単語入れるのが大好きなんだよねぇ。
> 良いわぁ〜。これ最高。
> あたしさぁ、体触って「待たせてごめん」って感覚、好きだ。
> 待ってないよって言いながら、手触ったら冷たくて「いつからいたの?」とか。
そうそう。
あたしも大好き。神田川。
男(役)が彼女を温めるってのがミソよね。
> 「確かに言われる。だけど。俺のプライベートと仕事は関係無いし、ユチョナ達の事は毎日心配している。その事
> 実が俺とお前の中を壊す原因にはなりえない」
> あぁ、ユノ言ってそう。言っててほしい。言って〜←
うんうん。
かっこよくきめてほしいよ。
> 「俺たちの恋愛は、この先結婚も子供もできない。人生で言ったら行き止まりだろ。そんな恋愛には少し刺激があった方が楽しいじゃないか
> キャー。パタリ(倒れた萌えすぎて)
おっと。
さーちゃん大丈夫。
鼻血ふいたげるね。ふきふき。
> うんうん、そうだ。そうだよな。
> イヤー、もうかっこよすぎる。ユノ。たまらん。
うふふふ。
俺様の美技に酔ってくれたかしらん?
> 俺は久しぶりに笑った・・・
> ユチョン。
> あぁ、笑って欲しい。笑ってユチョン。
そう。笑っててほしい。
幸せそうにふにゃっと。
> もう、nanaちゃん、これ読み切り?え、読み切り・・・そっか。
> この世界、また書いて欲しい。続きものじゃなくていいから。お願いします。
大丈夫。
リアルとシンクロしてそうなお話がうちの売りなので、こんなお話はこれからも書くよ!!

> はぁありがとう。
> いつも楽しませてもらってるけど、これ、本当に好きです。
良かった。
結構評判が良いんですよ。このお話。
今夜もどこかのバーで二人が飲んでたらなぁって思います。はい。
> 2Uが幸せになる日が来ますように。
> 5人が元の鞘に戻れますように。
本当だよ。
迷子ちゃんたちが早く戻ってこれますように。

koyamonさん☆

> 週末に家族サービスしてる間に・・・
> めっちゃ更新されてる〜^^
ふっふっふ。
気を抜いちゃいかんぜよ☆
たまに更新ラッシュがあるのですよ。うちのブログは!!
> リアルでユノがJYJと連絡取れてない、って言った時
> じつわけっこうダメージおおきくて。
koyamonさんも?
あたしも凹んだ。
さすがにそこまで仲が悪くなってるとは思わなかったからさ。
しかもユノの口からきいたから、余計がっくりしたよね。
> でもこのお話読んで、
> あっ、そうだよね。
> 秘密の恋だもんね。
> たとえ月1でも会ってるなんて言えないよねぇ〜
> って一人で幸せな気分になったよー^^
そうそう。
だって、ユノ言ってたじゃんね!!
恋人が居るのは公表しないタイプですって。
だから言わないんだよ☆
> あっ!
> 番外編も行ってこないと!!
行ってらっしゃーい!!!

ゆーちゃん☆

> ユノSummer素敵すぎる
> リアルに密会してもよさそうだー
全くだぁー。
ってか、リアル密会、本当に無いのかなぁ。
> いいなぁ、ユチョ。
> ユノSummerにこんなに愛されて←おい
> ユチョだから、愛されるんでつよね
ですよねぇー。
2Uは本当にガチでいてほしいなぁ。
> 結婚がなくても、続いてく愛
> これこそ、永遠の愛だと思いまつ
うん。本当に。
続けていくのも超努力が居るけど、2人なら問題ないだろうなぁ。
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR