fc2ブログ

目を開けたまま寝てたみたい。

家に帰ってきたのが0時過ぎで。
コメ返して、イロイロなブログ様回ってきて。
プラグイン追加しまくって・・・。

何で今1時30分なんだろう?

んん?


まぁ、いいや。
多分素敵な2Uの夢見てたんだと思います。

さて。
皆様。
左手の、ランキングボタン見ていただけたでしょうか?
若干下にあるので、見落とした方もいらっしゃるかもしれません。

お好きなカップルにポチっとお願いいたします。

ラインナップは。

2U48.jpg
いつでもラブラブ2U!


yusu.jpg
キャットファイト、ユス

tyonje.jpg
オールラウンダー達の祭典 チョンジェ

jj7.jpg
東方神起BL組!キングオブ王道 ユンジェ

hosu1.jpg
ヒョン大好き! ホス

minsu54.jpg
ズンス以外の男とはくっつかねぇ!!チャンミン 間違えた! ミンス

kiss1.jpg
セフレと言うよりヤリ友 キス


あとは、項目入れるボックスが無かったから割愛です。
その他が好きな皆さん、ぜひぜひコメント欄でイチオシカップル教えて下さいね☆

homin.jpg
ホミンとか。

jensimu1.jpg
ジェンシムとか。

jesu.jpg
ジェスとかありますよね?

実は、ですね。
ブログ作成した当初から、投票やってみたかったんです。

でね。
うち、もうすぐ1万HITなのですよ。
nanaの予測では、明後日くらいには1万行くかな。
ってか行ってほしいなぁ。って感じなのです。

人生で初の1万ヒットです。

これは祭らないといけんでしょう。

と、今日出勤途中で思ったのですよ。
で。祭りするにも何にしよう。と思ったんですね。

そうだ。投票!!

と、言うことで投票です。
多分HITとかってブログ製作側が、いつも来て頂いてる皆様にお礼するためにやりますよね。

なんで、皆様のお手を煩わせているんだ??

と、今日仕事から帰ってくるときに思いました。
そしてちょっと反省しました。
でもこんな機会じゃないと、投票なんてできないんだもんっ。




と。追記を書いていたら妹が起きてきました。
投票を置いているのに速攻気づき。
投票設置して何になるの?
と直球でつっこまれたよー。
うわーん。



自己満だよぅ。



で。
投票をなんでするかって話ですが。
ヒット数が1万ヒットを超えた日の夜までに一番多かったカップルFFを書こうと思いましてね。
投票を設置したんですよ。

追記にね。
サンプル置いてます。
nanaこんな文章書くんです。すげぇ下手っぴですが。
下手糞なんですが、書くのスキです。下手の横好きですよ。
サンプルは腐れた人用ですのでお気をつけ下さい。




ではでは。
投票ぽちっとよろしくお願いいたします。
ただの個人的趣味です♪
お付き合いいただけるとうれシアです。




やばいです!
睡眠時間が足りません!!
あんなに短い追記でしたが、実は2時間くらいうんうんうなってたのは秘密なんですよ☆
可愛そうになった方は、ぽちっとお願いします!


にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
こっちにもポチっとお願いします。
web拍手 by FC2
さてさて。
この先、字ばぁっかりです。
しかも2Uです。
画像入れる余裕が無かったっす。
そんなのでも見ていただける懐の広い方、腐ってる方はこの先どぞー。

下手糞の文章見ると気分わるくなっちゃうので、それ以外の方はばいばいねー。
ではでは。
nanaの腐ったお話はっじまるよー!!
しかも、タイトルはまだ無い笑








 約30時間ぶりの部屋。
 ベッドが2つ並んだだけの、狭い空間。
「疲れたぁー」
 そう言ってヒョンはベッドに飛び込んだ。
 俺は帰るついでに買ってきた缶ビールのプルタブを開けて、ぐいっと飲むとベッドの間にある小さなテーブルに置いた。
「おっ、頂き」
 ご機嫌なヒョンは、一言そう言うやいなや、ぐいっと缶を開けた。
 俺はそんな兄を横目で見ながら、仕事に行く前に片付けそびれたペットボトルを片付けた。
 見事にふたと本体がばらばらになっているペットボトルを全てゴミ箱にしまうと、2本目の缶ビールをあける。
 プシュっと言う良い音が部屋に響く。
 立ったまま一気に飲み干すと、ふぅと一息ついた。
 ふとヒョンを横目で見ると、日課の電話を掛けている。
 今日はビールが入ったからか、いつもよりもオーバーな身振り手振りで嬉しそうに友人と話していた。
 ノートパソコンが立ち上がる間、この愛しい兄のくるくる変わる表情を見つめる。
 なんだか、こっちまで幸せな気分になって、3本目のビール開けた。
 
 夜の時間は静かに過ぎていき、気が付けば隣の大男はすぅすぅと寝息を立てていた。
「まったく」
 無防備に寝ている愛しい兄の顔を撫でると、携帯電話を回収した。
 ベッドヘッドに携帯を戻し、兄に布団を掛けようとすると。
 ぐいっと兄の胸の中に引き寄せられた。
「うぉっ」
 俺の驚きの声が聞こえたのか、兄がぱちっと目を開けた。
「ゆちょなー」
 甘い声で俺を呼ぶ声。
 甘えるように、ほほを近づけてくる。
 兄の首に腕を回し、俺もほほを摺り寄せると、再び兄は目を閉じた。

「ヒョン、ユーノーヒョーン」
 がっちりと抱き込まれた俺は身動きがとれずに、背中を叩いてみた。
 数回背中を叩いてみたが、ヒョンの腕の力は緩まない。
 仕方なくヒョンの顔を見つめる。
 精悍な顔。男らしい顔。
 急に愛おしさといたずら心がむくむくと沸いてきて、俺はヒョンの鼻の頭にキスをした。
 ちゅっと言う濡れた音が部屋に響く。
 ちゅっ、ちゅっ。
 鼻だけでは飽き足らず、唇を移動させながら顔中にキスの雨を降らせた。
 ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ。
 と最後に下唇を甘く噛んだ。
 その時、兄の唇が上に引きつった。
「ユノヒョン、起きて」
 厚い唇をこじ開けるように舌を入れる。
 兄の熱い口の中を、歯列をなぞるように舌を這わせる。
 密着した下半身から、兄の熱が伝わってくる。
 瞼が軽く震える。
 兄が起きるまでもう少し。
 俺は体をずらし、耳に舌を差し入れた。
 耳たぶを舐り、耳にもキスの雨を降らせた。
「こーらー、ユチョン」
 眠そうな声声で兄が目を覚ました。
「だって、こんなに素敵な人とベッドに居るのに何もしないなんて、男じゃないでしょ?」
 兄はくすぐったそうな顔をして、俺の生え際に指を突っ込んで頭を撫でた。
 俺は兄の完全におきている兄自身に手を這わせる。
 
 


と。
本当にごめんなさい。
タイムアウトでございます。
今からベッドの上でドルフィンキックをかます2U(もう何がなんだか)がいらっしゃるのですが。
もうさすがに寝ないといけません。
皆さん脳内補完でおねがいします。

嘘です。
奇跡的に続きのご要望が1件でもあった場合は、このエロシーンの続きから書こうと思います。

本当にいつもノープランでごめんなさいっ。
時間が無くてごめんなさいっ。
あーっ!!!!!!!
仕事休むと良い感じで更新できるんですが。

週末に早くならないかなぁ。

あ。
と、言うことで。
お好きなカップリング投票お願いします♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

怒涛の更新ですね

nanaさん、アンニョン!!
更新ペース早いですね。
尊敬します。
でも、ちゃんと寝てくださいよ〜〜
早速、カップル東方投票させて
もらいました。もちろん。2Uに!
私の乏しい人生経験では、脳内補完できませんでした。
こっそり、続きお願いします。v-402

もちろん2U

こんばんはー!!
カップル投票させて頂きました!
もちろん2Uですよ^p^
ユスと、迷ったのですがやっぱり2Uへとマウスが動いてました←
ドルフィンキックみたいです\(^p^)/
ぜひ続きお願いします!それでは^^

2U隊員ですから。

願わくば二番隊隊長あたりのポジションにつきたいです!笑

ユチョンになりたい

このお話のユチョンになりたいです。
どうか私もがっちりと抱き込んで下さい。v-10
ぜひ続きをお願いします。
でも体に無理のない程度で。

Re

ぷりん姉さん!!
お返事遅くなって申し訳ないです。
さっきまでがっつり寝れました。
体力が戻ってきたので、思いっきり修正と続き書こうと思います!
投票もありがとうございます。
実は、うちに来て頂いてる方とあたしの感覚がずれてたらどうしようと思ってやってみたんですが。
ずれてなかたのが分かりました♪
このまま突っ走ります。
更新は趣味なので、しばらくはこのペースです☆
人生でこんなにブログ書いたの初めてですよ。
これもそれも、彼らが休まず働きまくってくれたおかげですよ。本当トンって凄い!

Re

鏡子さん、お返事遅くなってごめんなさいー。
投票ありがとうございます♪
2U好きさんは、ユスも好きな人多いですよねー。
あたしもどっちか悩んでます。自分だったらどっちに入れるかなぁと。
2Uに入れて、次の日(姑息かしら)あたりに、こっそりユスに入れるかなぁ。
そしてうっかり2Uって字をぽちっちゃって、結局ユスに入れられない罠に陥りそう笑
ドルフィンキック♪
ありがとうございます、今続き書いてますよー。

Re

じゃ、あたしは切り込み隊撮影班で!最前線でがっつりと!!

Re

mikikoさーん。
2度目のコメントありがとうございました!
今修正と続き書いてます。
昨日の夜にガッツリ寝たので体調もばっちりです☆
ユチョンにもっと良い思いしてもらって、ユチョンとシンクロしちゃって下さい☆
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR