fc2ブログ

It is not possible to understand.(多分2UFF)

この前のFFを書いたら、チャンミンサイドも書いてみたいって言われたので、ちょっと書いてみました。

これ、もうちょっとじっくり書いた方が良かっただろうなぁ。

と、反省しつつ。

それを書く技量が無い自分に歯ぎしりしたnanaです。おはようございます。

上手に文章を書けるようになりたいです。本当。


で。

nana基本的に、FF書いてる最中は音楽聞いてます。

日本語を書くので、日本語の曲を聴くと邪魔なので、もっぱら韓国語の曲を聴いてるんですが。


今日はこの曲聞いてました。



エムブラさんのジオ君のソロ曲ですな。

MBLAQ G.O 디지털싱글 [내 꿈에서라도]と書いておおります。読めません笑

Even In My Dreams英語訳のタイトルはこれらしいです。

ジオ君の声って結構甘いんですねぇ。

ジオ君は髭のイメージだったんですが。髭なくなっちゃったね。(ビストのラッパー君が普通の髪型になったのと同じ位のショックを受けたのは秘密なんだぜ)

エムブラさんで甘い声ってなんとなくイメージが無かった(まぁ、良く知らないだけなんだけどさ)んですが。

良いですなぁ。

プロモがまさかの静止画なのも、またびっくり。

それにしても。

最後。

なんでジオ君泣いてるの?

彼女にプロポーズ断られたの?

後半が全く分からなかったんですが。

誰か知ってる人居たら、教えてほしいです。



と、ダラダラ書きましたが。

そろそろ仕事の準備に入るので、今日はこれにて。










拍手は良いので、ランキングボタンぽちお願いしますー!!

いつもポチありがとうございます。
web拍手 by FC2
It is not possible to understand.

「ユノヒョン。ヒョーン」

ユチョニヒョンの甘える声。

ユノヒョンに対してしか使わない、甘ったるい声。

それに答えるユノヒョンはとても男らしくて、男同士と言うことを除けばこの二人はとても素敵なカップルだと思
っていた。

ユチョニヒョンとユノヒョンがくっつくまで、それは本当に色々あった。

当時付き合っていたジェジュンヒョンから、ユチョニヒョンがユノヒョンを略奪した所から始まって。

仕事が忙しく無かったら、絶対にグループは空中分解していただろう。

それ位ドロドロとした濃い人間関係が入り組んでいた。

幸い、俺はマンネだったから兄たちの恋愛戦争には巻き込まれなかった。

だからより客観的に、彼らの動きを見ることができたのだ。

結局はユチョニヒョンがユノヒョンを捕まえて、本当に理想的なカップルに落ち着いた。

そう。やっと落ち着いたのだ。

それなのに。

あんなに幸せそうだったのに。

ユチョニヒョンは出て行った。

半身が出て行ってから。

みるみるユノヒョンは弱って行った。

顔は腫れ。目から力が抜け。見るからにぼろぼろになっていった。

スケジュールはどんどんなくなって行って、ついにあんなに忙しかった日常は無くなった。

スケジュールが真っ白になりながらも、続けるレッスン。

ユノヒョンはそうやって動きまくることで、何も考えないようにしているようだった。

俺も兄たちが居なくなったショックで、呆然とした日々を過ごすようになった。

ユノヒョンは考えないように。俺はどうしてこうなったのか考え倒す日々。

こんなに愛した人を捨てれるのか。

俺はこれまで、こんなに人を愛したことは無かった。

以前はあの二人は本当に理想的なカップルだとさえ思った。

しかし、この現実はどうだろう。

破局なんて考えられなかった二人は別れ、ユノヒョンは憔悴しきっている。

この目の前の現実に、俺は恋することさえ恐ろしいと思った。

恋愛は凶器だ。

どうしてユチョニヒョンはこんなに酷い事をユノヒョンにすることが出来たのだろう。

「ヒョン。ユチョニヒョンとは別れたんですよね」

こんな言葉をかけられるようになったのは、つい最近のこと。

2人で、彼らの居たこのグループを続けていくことが決定してからだ。

「いや。別れてはいない」

強い口調でユノヒョンはそう言った。

「あっ・・・」

俺は言葉を失った。

あ。あ。あ。あ。と口だけがぱくぱくと動いた。

ユノヒョンは右眉だけを器用に上げた。

なんでそんな事を聞くのかわからない。そんな様子だった。

「あんたは、馬鹿ですか。あんな酷い男なんか捨ててしまえば良いのに。あんな自分勝手な、性格の悪い男なんか


「ユチョンは、確かに我儘なところも有るけど、そんな酷い人間じゃないよ。チャンミン、人を悪く言ったらダメ
だよ」

とても穏やかな表情で、そう諭された。

俺は、この人は恋愛で傷つき過ぎて頭がおかしくなったんだと確信した。

「俺はあなた達は本当に理想的なカップルだと思っていました。だけど、彼はヒョンを置いて出て行った。自分の
都合だけで。ユノヒョンの事も考えず。そんな人を自分勝手と言わずなんていうんですか」

俺はそう言った。目を覚ませユノヒョン。そんな気持ちで。

すると目を伏せて、ユノヒョンはこう言った。

「仕事か恋人かを天秤にかけて、仕事を選んだ俺だって自分勝手だよ」

その言葉で、俺は言葉を失った。

失念していた。彼らが動くことで、ユノヒョンも選択を迫られたのだ。

そして、ユノヒョンは死んだ恋の亡霊を胸に住まわせながら、この2年間を生きてきたのだと。

思えば。

家の中で誰かの気配を感じると、必ず「ユチョン」と声をかけた。

寝言でも何度も何度も「ユチョン」と呟いていた。

気が付くと、携帯の待ち受けのユチョニヒョンの画像をじっと見ながらふさぎ込んでいた。

そんなユノヒョンを見るのが辛くて、会社に我儘を言って引っ越ししてもらった。

俺だけの部屋を作って、恋の亡霊と生きているユノヒョンを俺の世界から追い出した。

そんなに思っているのに。

仕事を選んだユノヒョンに、理解はできなかった。

そして、あんなに愛していたユノヒョンの傍から離れて行ったユチョニヒョンの心情も理解できなかった。



end


It is not possible to understand.(理解できない)
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

わたしは今の東方神起を応援しようと決めたから
ここに来るべき人間ではないのかもしれない。。。でも、
沈んでは思い出したように浮かんでくる2Uへの想い。。。。
いつも心の隅っこに魚の骨みたいに引っかかって
こころがチクチク痛み出すのです。。。。
本当に好きだったから
忘れることなんてできない
nanaさん、
こんなわたしですが、たまにおじゃまさせてもらっていいでしょうか。
そして、どんなカタチであれ2Uの二人が今も繋がっていてほしい。。。
そう、願わずにはいられません。

No title

ユノは他人を責めない・・・。
ユチョンも自分も・・・かぁぁぁ・・・。
なんかほんとにほんとに切ないよぉ!
「別れてない」を信じて2Uを応援する!(笑)
だってほんとに理想的なカップルだもの!

めんたいこママさん☆

おはようございます。めんたいこママさん。
うちは2人の東方神起派だろうが、JYJ派だろうが全然問題ないですよ。
だって、管理人がどちらかに傾倒できずに、間口がどんどん広がってますので。
> そして、どんなカタチであれ2Uの二人が今も繋がっていてほしい。。。
> そう、願わずにはいられません。
そう言ってくれるのであれば、全然うちで遊べるじゃないですか!
全然気にしませんので、どんどん遊びに来てくださいね。

名無しさん☆

お名前が無くてびっくりしました。
だけど、携帯からコメすると名前が消えることが良くあるらしいですね。
今度お名前教えて下さい!!
> 「別れてない」を信じて2Uを応援する!(笑)
> だってほんとに理想的なカップルだもの!
うんうん。
なんだか、二人がまた一緒になるチャンスさえあればどうにかなるかも。
って思えるところがこのカップルの一番恐ろしい所ですよね。
あたしもあのカップルが別れてないって信じてますよ!!

これも切ない

ほんっと、切ないねぇ。
仕事を選んだ俺だって自分勝手だよ。
ってゆうユノの言葉に、はっ!とさせられちゃって。
なんか自分の2U大好きで、ユノペンだけどユチョも大好きで、
なのにどこか、やっぱり出てっちゃた事に対してすこ〜しだけ、
ユノよりな自分の思いを見透かされたようでドキドキしてしまった。
こんなに切なくて悲しくなっちゃうお話なのに。
あたしのリクエストでnanaさんがチャミ編書いてくれたのが嬉しくってねぇ。←え?違う?(笑)
切なくなりながら、ちょこっとだけニヤニヤしながら読んじゃったよ♪
チャンミン編ありがとー^^

No title

nanaちゃん
ここでまさかのジオ君のソロ曲聞けるなんて!
今、かな〜り気になる君です、彼。
お髭がなくなって、かなり印象違うな〜って思ってたんだけど
ジオ君の声に惹かれてます。
さて、本題。
七夕だね、nanaちゃんとこは☆見れそう?!
こっちはじぇんじぇん無理だわ。
ユノの『別れてはいない』
私も真剣にそうであってほしい!
いや絶対絶対ぜ〜〜ったい!そうだよね。
髪を切ってのゆちょ、ユノがそばにいないから???
ますます、いいナムジャ化してるんだけど・・・。
状態良すぎて、あんなにしょちゅう体系変化してたゆちょはどこへ???
そばにいれないからこそ、自分磨いて、
ユノへアピール?!
あのヨジャ・ツィもその一環?!
ああ〜〜〜もどかしいもどかしいもどかしい・・・・。
>家の中で誰かの気配を感じると、必ず「ユチョン」と声をかけた。
>寝言でも何度も何度も「ユチョン」と呟いていた。
nanaちゃん、ここ最高!!!泣けちゃう!
久々に浮上したよ、ありがとね。

koyamonさーん☆

> 仕事を選んだ俺だって自分勝手だよ。
>
> ってゆうユノの言葉に、はっ!とさせられちゃって。
> なんか自分の2U大好きで、ユノペンだけどユチョも大好きで、
> なのにどこか、やっぱり出てっちゃた事に対してすこ〜しだけ、
> ユノよりな自分の思いを見透かされたようでドキドキしてしまった。
実はここ、ユノペンさんはどう思うか心配だったんだよね。
最近、ふと思ったんだよ。
ユノは恋人か仕事かっていう死ぬほど重い選択をしたんじゃないかって。
で。考えたんだけど。
あたしでも仕事選ぶかもなぁ。って。
それとこれは別だよねって。
まぁ、実際どうだったのかわかんないけどさぁ。
> こんなに切なくて悲しくなっちゃうお話なのに。
> あたしのリクエストでnanaさんがチャミ編書いてくれたのが嬉しくってねぇ。←え?違う?(笑)
> 切なくなりながら、ちょこっとだけニヤニヤしながら読んじゃったよ♪
> チャンミン編ありがとー^^
えへへ。
そうなんだよー。
koyamonさんがリクエストしてくれたから、これ書いたんだけど。
もうちょっと甘くしたら良かったと反省反省笑
でもさぁ。
チェガン視線だとこれくらいビターな感じになるよねぇ?

ぶーにゃん♪

> ここでまさかのジオ君のソロ曲聞けるなんて!
> 今、かな〜り気になる君です、彼。
> お髭がなくなって、かなり印象違うな〜って思ってたんだけど
> ジオ君の声に惹かれてます。
なんか最近K-POP漁ってないなって思って検索かけたら出てきたんだけど。
めっちゃ良いね。
最初ジオ君?
って思ったんだけどさ←
髭がなくなって、ちょっと凹んだからね笑
髭がなくなると途端に幼い顔になるよねぇ。
> さて、本題。
> 七夕だね、nanaちゃんとこは☆見れそう?!
> こっちはじぇんじぇん無理だわ。
> ユノの『別れてはいない』
> 私も真剣にそうであってほしい!
> いや絶対絶対ぜ〜〜ったい!そうだよね。
結局、七夕は一応星は見れたんだけど、天の川探すの忘れた笑
ユノ的には別れてないって言ってくれたら。
全力でゆちょ捕獲してもらうよねぇ。
ああ。
なんかどっかに2Uっぽいのがあれば良いのに。
> 髪を切ってのゆちょ、ユノがそばにいないから???
> ますます、いいナムジャ化してるんだけど・・・。
> 状態良すぎて、あんなにしょちゅう体系変化してたゆちょはどこへ???
> そばにいれないからこそ、自分磨いて、
> ユノへアピール?!
> あのヨジャ・ツィもその一環?!
> ああ〜〜〜もどかしいもどかしいもどかしい・・・・。
状態が安定しすぎてるのも、2Uペンユチョ派としては寂しい限りだし。
ナムジャ化した、ユチョには興味すらないし汗
ユノの気を引くために日々努力してると思わないとやってられない今日この頃だし。
あー、ぶーにゃん。
本当もどかしいよねぇ。

> >家の中で誰かの気配を感じると、必ず「ユチョン」と声をかけた。
> >寝言でも何度も何度も「ユチョン」と呟いていた。
> nanaちゃん、ここ最高!!!泣けちゃう!
> 久々に浮上したよ、ありがとね。
あんなにラブラブだったんだよ!!
絶対ふとした拍子に、名前読んでたと思うんだよ。
返事が無い呼びかけって、本当。ああ。
辛いなぁ。
プロフィール

nana

Author:nana
このブログではあえて、あたしは2Uペンとだけしか言いません。

2Uが好きなんです。それだけなんです。

あとはどうでも良いんです。

2人じゃなきゃ意味が無い。本気でそう思ってます。

だから、2:3どっちも誉めるし、どっちもどうなの???って話をします。

気分悪くしちゃったらごめんなさいね。


※画像の出所は画像の中にあります。
すべての著作権は著作元に帰属します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR